暮らし

AirTagは子供見守り・迷子防止に使えない?仕組みを解説!

Apple社がついに紛失防止タグ「AirTag(エアタグ)」を発売します!

発売の知らせを聞いて、早速何につけようか考えている方も多いのではないでしょうか?

小さい子供さんにつけることで、どこにいるのか把握したり、迷子防止になるのではないかとの声がある一方、人につけるのは適していないとの情報があります。

果たして、子供に持たせる使い方はできるのでしょうか?

この記事では、「AirTagは子供見守り・迷子防止に使えない?仕組みを解説!」と題して、

  • 子供見守り・迷子に使えるか
  • 仕組み

をまとめてご紹介します。

AirTagは子供見守り・迷子防止に使えない?

AirTag(エアタグ)は子供に持たせて、見守ったり、迷子防止に活用することができるのでしょうか?

結論からいいますと、AirTag発売前の時点では、発売されてみないと分からない様子です。

といいますのも、発売前の情報では不確定なことが多いからです。

 

AirTag発売前に分かっている情報

発売前の段階では、AirTagが登録しているiphoneから離れると自動的に音が鳴るという情報があります。

AirTagの仕組みについては後ほどご紹介しますが、AirTagに搭載されているBluetoothによって、見失ったアイテムを探すことができます。

このBluetoothがiphoneやipadなどに信号を送れる距離は10mと短く、子供が学校に行くような場合、子供にAirTagを持たせてしまうと授業中、音が鳴ってしまうことになります。

そのうえ、登録しているiphoneから離れたAirTagは移動すると音が鳴るという情報もあります。

鍵や財布などにAirTagをつけている場合は、勝手に動くことはありませんが、子供につけていると動かないわけにはいけません。

また、AirTagにはプライバシー機能が内蔵されており、基本的には人を追跡する用には設計されていません。

 

とはいえ、発売後、自動的に音が鳴らないように設定する方法などあれば、使い方によっては、子供に持ち歩かせることもできそうですね。

学校への持たせるのは難しそうですが、使いようによっては子供と一緒にお出かけするときなどに迷子防止として使えそうだなという印象です。

このあたりについては、AirTag発売後、詳細が分かりましたら、追記します!

AirTagの仕組みを解説!

(出典:Apple

AirTagを利用して物を探す方法は次の2通りあります。

  • AirTagからのBluetooth信号による位置情報
  • 紛失モード

それぞれの仕組みをご紹介しますね。

AirTagからのBluetooth信号による位置情報

AirTagを利用するの中で、基本的には「AirTagからのBluetooth信号による位置情報」によって見失ったアイテムを見つけることになると思います。

さきほども少しご紹介しましたが、AirTagが置き忘れを防止できるのは、AirTagにBluetoothが搭載されているからです。

AirTagをつけているアイテムを見失ったとき、iPhoneやiPadの「探す」アプリがAirTagから送信されているBluetooth信号を受け取り、位置情報を教えてくれます

AirTagには内蔵スピーカーも搭載されているため、音を鳴らして見つけることができます。

また、超広帯域(Ultra Wideband)チップが搭載されているiPhoneの場合、アイテムまでの距離と方向を画面上に表示することもできます。

参考

超広帯域(Ultra Wideband)チップは、iPhone11以降の機種に搭載されています。

Bluetooth信号は暗号化されているため、他の人にアイテムの場所が知られることがありませんので、安心して利用できますね!

なお、Bluetoothが信号を送信できる距離は10m程のため、それ以上の距離になると、次にご紹介する「紛失モード」でアイテムを探すことになります。

 

紛失モード

見失ったアイテムが10m以上離れた場所にある場合、「紛失モード」に切り替えてアイテムを探します。

紛失モードはiPhoneやiPadなどに標準装備されている機能です。

紛失モードにすると、見失ったアイテムの周囲約10m以内にいるiphoneやiPadを利用しているユーザーが自動でその位置情報を通知してくれます。

通知してくれるときは、暗号化されているので、位置情報を知らせてくれたユーザーに情報が知られることはないですし、誰が知らせてくれたのかを知ることができません。

 

また、AirTagをつけているアイテムを見つけてくれた人がiPhoneもしくはNFC対応のスマホをかざすと、持ち主の連絡先が表示されるように設定することも可能ですよ。

参考

NFCとは、Near Field Communicationの略で、スマホのおサイフ機能やSuicaやPASMOなどに使われている技術です。

まとめ

以上、「AirTagは子供見守り・迷子防止に使えない?仕組みを解説!」をまとめました。

AirTag発売前の段階では、子供の見守りや迷子防止に使えるのか、はっきりとした情報を確認できませんでした。

発売後、新たな情報がありましたら更新しますが、使い方によっては子供に持たせることもできそうだなという印象です。

便利な機能なので、上手に利用したいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

AirTagの距離(有効範囲)や対応機種は?防水機能、大きさ厚みも調査!

続きを見る

AirTagの電池持ち(寿命)はどのくらい?コイン電池の交換方法も!

続きを見る

-暮らし
-

© 2019 たびまちブログ.