スペイン

バルセロナのオススメ観光スポットをエリア別にご紹介!!

スペインの人気観光地バルセロナにはたくさん見所がありますよね。

皆さん、バルセロナではどの観光スポットに行きたいですか?

行きたい観光スポットがどのエリアにあるのかが分かると、計画が立てやすくなりますよ。

今回は、バルセロナのオススメ観光スポットをエリア別にご紹介します。

サグラダ・ファミリア周辺

バルセロナを観光で訪れた方のほとんどが訪れるのではないでしょうか。

メインはサグラダ・ファミリアですが、少し離れた所にも有名な建築物がありますよ。

サグラダ・ファミリア

バルセロナで有名かつ人気の観光スポットといえば、「サグラダ・ファミリア」ですよね。

建築家ガウディの最高傑作であり、地下鉄の駅名にもなっていますよ。

地下鉄サグラダ・ファミリア(SAGRADA FAMILIA)駅で下車し、地上に上がると目の前に堂々とそびえ立つ姿が飛び込んできます。

その瞬間は思わず、「おおお~」と感嘆の声が出てしまいますよ。

緻密な装飾がされた外観も見応えありますが、ぜひ入場チケットを購入して建物内にも入ってくださいね。

内部の天井は高く、カラフルなステンドグラスの窓から光が差し込んでいます。

その光景はとても綺麗で、時間を忘れて見入ってしまうこと間違いなしです。

入場チケットの中には、塔に登ることができる種類もあります。

塔に登る時間は決められているので、注意してくださいね。

入場チケットを事前予約して訪れました。
入場時間になるとすぐに入ることができましたが、当日券の売り場を見ると大行列ができていました。

サグラダ・ファミリアに行くことが決まっている場合は、事前予約しておくと安心ですよ。

サグラダ・ファミリア公式サイト(英語)

サン・パウ病院

サグラダ・ファミリアから地下鉄で一駅の所にあるのが、「サン・パウ病院」です。

距離にすると700m程離れていますが、サグラダ・ファミリアから一直線で行くことができます。

天気の良い日は散策しながら訪れることもオススメですよ。

サン・パウ病院は、バルセロナ出身の建築家モンタネールによって建設されました。

正面玄関から眺めると、病院とは思えない外観です。

私たちのイメージする病院の外観とは全く違うため、驚きますよ。

今は病院としては使われていませんが、2009年までは使われていました。

病院内にも装飾が施されているので、ガイドツアーに参加してみてはいかがですか?

日本語のガイドツアーはありませんが、1時間程で病院内部の装飾を楽しめますよ。

グラシア通り周辺

バルセロナの中心とも言える「カタルーニャ広場」の北西に位置する通りが、「グラシア通り」です。

グラシア通りには、ガウディ建築や高級ブランドのお店、レストランなどが立ち並んでいます。

1km程ある通りですが、散策するだけでも楽しめますよ。

カサ・ミラ

バルセロナ中心部にあるガウディ建築で、サグラダ・ファミリアに次いで有名なのが、「カサ・ミラ」です。

波打っているように見える外観が印象的な建物です。

住居として建設された建物で、今でも一部フロアでは住居として使われています。

ガウディ建築群は世界遺産として登録されています。

カサ・ミラも世界遺産ですので、世界遺産の建物内で生活するなんて、すごいですよね。

実際に住んでいるフロアには入ることができませんが、建物内部の見学もできますよ。

見学用に20世紀前半の家の様子が再現されているので、カサ・ミラでの生活を想像してみてはいかがですか?

カサ・ミラも人気の観光スポットですので、内部を見学したい方はネットでの予約がオススメです。

カサ・ミラ公式サイト(英語)

カサ・バトリョ

「カサ・バトリョ」もガウディ建築の一つです。

特徴的なバルコニーとカラフルな外観に、目を引かれますよ。

こちらも内部を見学することができます。

サグラダ・ファミリアやカサ・ミラほどは混雑しませんが、入場制限をしています。

ハイシーズンは長時間並ぶことになるので、必ず入場したい方や時間に余裕がない方は予約をしておきましょう。

日本語の音声ガイドもあるので、ぜひゆっくりと一つ一つの説明を聞いてくださいね。

海をテーマに建築されていることから、海を感じるデザインになっています。

中でも、青色のタイルが全面に貼られている吹き抜けの中庭は、圧巻ですよ。

ちなみに、カサ・バトリョの隣には、ガウディ建築とは趣向の違う建物があります。

これは、バルセロナ近郊の街出身のカダファルクという建築家によって建築された「カサ・アマトリェー」という建物です。

また、少し離れていますが同じ通りには、モンタネールが建築した「カサ・リェオ・モレラ」があります。

カサ・リェオ・モレラの1階には高級ブランドのロエベのお店が入っていますよ。

100m程の通りに3人の建築家の建物が見られるなんて、なかなかないですよね。

カサ・バトリョ公式サイト(英語)

