オーストラリア

オーストラリア旅行に必要な観光ビザ「ETAS」の申請方法は?

オーストラリアへの旅行計画は、どこに行こうか、何を食べようかと現地でしたいことを考えるとワクワクしますよね。

オーストラリアへの旅行の場合、日本を出発する前に必ずしなければならないことがあります。

それは、オーストラリアの観光ビザ「ETAS」の取得です。

今回は、オススメのETAS申請方法をご紹介します。

オーストラリアの観光ビザ「ETAS」とは?

オーストラリアの電子入国許可システムのことを、「ETAS」と言います。

「Electronic Travel Authority System」の略称で、「ETA」と呼ばれることもありますよ。

ETASを取得すると、最長3ヶ月間、オーストラリアに滞在することができます。

ちなみにETASは、観光もしくは商用目的のビザです。

ワーキングホリデーなど現地での就労を考えている場合は、ETASとは別のビザを取得しましょう。

また、ETASはインターネットから申請することが可能です。

ビザが必要な国によっては、大使館まで出向いたり、パスポートを郵送したりしないとビザが取得できない国もあります。

その点、ETASはインターネットの環境があれば手軽に申請できるので嬉しいですよね。

ビザの申請といえば、申請費用がいくらかかるのか気になりませんか?

なんとETASの申請自体の費用は、無料なんです。

とはいえ、申請にかかる登録手数料が必要となります。

ですので、申請方法によって必要な申請費用も変わってくるんですよ。

オススメのETAS申請方法

オススメのETASの申請方法は、次の2つです。

  • 代行業者に依頼
  • 公式サイトから自分自身で申請
公式サイトから申請できると分かり、代行業者のことは調べずに公式サイトから自分自身でETASを申請しました。
申請後に、代行業者を利用したほうが安く申請できたことに気づきました。
1,000円程の差額ですが、その分、現地でのご飯やお土産に使うことができたので、もっと調べておくべきだったなと思いました。

「代行業者に依頼すると高そうだから、できるだけ自分自身で申請して安く済ませたい。」

という方も多いと思います。

ですが、ETASの申請自体は無料で、登録方法によって申請費用(登録手数料)が違います。

公式サイトの場合、登録手数料は20AUD(オーストラリアドル)と決まっています。(2020年2月時点)

ですので、代行業者が設定している登録手数料によっては、代行業者に依頼したほうが安くなる場合がありますよ。

それぞれの方法について、詳しくご説明します。

代行業者に依頼

「出発日までに日数の余裕がある方」には、代行業者に依頼する方法がオススメです。

ETASの申請代行業者は何社かあります。

代行業者によって、設定している登録手数料や、申請期限が違います。

また、出発日の何日前に申請するかで登録手数料が違ってくる代行業者も多いです。

例えば、出発日の1カ月前に申請すると約500円のところ、出発日当日の申請だと2,000円以上する代行業者もあります。

出発日直前の申請そのものを受け付けていない代行業者もあります。

ですので、少しでも安い登録手数料の代行業者に依頼したい場合は、出発日までの日数の余裕と、各代行業者を調べる余裕が必要です。

何社も調べるのが大変な場合は、1~2社ほど調べて公式サイトの20AUDよりも安い代行業者が見つかれば、そのまま申請してもいいかもしれませんね。

公式サイトから自分自身で申請

「出発日直前の方」は、オーストラリア政府の公式サイトから自分自身で申請する方法がオススメです。

代行業者を比較している余裕はなく、代行業者を見つけても出発直前だと逆に申請費用が高くなってしまうことがあります。

また、出発日直前だと、「早く取得しないといけない」と焦る気持ちも出てきますよね。

申請費用が決まっている公式サイトで、サクッと申請すれば安心することができますよ。

オーストラリア政府公式ETAS申請サイト

「公式サイトって英語じゃないの?」

と、不安に思われるかもしれませんが、日本語に対応しているので安心してください。

申請は24時間することができ、10~15分程あれば完了することができますよ。

支払方法は、クレジットカードのみです。

ちなみに、公式サイトの申請費用(登録手数料)の20AUDは、政府が委託しているシステム会社が設定している登録料です。

代行業者は専用端末を利用しており、私たち一般旅行者のように公式サイトから申請していません。

そのため、代行業者が自由に申請費用(登録手数料)を設定することができるんですよ。

クレジットカードで決済すれば申請終了となり、審査状況を確認することができる参照番号が登録のメールアドレスに届きます。

後で確認するときに必要な番号なので、メールを削除しないでくださいね。

多くの場合、12時間以内に審査結果がメールで届きます。

もし、申請が通らず、オーストラリア大使館への連絡・説明が必要な場合、申請が通るまで日数がかかってしまう可能性があります。

出発日直前での申請でも間に合う可能性は十分ありますが、オーストラリアに行くことが決まったら、ETASの申請を先延ばしにせずに行ってくださいね。

まとめ

今回は、オススメのETAS申請方法をご紹介しました。

出発日までに余裕がある方は、代行業者を比較することで少しでも安くETASを取得することができます。

出発直前の方は、代行業者もしくは公式サイトから、急いでETASを取得しましょう。

出発までに必ずETASを取得して、オーストラリア旅行に出発してくださいね。

-オーストラリア

© 2019 たびまちブログ.