TV

ドラゴン桜2|4話のネタバレ感想考察!ラーメン瀬戸屋はどうなる?

「ドラゴン桜2」の第4話が、2021年5月16日に放送されました。

前回の放送では、ラーメン瀬戸屋の電話が鳴り響くシーンで終わりましたが、今回、ラーメン瀬戸屋はどうなるのでしょうか?

また、数学の勉強方法や、東大受験を目指す生徒の親の心がけも紹介されるので、チェックしておきたいところですね!

そこでこの記事では、「ドラゴン桜2|4話のネタバレ感想考察!ラーメン瀬戸屋はどうなる?」と題して、第4話の内容をまとめてご紹介します。

ドラゴン桜2|3話ネタバレ感想考察!勉強法や藤井との勝負の行方は?

ドラゴン桜2|2話ネタバレ感想考察!岩崎が東大専科入り?

ドラゴン桜2|1話ネタバレ感想!最初に東大専科に入るのは誰?

ドラゴン桜2|4話のあらすじ

瀬戸(髙橋海人)が学校を休んで3日。水野(長澤まさみ)や東大専科の仲間は心配するが、桜木(阿部寛)は勉強に集中するように告げ、ITを活用した勉強法を伝授する。
一方、専科に負けて難関大コースを廃止した理事長の久美子(江口のりこ)は、新たに一流大コースを設立。理系トップの藤井(鈴鹿央士)を再び取り込んで専科に対抗心を燃やしていた。
瀬戸のことが気になる菜緒(南沙良)(平手友梨奈)天野(加藤清史郎)が学校帰りに「ラーメン瀬戸屋」に立ち寄るも、瀬戸に冷たくあしらわれる。闇金から店への嫌がらせを隠そうとする瀬戸だが、そんな窮状を桜木と水野に知られてしまう…
そんな中、菜緒と天野は東大を目指して勉強していることが母親にバレる。
抗議にやって来た2人の母親に、桜木は「受験生の家庭の10カ条」を打ち出し、さらにある伝説の特別講師を呼んでいた──

(引用:ドラゴン桜

ドラゴン桜2|4話のネタバレ

冒頭

ラーメン瀬戸屋。

店の外壁には「早く潰れろ」、「まずい」などの言葉が書かれた紙がいたるところに貼られており、店内には電話が鳴り響く。

瀬戸(髙橋海人さん)が電話に出ようとすると、瀬戸の姉(大幡しおりさん)が引き留め、謝る。

瀬戸が学校を辞めて働くと言うと、姉はゴミ箱に捨てられていた英単語帳を瀬戸に渡し、借金はなんとかするという。

 

学校では、水野(長澤まさみさん)がパソコンと向き合いながら、桜木(阿部寛さん)の領収書の金額に頭を悩ます。

そこに桜木が現れ、新たな領収書を渡す。

領主書には、「ラーメン永楽」と書かれており、水野がラーメン瀬戸屋の領主書でないことを尋ねると、「桜木は営業していなかった」と答える。

水野は桜木から今の瀬戸屋の状況が分かる写真を見せられ、助けようと提案するも、桜木は東大専科に入れることが役割だと言う。

 

弱点克服のための勉強を始める

東大専科の教室。

学校に来ない瀬戸を心配する東大専科の生徒たち。

桜木は瀬戸のことを心配するよりも、勉強に集中するように言い、渋々、生徒も納得。

勝負に勝つことは「己の弱点を知ること」が大切、それが合格への一番の近道として、弱点を知るために「スタディサプリ」を紹介する。

「スタディサプリ」は学習履歴から、何を理解して、何を理解していないのかが目にみて分かるため、効率良く勉強できるとのこと。

ネットで勉強することに気合が入っていないと感じる生徒たちに対して、

「ITを制する者は受験も制する、これはもう常識だ」と桜木。

そして、「スタディサプリ」で弱点を洗い出すように指示する。

 