ランブラス通り周辺

カタルーニャ広場の南東、つまりグラシア通りとは反対方向にある大きな通りが「ランブラス通り」です。

並木道の両側に露店が並んでおり、グラシア通りとは違った雰囲気を味わえますよ。

ボケリア市場(サン・ジュセップ市場)

バルセロナ最大の市場「ボケリア市場」では、見て食べて楽しめますよ。

ランブラス通りから多くの人が吸い込まれるように、市場の中に入って行きます。

中に入ると活気で溢れており、店先には魚介やフルーツなど様々な食材が並んでいます。

特にフルーツを販売しているお店の店先は色鮮やかで、つい写真を撮りたくなります。

その場で食べることができるカットフルーツやフルーツジュースもあるので、食べながら見て歩くこともできますよ。

その他にも、カウンターに座って食べることができるバルやジェラートなどのデザートもあります。

散策ついでに立ち寄るはもちろんですが、食事目的に訪れるのもオススメです。

色々と食べ比べてみてはいかがですか?

グエル邸

ランブラス通りから横道に少し入ったところに「グエル邸」はあります。

カサ・ミラやカサ・バトリョと比べると、隣の建物と馴染むような外観なので通り過ぎないように気をつけてくださいね。

中に入ると、まずは外観から想像がつかないほどの豪華さにびっくりします。

入口のある1階から上の階への階段には赤い絨毯が敷かれており、セレブの気分を味わえますよ(笑)

政治家グエル氏の住居でしたが、礼拝堂もあり、天井部分は吹き抜けになっています。

「本当にここに住んでいたのかな?」

と目を疑うような造りになっています。

屋上には、ガウディ建築らしい煙突もありますよ。

ミロのモザイク床

「ミロのモザイク床」は、ランブラス通りを歩いていると突然、足元に現れます。

「足元に現れるってどういうこと?」

と思われるのではないでしょうか。

ミロのモザイク床は、バルセロナ出身の画家ミロが道に描いた画なのです。

場所は、地下鉄リセウ(LICEU)駅のすぐ近くです。

道に描かれた画のため、足元を注意しながら歩かないと見落としてしまいます。

立ち止まって足元の写真を撮っている人がいれば、ミロのモザイク床の可能性大ですよ。

ランブラス通りを散策しながら、ぜひ見つけてくださいね。

ランブラス通りは人通りが多いので、通行人が映り込まずに写真を撮るのは難しかったです。

ゴシック地区

ランブラス通りの東側にある旧市街を「ゴシック地区」と呼びます。

細い道が入り組んだ場所ですので、

「あの角の先には何があるのだろう?」

と探検心をくすぐられる地区ですよ。

カタルーニャ音楽堂

「カタルーニャ音楽堂」は、サン・パウ病院やカサ・リェオ・モレラを建築したモンタネールによって建築されました。

ゴシック地区を歩いていると、目の前に豪華な装飾を施された建物が現れますよ。

外観だけでなく内部も息をのむ程の美しさです。

音楽堂ということで、現在もコンサートホールとして使用されています。

音楽好きの方はクラシックコンサートを聴きながら、装飾の美しさを堪能してみてはいかがですか?

また、日中はガイドツアーも催行されています。

コンサートを聴かなくても、内部の見学をすることもできますよ。

その他

グエル公園

「グエル公園」は、ガウディ建築の中でも人気の観光スポットの一つですよね。

訪れたいと思う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

グエル公園は、バルセロナ中心部から少し離れており、カタルーニャ広場から北西に直線距離で3km程の場所にあります。

地下鉄で行く場合、レセップス(LESSEPS)駅を降りて、上り坂を20分程歩きます。

路線バスで行くこともできますよ。

個人で行くのが不安な方は、現地ツアーに申し込めば気楽に訪れることができますよ。

公園内は、無料エリアと有料エリアがあります。

ガイドブックに掲載されている、カラフルなドラゴンがある中央階段は有料エリアです。

人気観光スポットですので、ネットで事前予約しておくといいですよ。

ちなみに、有料エリアに入った後、一度無料エリアに出てしまうと有料エリアには戻れなくなります。

思い残すことなく有料エリアを楽しんでから、無料エリアに出てくださいね。

まとめ

バルセロナのオススメ観光スポットをエリア別にご紹介しましたが、いかがでしたか?

人気の観光スポットは、当日券を買い求める長蛇の列ができます。

訪れることが決まっている場合は、ネットで事前予約しておくとスムーズに入場できますよ。

また、バルセロナ中心部には地下鉄もあるので、エリアごとの移動も便利です。

今回の記事を参考に、バルセロナ観光を楽しんでくださいね。

-スペイン

© 2019 たびまちブログ.