TV

ドラゴン桜2|5話のネタバレ感想考察!2回目の藤井との勝負の結果は?

2021年5月23日に「ドラゴン桜2」の第5話が放送されました。

予告では、東大専科のメンバーと藤井が再び対決するようですが、果たしてどちらが勝つのでしょうか?

また、東大専科に新たなメンバーが加わるのかも気になりますね!

この記事では、「ドラゴン桜2|5話のネタバレ感想考察!2回目の藤井との勝負の結果は?」と題して、第5話の内容や感想考察をまとめてご紹介します。

ドラゴン桜2|4話のネタバレ感想考察!ラーメン屋瀬戸はどうなる?

ドラゴン桜2|3話ネタバレ感想考察!勉強法や藤井との勝負の行方は?

ドラゴン桜2|2話ネタバレ感想考察!岩崎が東大専科入り?

ドラゴン桜2|5話のあらすじ

東大専科は桜木(阿部寛)が招いた特別講師・(品川徹)による数学のスパルタ授業が行われていた。
一方、専科の生徒との勝負に負けた藤井(鈴鹿央士)は苛立っていた。一人追い詰められ、殺気立った様子の藤井を案じた理事長の久美子(江口のりこ)は、東大専科と一流大学コースで再度勝負することを桜木に提案する。
勝負は2週間後。国・数・英の3教科を大学入学共通テスト形式で行うことが決まった。負けた方のクラスは即廃止だ。水野(長澤まさみ)は実力の差があり過ぎると訴え、高原(及川光博)も専科にハンデを提案するが、桜木は「その必要はない」と言い切る。
桜木が藤井に対抗する新たな勉強法として打ち出したのはまさかの“ゲーム”!?そして、東大専科に5人目の生徒がやってくる・・・

(引用元:ドラゴン桜

ドラゴン桜2|5話のネタバレ

東大専科メンバーと藤井の2回目の対決をすることに

龍海学園の中庭。

藤井(鈴鹿央士さん)がベンチに座っているところに、小橋(西山潤さん)と岩井(西垣匠さん)が現れ、東大専科に負けたことを茶化される。

 

ラーメン瀬戸屋。

桜木(阿部寛さん)と水野(長澤まさみさん)、岸本(早霧せいなさん)が食事をしながら、東大専科にもう1人生徒を入れる必要があることを話す。

瀬戸の姉(大幡しえりさん)が、岸本のところにきて、借金返済に手を貸してくれたことに感謝する。

岸本は仕事で龍海学園周辺に来たことがあるらしい

食事を終え、店を出た岸本は車に乗り込み、桜木に向けて微笑む。

車が走り出すと、後部座席には米山(佐野勇斗さん)が隠れており、米山は「あいつと飯食うよりマシ」と言う。

岸本は米山に進捗状況を尋ね、米山は「おおかた賛成だが、あそこだけは相変わらず」と答える。

 

龍海学園の校庭。

罰ゲームということで数学の計算をしながら、校庭を走る東大専科メンバー。

その様子を見た理事長(江口のりこさん)は、スパルタ教育していることにご立腹。

藤井の様子が気になり教室に行くと、東大専科に負けたことにいら立っている藤井の姿があった。

 

理事長はもう一度勝負をすることを提案する。

校長(山崎銀之丞さん)から公平な条件で再度テストするべきとの意見もあり、桜木が大学入学共通テストの形式で勝負することを提案する。

水野は強く反対するが、桜木はいい経験ということで、英語・数学・国語の3教科で試験は2週間後、東大専科は最も成績が高い人の点数で勝負することになった。

負けたほうはコースを廃止することを条件にする。

 

東大専科の代表に原が選ばれる

東大専科の教室。

また対決をすることになったことを知らされた東大専科メンバーは不満を漏らす。

それに対して桜木は、今回の勝負は各教科で点数が高い人が代表となることから、原(細田佳央太さん)に代表を任せると言う。

成績1ばかりの原を代表にすることに東大専科メンバーは難色を示す。

 

