人物

ビルゲイツの離婚理由は税金対策?不倫?子供親権や今後を調査!

2021年5月4日、世界長者番付常連のビル・ゲイツ氏が、メリンダさんと離婚することを発表しました。

離婚理由は税金対策のためという噂が飛び交っていますが、不倫などがなかったのでしょうか?

また、子供の親権を含めて、今後も気になります。

この記事では、「ビルゲイツの離婚理由は税金対策?不倫?子供親権や今後を調査!」と題して、

  • ビルゲイツ氏の離婚理由
  • 子供の親権
  • ビルゲイツ氏とメリンダさんの今後

を調査して、まとめていきます。

ビルゲイツ氏の離婚理由は税金対策?不倫?

ビルゲイツ氏は離婚理由を明らかにしていません。

「税金対策のために離婚したのでは?」

という噂や不倫の可能性もありますが、あくまでビルゲイツ氏とメリンダさんとの間で、今後歩む人生に対しての意見がすれ違って、離婚したのではないでしょうか。

ビルゲイツ氏は次のように発表しています。

(出典:Twitter

和訳すると次のように発表しています。

声明文は「われわれの関係について多くの検討と努力を重ねた結果、結婚を終わらせることを決定した。過去27年間で3人の素晴らしい子供を育て、世界中の人々が健康で生産的な生活を送れるよう機能する基盤を構築してきた。その使命は共有し続けるが人生の次のステップで夫婦として共に成長していこうとは思わない」となっている。

(引用:ITmediaNEWS

これまで公私ともにパートナーとして歩んできたビルゲイツ氏とメリンダさんですが、

「今後の人生で共に成長できない」ためとしています。

そう思うには色々な要因があると思いますが、あくまで今後の人生における価値観の違いということでしょう。

要因の一つが税金対策だった場合、堂々と税金対策と発表できませんので、濁している可能性も考えられます。

ですが、ビルゲイツ氏は税率を引き下げる税制改革に反対したことがあり、離婚理由が税金対策であるとは考えにくいです。

 

ビルゲイツ氏は税率引き下げの税制改革に反対していた

ビルゲイツ氏のような大富豪は納める税金も莫大!

これまで100億ドル(約1兆700億円)以上を納めてきたと言われています。

莫大の税金を納めているため、税負担を軽くしたいと考えているのかな?と思わずにいられません。

ですが、2018年のトランプ政権下では、

  • 法人税大幅引き下げ
  • 高額納税者の最高税率引き下げ

などを盛り込んだ税制改革に批判的でした。

なんでも大富豪は税制による恩恵を受けているから、もっと税金を支払うべきと語っています。

ビルゲイツ氏の影響力を考えると、口先だけのパフォーマンスとして発言しているとは考えられません。

 

たしかに、アメリカにおける財産の贈与と相続について調べると、次のようにあります。

お互いに米国市民である配偶者間では婚姻控除により贈与も相続も無制限に非課税です。この婚姻控除は受贈者が米国市民である限り贈与者の国籍は問わず、米国市民、居住外国人、非居住外国人であっても贈与税は掛かりません。

(引用:CDH

アメリカ市民の二人の間での、贈与や相続には税金がかからないとのことです。

ですが、税制改革に批判的だったビルゲイツ氏ですので、税金対策のために離婚する可能性は低いといえそうです。

 

ビルゲイツ氏とメリンダさんの仲は良好だった

離婚理由として考えられる不倫や愛人の存在の可能性も低いでしょう。

なぜなら、お二人の関係性はとても良好で、2020年の2月にはインスタには

「私の人生において、これ以上のパートナーはいない」

と投稿しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bill Gates(@thisisbillgates)がシェアした投稿

また、ビルゲイツ氏とメリンダさん、二人で設立した慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の通訳をされているジャー・シェリー・ワンが愛人ではないかという噂も出回っていますが、ワンさん本人が否定しています。

このことから、不倫や愛人の存在が離婚理由とはいえなさそうです。

 

とはいえ、これ以上にない最高のパートナーと思っていた二人が離婚を決意したので、これから人生についての考え方に大きな相違があったのは間違いないでしょう。

メリンダさんは、子供たちに普通の生活を送ってほしいと考えていました。

そのため、トランポリンや映画館、プールなどが家の中にある環境ではなく、家族の生活スペースがある家に住みたいとビルゲイツ氏に申し出たことがあるんだとか。

私の予想にはなりますが、普通の生活を送りたいメリンダさんと、ビルゲイツ氏との間で”暮らし”に対する考え方が異なることが、離婚を決意させたのかもしれませんね。

ビルゲイツ氏の子供の親権はどうなる?

ビルゲイツ氏とメリンダさんの間には子供が3人(娘2人、息子1人)おり、離婚後は共同親権を選択するのではないでしょうか。

親権についても発表されていませんが、アメリカでは離婚後、共同親権と単独親権を選択することができます。

共同親権が一般的なので、お二人も共同親権を選択する可能性が高いです。

ビルゲイツ氏とメリンダさんの子供

  • 長女:ジェニファー・キャサリン・ゲーツさん(25歳)
  • 長男:ロリー・ジョン・ゲーツさん(22歳)
  • 次女:フィービー・アデル・ゲーツさん(19歳)

以前からお二人は、子供には大金を残さない方針を掲げており、そのことを子供にも伝えています。

親のお金に頼らず、自立して生きて欲しいと考えているようなので、子供たちも両親の意思をくみ取っているはず。

これまで子供が教育できる環境を整えるなど必要な手助けはしてきたようですが、一番下の子供さんの年齢も2021年5月時点で18歳。

両親が離婚したからといって、子供たちの生活が大きく変わることはなさそうです。

 

ビルゲイツ氏とメリンダさんの今後を調査!

結婚生活にピリオドを打つ二人ですが、慈善基金団体「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」については、活動を継続することを発表しています。

築いた資産の多くは子供に残すのではなく、「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」に寄付する方針なんだとか。

慈善基金団体の運営についての意見は、今でも一致しているのでしょう。

 

また、ビルゲイツ氏の離婚発表を受けて、ビルゲイツ氏の再婚相手に立候補したい方も大勢いるようです(笑)

たしかに、ビルゲイツ氏のパートナーになるとお金に苦労することはなさそうですが、慈善事業に力をいれているビルゲイツ氏。

豪遊はさせてくれなさそうだなと思うのでは私だけでしょうか?笑

メリンダさん以上のパートナーはいないと思っていたくらいなので、再婚はしないかもしれないですね。

まとめ

以上、「ビルゲイツの離婚理由は税金対策?不倫?子供親権や今後を調査!」をまとめました。

  • 離婚理由は意見の不一致の可能性が高い
  • 大富豪はより多くの税金を納めるべきと話していた
  • これまでの夫婦仲は良好
  • 子供の親権は共同親権になりそう

ビルゲイツ氏の離婚発表を受けて、税金対策という声があがっていますが、これまでのビルゲイツ氏の発言を考えると、税金対策の可能性は低いと思われます。

また、子供3人も立派に育っています。

メリンダさんと設立したビル&メリンダ・ゲイツ財団は活動を継続するので、これからは仕事上のパートナーとしての関係を続けるのでしょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ビルゲイツの財産分与額(慰謝料)はいくら?資産運用の内訳がヤバイ!

続きを見る

-人物

© 2019 たびまちブログ.