また、水野からはプレゼントとして、「バカ」と書かれたハチマキが配られる。

解けない問題にぶつかる度にハチマキを巻いて、解けるようになったらハチマキを外す、また解けない問題にぶつかったらハチマキを巻くを繰り返すように伝える。

文句を言う生徒たちだったが、水野も同じようにして合格したと言い、ポジティブ感情よりもネガティブ感情のほうが、必死に問題に取り組むこと、

そして、いつしか勉強に対して、ポジティブな感情が生まれると説明。

それを聞いた岩崎(平手友梨奈さん)はハチマキを巻き、それを見た早瀬(南沙良さん)、天野(加藤清史郎さん)も巻くことに。

3人ともがハチマキを巻き終わったところで、桜木と水野は3人に向かって、「バーカ」と一言。

 

東大専科が変なことをやっている噂を聞きつけて、東大専科の教室前には他の生徒たちが集まる。

そこに藤井も現れて、呆れた顔でその様子を見る。

それに気づいた桜木が教室の扉を開け、「東大に行けば、人生、劇的に変わる」と一言。

生徒たちは一目散に去っていった。

去っていく藤井に対して、桜木は好きなだけ見学していくように言うが、藤井は無言で立ち去る。

 

理事長室。

一流大学コースの進捗を校長(山崎銀之丞さん)に尋ねる理事長(江口のりこさん)。

一流大学コースの藤井(鈴鹿央士さん)は、前回、東大専科の生徒に負けたことが悔しくて、頑張っていると校長は答える。

そして、理事長は桜木が変なことをしないように見張るように校長に言い渡す。

 

ラーメン瀬戸屋の状況

放課後。

早瀬、岩崎、天野がラーメン瀬戸屋に行く。

ラーメンを食べ終えた早瀬は、ラーメンを食べた感想を英語でTwitterに投稿する。

3人の前に瀬戸が来て、ラーメンを食べたら、さっさと出ていくように言う。

その言葉に対して、早瀬は心配して来たうえに、店の宣伝もしてあげていると答える。

そんな必要はないと瀬戸は冷たく返すと、早瀬は心配して損したと言って、店を出ていく。

岩崎が東大専科に戻ってこないのかと瀬戸に問いかけると、瀬戸は「落ち着いたら」と答える。

そこに新たな客(小宮浩信さん、金ちゃんさん)が入ってきたので、瀬戸は帰るように促す。

早瀬、天野、岩崎が店の外に出ると、ラーメン瀬戸屋に向かってきている桜木と水野の姿を遠くに見つけ、3人は逃げるように立ち去る。

 

ラーメン瀬戸屋の店内では、さきほど入店してきた客2人が、洗濯ばさみなどがラーメンに入っていたとクレームをつける。

瀬戸がそんな物は入れていないと反論すると、瀬戸の姉が頭を下げる。

頭を下げる必要はないと瀬戸が怒ると、客が逆上。

ラーメンが入った器を床に落とす。

そこに桜木と水野が現れ、威力業務妨害罪として指摘

弁護士バッチをみた客が桜木に詰め寄ると、桜木は店にビラを貼ったのもお前らかと確認する。

そうであれば、偽計業務妨害罪と水野が言うと、客は店を出ていく。

 

ラーメンを食べながら、瀬戸の心配をする水野。

瀬戸は、3年前に両親が亡くなったとき、残っていた借金を返すために姉が働くも返済期限が迫り、お金を借りたところ、借りた100万円がどんどん膨らんでいることを説明。

桜木や水野が心配して声をかけるが、瀬戸は「働いて返す、他人に迷惑をかけたくない」と答える。

そして、瀬戸は東大専科のメンバーに黙っておくようにお願いする。

 

岩崎の部屋。

スタディサプリを見ながら勉強しているところに、早瀬からLINEが届き、ラーメン瀬戸屋が誹謗中傷を受けていることを知る。

岩崎もネットで調べると、「まずい」、「髪の毛入っていた」などの口コミが書かれていた。

 

早瀬の部屋。

ベッドに寝ころびながらスマホを触っているところに、母親(森口瑤子さん)が入ってくる。

学校から帰ってくるなり部屋に閉じこもる早瀬を心配していたようで、早瀬は勉強しているだけと答える。

 