桜木たちは龍海学園の中庭に行き、原に東大専科のメンバーを紹介する。

瀬戸(髙橋海人さん)が原に

「800+200は?」

と聞いても、原がすぐに答えられないことから、天野(加藤清史郎さん)が心配するも、桜木は「代表は原」と言い張る。

そこに藤井が登場し、原を代表者とすることにブチ切れる

藤井が、原が大切にしていた虫が入った箱を蹴り飛ばすと、原は怒って藤井を倒す。

それを止めに入る東大専科のメンバー。

桜木が原に、

「暴力でねじ伏せなくても、2週間後の勝負でねじ伏せることができる」

と言うと、それを聞いた藤井が再び逆上。

負けたら全員地面に頭をつけて謝るように言う。

その言葉を聞いて桜木は、東大専科が負けると土下座、藤井が負けると東大専科の合宿に参加することを条件にする。

藤井は「あり得ねぇ」と言って、その場を立ち去る。

 

職員室。

田村(山田キヌヲさん)は原を入れることで、文系トップの小杉(志田彩良さん)を入れようと考えているのではないかと桜木を問い詰める。

その場にいた小杉は、「絶対に東大専科に入らない」と断言し、田村と小杉は立ち去る。

水野に「秘密兵器は小杉さんだったのね」と言われた桜井は、水野を中庭に連れて行き、虫取りをする。

網で捕まえた虫「ハンミョウ」を桜木が原に渡すと、原はハンミョウの説明をつぶやき始めた。

それを聞いた水野は感心する。

原が捕まえたハンミョウを逃がすと、ハンミョウの羽ばたきが気になる原に桜木は「いいものがある」と言って、教科書と辞書のようなものを渡す。

それを見た水野は何か悟ったようだった。

藤井との対決に向けて勉強開始

東大専科の教室。

水野が国語・英語・数学の大学入学共通テストの過去問を生徒に配る。

マークシート形式のため、分からなくても何かしら埋めておくように桜木はいう。

そして、少しでも正解率を上げるために、勝負までにドリルを5周するように指示する。

大学入学共通テストは基礎を問う問題がほとんどのため、分からなかったら答えを見て解くことを繰り返すように言い、今日から語彙力を強化すると言う。

 

まずは日本語の語彙力を必要とし、なんとなくではなく意味を分かっている必要があると説明。

語彙力を増やすために、ゲームをすると言い出し、「マジカルバナナ」をすることに。

お題の言葉から連想される同義語、反対語、類似語、その他関連する言葉をリズムに乗って答えるというルール。

このゲームは教科を問わずにでき、リズムに乗ってすることで脳が活性化され、記憶の定着力が高まる、そのうえ勉強の気分転換にもなるのだそう。

成績アップに必要なのは苦労ではなく楽しい努力が大切と桜木。

岩崎がこのゲームに原が必要ないのかと質問すると、桜井は「ほっとけ。あいつにこのゲームは必要ない」と一言。

東大専科メンバーが心配する中、桜木と水野は視線を合わせる。

 

原の隠された能力が開花

龍海学園の中庭。

小杉が原にそろそろ帰ろうと声をかけるが、原はドラゴン桜の周囲をぐるぐる回っている

 

翌日、ドラゴン桜の前で本を見ている原に、小橋と岩井が話しかけるも、原は聞く耳持たず。

その翌日も、小橋、岩井、岩崎、瀬戸が話しかけるも、原はぶつぶつとつぶやきながら、ドラゴン桜の周囲を歩き回っている。

二日後も原の様子は変わらず。

それを心配した岩崎は桜木から「ほっとけ」と言われるも、「仲間だから」と言って教室を飛び出していく。

岩崎を追いかける東大専科のメンバーたち。

その様子を水野は微笑ましく見る。

東大専科のメンバーが原のところに行くと、そこには数式が書かれた紙がたくさんあった

 

会議室。

田村は「原を返せ。そのほうが原のため」と桜木と水野に言う。

小杉も原が仲間外れにされていることを主張する。

それを聞いた桜木が、原のところに田村と小杉を連れて行くと、うなりながら頭を抱えている原の姿があった。

その姿を見た田村は、「原には勉強を強制しても負担にしかならない」と言って、原を連れて行こうとする。

すると、水野は「声を出しているのは原が考えているときの癖」と言って、原が紙に書いた数式を田村に見せるも、田村はその紙をばら撒く。

それを原が拾っていると、東大専科メンバーが来て、原にゲームをしようと提案し、席についた原に大学入学共通テストをゲームだと言って配る。

ゲームが始まるとあっという間に回答する原

全問正解の答案用紙を見た田村は驚き、その場に崩れ落ちた。

 

どういうことなのか田村が桜木に問い詰めると、桜木は廊下に出て、「虫が好きという原の特性を尊重しただけ」と答え、田村が原のためにしていたことは全て的外れだったことが分かる。

そして、桜木は、虫の羽の動きが気になっている原に、昆虫の羽ばたきについて考察した論文を渡したところ、すごい勢いでその論文を読み始めたことを説明。

原はそれだけでは満足できず、論文作者に意見をぶつけると言って英文で手紙も書いていたことも明かした。

原は耳から入ってきた情報を記憶する聴覚的短期記憶能力が低いため、田村は原の能力に気づけなかったが、視覚からの記憶能力が飛び抜けて高かった

また、試験と言われると興味を示さなかった原だが、東大専科メンバーがゲームなら原が楽しめるのではないかと言って、自発的に行動していたのであった。

小杉は原が東大に合格しても授業についていけないことを心配するが、発達障害の人も多く通う東大には授業の内容を書き起こす文化があることを説明する。

桜木は第3話にて原が天気予報を言い当てたことで、その能力に気づいていた。

原の能力に気づけなかった田村は自分を責めるが、桜木は「よくやっていた」と言葉をかける。

そして、田村と小杉がいたからこそ、原にとって学校は安心できる場所だったと言葉を加えると、田村と小杉の目には涙があふれる。

 

小杉はこの調子だと原が藤井に勝てそうと言うが、英語のリスニングや国語の読解の点数が著しく低かった

だが、原の特性のため、何かできることはなく、東大専科メンバーがベストを尽くすことを祈るのみだと桜木は言う。

その言葉を後ろで早瀬(南沙良さん)は聞いていた。

 

ラーメン瀬戸屋。

ラーメンなどをがっつり食べる小杉と、小杉の食べっぷりを見守る早瀬。

早瀬が小杉に東大専科に入らないかと誘っているところに、桜木と水野が登場。

食べ物で小杉を釣ろうとしていた東大専科メンバーに対して、「負けるのもいい経験、土下座するときはそのとき」と言う。

東大専科と藤井の対決の日

教室に来ない原と桜木。

水野は教室に入ってきた理事長に、原が来ていないことを伝えるも、理事長は「時間は時間」とし、試験を始めると言う。

その頃、原は海辺でうずくまっていた

そして、試験の1時間前に藤井から、東大の研究者が虫を解剖することを聞かされていたことを明かす。

「自分はいらない人間だ」という原に対して、桜木が「そんなことはない」と語る。

そして、

  • 東大専科メンバーが、原を勝たせたい一心で試験を受けていること
  • 東大専科メンバーが、原のために藤井を負かそうとして小杉に東大専科に入るようお願いしていたこと

を伝える。

「それでも原はいらない命なのか?」と桜木が原に問いかけると、原は「どんな生き物も平等」だと主張。

桜木はその言葉を聞いて、研究者になって虫と共存できる世界を作るように言い、東大までは導くからその先は原次第と言う。

その言葉を聞いた原は、東大に行くと宣言し、教室に行く。

小杉も原の後を追って教室に行き、東大専科に入るからと言い、試験を受けると宣言

それを聞いた藤井が「やってらんねぇ」と言い教室を出ようとすると、小杉が「尻尾巻いて逃げ出すつもり?」と一言。

理事長から座るように言われた藤井は、仕方なくテストを続ける。

原が勢いよく回答する様子を見た理事長は、廊下にいる桜木のもとに行き、原に何をしたのか問いかける。

桜木は逆に、なぜ原を龍海学園に入学させたのか質問する。

すると理事長は、「多様性を尊重し、ともに協力することを学んで欲しいから普通学級で受け入れた」と答える。

それを聞いた桜木は、「原が才能を伸ばせたのは勉強を強制されない自由な校風があったから、勉強を始めたときに勢いよく知識を吸収できた」と言った。

とはいえ、野放しに自由にさせればいいわけではなく、上を目指したいという生徒の好奇心を刺激してあげることが教師の役割と続けた。

 