天野の部屋。

YouTubeで英語の動画を撮ろうとしているところに、急に弟(深田竜生さん)が入ってきて、東大専科は順調かと尋ねる。

どうやら東大専科のことを知っていたようで、天野は母親(片岡礼子さん)には言わないようにお願いする。

早瀬と天野の母親が学校に乗り込む

東大専科の教室。

瀬戸が来ないことを3人は心配する。

そこに、高原(及川光博さん)が現れ、東大専科の担任と話しがしたいと乗り込んでいた人がいることを報告。

桜木と水野が行くと、早瀬と天野の母親が険しい剣幕でいた。

うちの子が東大に受かるはずないと主張する母親に対して、桜木は生徒たちも一緒に聞いてもらうように提案。

 

早瀬と天野の母親も同席して、桜木は真剣に東大合格に取り組んでおり、険しい道でも突き進もうとする強い意志があることを説明する。

何故、親に黙っていたことを問われると、受かるはずない、失敗するなど親が子供を信用しておらず、子供の可能性を閉ざしてしまうからだと説明。

子供の可能性を信じられてない母親に対して、桜木はクイズを出す。

早瀬と天野は見事、クイズに正解。

話をはぐらかされていると感じた天野の母親が口をはさむと、水野がクイズは東大の問題だったことを説明。

そして、3週間勉強して、学年トップの生徒にテストで勝ったことも桜木が伝える。

桜木は母親たちに子供のことを信じるように言い、「東大合格必勝法 家庭の10か条」を見せる。

東大合格必勝法 家庭の10か条

1.一緒に朝ごはんを食べること
2.何か1つでも家事をさせること
3.適度に運動させること
4.毎日同じ時間にお風呂に入らせること
5.体調の悪いときは無理をさせずに、休ませること
6.リビングではいつでも片付けておくこと
7.勉強に口出ししないこと
8.夫婦仲良くすること
9.月に一度は家族で外食すること
10.この10か条を父親と共有すること

そして、桜木は受験にとって重要なことは、日常生活を大切にすることであり、一般家庭の日常生活を送るように伝える。

家庭での全ての時間を勉強につぎ込もうとさせると、子供は親に負担をかけていると感じてしまい、受験を放置することに繋がるかもしれないからとのこと。

また、毎日同じ時間にお風呂に入るなど、規則正しい生活をすることで、勉強するサイクルが生まれるとも説明した。

日々の生活を大切にする生徒が受験に勝つと締めくくった。

授業を始めるため、母親たちは教室を後にする。

 

数学の猛特訓開始

竹刀をもった数学の特別講師・柳鉄之介(やなぎ てつのすけ/品川徹さん)が登場

「仙人みたい」、「ヨボヨボそう」と言う生徒たちに、柳は気合を入れる。

柳を呼んだのは、スタディサプリをした結果、3人とも数学が弱く、基礎を固めるためだった。

数学を苦手に感じるのは計算力の不足しているからで、その分かれ目である小学校2年生に戻って基礎を固めるとのこと。

数学をレベルアップするには、一定期間スパルタで徹底的に鍛えることが効果的

それを聞いて、岩崎がやる覚悟を決めて、早瀬、天野も続く。

特訓開始。

まずは練習問題100問と3分で解くように、満点以外は認めないとのこと。

案の定、全員60点台で、満点には程遠かったが、練習問題100問をやらせたのには、「数の暗黙知」つまり考えなくても感覚でやれる力を身につけるためだった。

 

一通りの特訓を終えた後、瀬戸のことを心配する東大専科の生徒たち。

桜木や水野は大丈夫だから勉強に集中するように言う。

また、桜木は瀬戸のことをいつまでも心配する生徒に対して、瀬戸のことを信じてやれとも言い、生徒たちは自分の勉強を頑張る決意をする。

ラーメン瀬戸屋の借金が完済される

瀬戸はガソリンスタンドで働いていた

バイトからの帰り道、瀬戸は小橋(西山潤さん)と岩井(西山匠)に出会い、二人が勉強していることに気づく。

瀬戸が東大専科に入ったことをきっかけに、勉強しようと思ったらしい。

そこに電話がかかってきて、瀬戸が走って家に帰ると桜木がいた。

桜木は瀬戸がバイトをクビになったことを知っていた。

そのことを知った瀬戸は桜木のせいで辞めさせられたと思い怒ると、桜木は時給4000円のバイトを紹介するといい、それは東大専科で勉強することだと話す。

東大卒業生の生涯賃金は約5億円、それを1年間の勉強時間に換算すると時給4000円のバイトに匹敵すると説明。

また、一流大学に入れば、人生を仕切り直せることを話す。

お金が必要なことを涙ながらに瀬戸が訴えていると、姉が登場し、完済証明書を見せる

桜木が取り返してくれたおかげで、お金を払う必要はなく、瀬戸はバイトをする必要もなくなった。

そして、「もっと人に頼れ」と瀬戸に言って、桜木は店から出た。

 