東大専科と藤井の対決結果

試験終了。

各教科200満点中、藤井と東大専科は、次の通りだった。

国語英語数学
藤井169点170点162点
東大専科175点(小杉)179点(小杉)198点(原)

結果、東大専科の勝利となり、一流大コースは廃止することに。

理事長が藤井に対して、「これはあなたの責任じゃない」と言うと、桜木は「生徒一人で戦わせたことが敗因」と言う。

そして、東大受験は集団で目指すほうが、圧倒的に高いとデータで示されていることを説明する。

集団で東大を目指す東大専科に入りたかったら、原に謝るように東大専科メンバーは言う。

 

放課後、東大専科をやめるという小杉に対して、水野はこの成績なら東大に入れると説得。

親が反対しているのであれば説得しようかと水野が提案すると、小杉は机をたたき、「勝手なことはしないでください」と声を荒げ、教室を出ていく。

 

学校からの帰り道、一緒に歩く小杉と原。

小杉の家まで来ると、家の中では父親が頭を抱えながら電話をしている様子

それを見た原は心配するが、小杉は無理矢理笑顔を作って、「また明日」と言い、家の中に入って行った。

しばらくすると、小杉の家から物を投げつけるような音と、「大学になんか行かねえよな?」と怒るような声が響いていた

 

(6話に続く)

ドラゴン桜2|5話の感想考察!

東大専科メンバーと藤井が2回目の対決をした今回。

無事に東大専科メンバーが勝ちましたね!

今回は、昆虫好きの原が、東大専科メンバーに新たに加わりました。

原は難しい役どころでしたが、細田佳央太さんが見事に演じて、演技力を称賛する声が多くありました

また、そんな原を今まで見守っていた担任の山田、多様性を学んでほしいという思いで原を入学させた理事長、原が藤井に勝てるよう自主的に行動を起こす東大専科メンバー、それぞれの思いに感動し、「神回」と絶賛でした!

感動のあまり、テレビの前で涙をした視聴者も!

たしかに、勉強の域を超えて、学ぶことが多い回だったなという印象です。

細田佳央太さんに限らず、性格が悪い藤井役の鈴鹿央士さんなど他の生徒役も演技力が高いと評判で、ドラゴン桜2には演技力の高いキャストが集まっていますね!

鈴鹿央士は演技下手?上手い?藤井遼役の性格が悪いと評判!

続きを見る

そして、これからのストーリー展開で気になるのが米山が何を企んでいるのかです。

これまでは番組終盤での登場が多かったですが、今回は冒頭で登場。

何やら岸本と計画を進めているようですね。

そして、「あいつと飯食うよりマシ」と発言していることから、やはり恨んでいるのは桜木なのでしょうか?

もしくは水野とか?

この感じですと、桜木が信頼している岸本も桜木に恨みなどがあるのでしょうか?

第6話以降の展開が気になりますね!

まとめ

以上、「ドラゴン桜2|5話のネタバレ感想考察!2回目の藤井との勝負の結果は?」をまとめました。

第5話では、東大専科メンバーと藤井が対決をし、原が隠れた才能を発揮し、文系トップの小杉の協力もあって東大専科メンバーが勝ちました。

原を想う東大専科メンバー、担任、小杉、理事長、それぞれの思いに感動し、涙をする視聴者もいた回でした。

藤井は対決に負けたら東大専科と一緒に勉強することを条件にしていましたので、次回、藤井も一緒に勉強するようですが、どうなるのでしょうか。

次回も楽しみですね!

ドラゴン桜2|6話のネタバレ感想考察!勉強合宿と小杉はどうなる?

続きを見る

ドラゴン桜2|キャストの学歴プロフまとめ!高学歴の出演者は誰?

続きを見る

当ブログでは、ドラマ・ドラゴン桜2のネタバレやキャスト情報などをまとめています。

ぜひチェックしてみてくださいね。

ドラゴン桜2のまとめページへ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-TV
-,

© 2019 たびまちブログ.