翌日、東大専科の教室。

数学の特訓を始めようとするところに、瀬戸が登場。

桜木がバカハチマキを渡し、瀬戸も頭に巻いて、改めて東大専科に入ると柳に自己紹介

4人揃って特訓を始める。

 

べランダで4人揃ったことに一安心する水野。

だが、「もう1人足りない、5人東大合格者が出ないとこのお金も払えない」と桜木は言い、岸本香法律事務所に調査依頼していた122,000円の請求書を水野に渡す。

 

岸本(早霧せいなさん)にリサーチの手助けのお礼を電話でする水野。

電話をしているところに来客があっため、また電話すると言って岸本は電話を切る。

来客したのは米山(佐野勇斗)だった。

久しぶりの挨拶を交わすと、二人して微笑んだ。

 

龍海学園の庭。

蝶々を追いかけて桜木の前に現れた原(細田佳央太さん)と小杉(志田彩良さん)。

原が挨拶し、桜木も返事する。

桜木が小杉に目をやると、小杉の右額には大きなアザのようなものがあり、それを隠すようにして小杉は原を連れて去って行った。

(5話へ続く)

 

ドラゴン桜2|4話の感想考察

借金返済のために、一時は東大入りを諦めた瀬戸でしたが、桜木のおかげで東大専科に戻ることができました!

瀬戸を演じる髙橋海人さんの泣きの演技には、

「良かった!」「感動してもらい泣きした!」

と絶賛の声が多くありました。

視聴率も14.3%と第1話に次ぐ高視聴率!

とても反響のあった回でしたね。

また、前作に続いて数学の特別教師・柳鉄之介役に品川徹さんが登場

柳の登場を喜ぶ声も多く、他の講師もこれから出演するのか楽しみです!

 

今回、数学の勉強方法、東大受験を目指す子供の家庭での10か条が紹介されました。

家庭での10か条の内容が特別なことではないのが意外でしたね。

東大に限らず、受験を控える子供さんがいるご家庭もタメになる内容でした。

すっかり桜木の舎弟となった小橋と岩井も勉強しているシーンもあり、なんだか和みました(笑)

岩井を演じている西垣匠さんは現役の慶應義塾大学生なので、余裕で東大を目指せそうです。

ドラゴン桜2|キャストの学歴プロフまとめ!高学歴の出演者は誰?

続きを見る

そして、最後のシーンでは、ストーリーの鍵を握っていそうな米山が登場。

米山といえば坂本(林遣都さん)と一緒に何か考えているようなので、岸本もその仲間なのかな?

最初、米山は桜木を憎んでいると思わせて、実は恨んでいる相手は岸本だったりするのかもと考えていましたが、岸本も重要人物のように思えてきましたね。

第5話では、誰が黒幕なのか分かってくるのでしょうか?

次回が待ち遠しいです!

まとめ

以上、「ドラゴン桜2|4話のネタバレ感想考察!ラーメン瀬戸屋はどうなる?」をまとめました。

第4話では、数学の勉強方法や、受験生の子供がいる家庭の心得などが紹介されました。

また、借金を抱えていたラーメン瀬戸屋もお金の問題が解決し、見応えのある回でしたね。

第5話では再び東大専科メンバーと藤井が対決するようなので、次回も見逃せません!

ドラゴン桜2|5話のネタバレ感想考察!2回目の藤井との勝負の結果は?

続きを見る

ドラゴン桜2|キャストの学歴プロフまとめ!高学歴の出演者は誰?

続きを見る

当ブログでは、ドラマ・ドラゴン桜2のネタバレやキャスト情報などをまとめています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

ドラゴン桜2のまとめページへ!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

-TV
-,

© 2019 たびまちブログ.