音楽

ENHYPENファンクラブ入り方や値段!日本特典の違いもご紹介!

この記事では、ENHYPEN(エンハイフン)のファンクラブについてご紹介します。

2020年11月30日にデビューし、2021年7月6日に日本デビューするENHYPEN。

楽曲やキレのあるダンスに魅了されたENGENE(ファン)も多いですよね!

ファンクラブ加入を考えている方の中には、入会方法が気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、「ENHYPENファンクラブ入り方や値段!日本特典の違いもご紹介!」と題して、

  • ENHYPENファンクラブの入り方
  • ENHYPENファンクラブの値段
  • ENHYPENファンクラブの日本特典の違い

をまとめてご紹介します。

ENHYPEN(エンハイフン)の日本人は誰?メンバー全員も紹介

続きを見る

ENHYPEN(エンハイフン)所属事務所はBELIFTLAB!その理由は?

続きを見る

ENHYPENファンクラブの入り方

ENHYPENのファンクラブ「ENGENE」への入会方法は、大きく分けて3ステップです。

  1. 「Weverse」にてアカウントを作成する
  2. アプリ「Weverse Shop」をダウンロードし、ログインする
  3. アプリ「Weverse Shop」よりファンクラブ入会手続きをする

それぞれのステップを詳しくご説明します。

 

ステップ1:「Weverse」にてアカウントを作成する

ENHYPENのファンクラブに加入するためには、まず「Weverse(ウィバース)」にてアカウント登録をする必要があります。

BTSやSEVENTEENなどのK-POPアーティストも応援している方にとっては、Weverseはお馴染みかもしれませんが、WeverseはBTSの所属するHYBEの子会社が運営しているファンのコミュニティサイトです。

アカウント作成(会員登録)そのものは無料で、アカウント作成は、

  • スマホでアプリ「Weverse」をダウンロード
  • WEBサイトから

どちらの方法でも大丈夫です。

ここで登録したメールアドレス(WeverseアカウントID)は、次のステップ「Weverse Shop」でのアカウント登録でも必要となります。

 

ステップ2:アプリ「Weverse Shop」をダウンロードし、ログインする

続いて、アプリ「Weverse Shop」をダウンロードし、ステップ1で登録したアカウントにてログイン(アカウント連携)します。

「Weverse Shop」は、WEBサイトがなく、アプリからのみ利用することができます。

「Weverse Shop」にログインできれば、「アーティストショップ設定」にて、「ENHYPEN」を選択し、

  • GLOBAL
  • USA
  • JAPAN

の中から選びます。

ファンクラブには、GLOBAL/USA/JAPANの3種類あり、ここで選んだ種類のファンクラブにステップ3で加入することになります。

ファンクラブへの加入手続きを完了するまでは、他の種類を選択しなおすこともできますよ。

3種類のファンクラブの違いは、後ほど詳しくご紹介します。

 

ステップ3:アプリ「Weverse Shop」よりファンクラブ入会手続きをする

ファンクラブへは、「MEMBERSHIP」を購入することで加入できます。

ステップ2にて加入したい種類を選択したら、アイテムの「MEMBERSHIP」より、「ENGENE MEMBERSHIP」を選択します。

(※ここではJAPANを選択しています)

商品詳細の画面に切り替わりますので、説明に目を通して、問題なければ「今すぐ買う」をタップして、次に進みます。

選択したMEMBERSHIPが表示されていることを確認し、電話番号認証および会員情報(名前、性別、メールアドレス)を登録します。

そして、支払方法を選択します。

選択可能な支払方法はMEMBERSHIPの種類によって異なり、JAPANを選択した場合は、以下の支払方法より選ぶことができます。

JAPAN選択時の支払方法

PayPal

クレジットカード決済

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club

コンビニ決済

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

※商品代金とは別に、決済手数料190円が必要です。
※注文日の翌日0時から2日後の23時59分までに支払いが未完了の場合、自動キャンセルになります。

キャリア決済

  • d払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

以上、電話番号認証、会員情報の登録、支払方法を選択し、注文を確定して、注文完了というメッセージが表示されれば、注文完了です♪

後ほど、登録したメールアドレスに案内が届きますので、その案内に従って手続きをすすめてくださいね。

ENHYPENファンクラブの値段

ENHYPENファンクラブの値段は次の通りです。

  • GLOBAL:22,000ウォン(約2,200円)
  • USA:20ドル(約2,200円)
  • JAPAN:6,200円

※全て税込、GLOBAL・USAは2021年6月時点の為替レート

GLOBALやUSAに比べると、JAPANは会員費が約3倍の値段

どうしてもGLOBALやUSAと比べてしまうため、高いなと感じてしまいますよね(苦笑)

ですが、後ほどご紹介する通り、特典が充実していますので、日本からENHYPENを応援したいという方は、JAPANを選択しておくことをおすすめします。

また、ENHYPENの先輩・BTSやTXTなども似たような値段設定ですので、ENHYPENのJAPANだけが高いというわけではありませんよ。

 

ENHYPENファンクラブの日本特典の違い

GLOBALやUSAよりも年会費が高いJAPANですが、その分、次の特典があります。

  • 入会時の特典
  • JAPANメンバーシップ限定コンテンツ(写真や音声、動画)の閲覧
  • 誕生日カードやグリーティングカードの発送
  • メルマガ配信、日本限定会報誌の発行(不定期)
  • 継続手続き時の特典

年会費は高いですが、JAPAN限定の特典があるのは嬉しいですよね!

 

ちなみに、特典ではありませんが、

  • 入会時の年会費の支払方法
  • グッズ購入時の送料

の違いもあります。

まず、入会時の年会費の支払方法ですが、JAPANの場合、ファンクラブ会員費の支払方法がPayPal、クレジットカード決済、コンビニ決済、キャリア決済の4種類ありました。

ですが、GLOBALの場合、選択できる支払い方法はデビット・クレジットカード、Kakao Pay、PAYCO、Tossの4種類、USAの場合はPayPalのみです。

コンビニ決済やキャリア決済にも対応しているのは、JAPANのみとなります。

 

また、グッズ購入時、JAPANの送料は一律800円ですが、GLOBALやUSAは商品によって送料が異なり、1,745円~2,031円かかります。

年に数回、グッズを購入される方は、JAPANを選択しておいたほうが良さそうですね。

その他にもGLOBALやUSAの場合、韓国語や英語で書かれた会報が届く可能性もありますので、JAPANで申し込んだほうが安心だと思います!

 

ENHYPENファンクラブの共通特典

GLOBAL、USA、JAPANそれぞれのメンバーシップで共通している特典はこちらです。

  • Mobile Membership Card(会員証)の発行
  • Membership Kitの購入権
  • 公演チケットの先行予約・抽選優先権
  • 出演番組閲覧応募のチャンス
  • 特別イベントの参加権
  • 会員限定グッズの購入権
  • Werverse Shop内の商品などの先行公開や会員限定価格
  • Werverseにて会員限定コンテンツ(写真や音声、動画など)の閲覧

公演や出演番組への参加は、直接、ENHYPENのメンバーに会えるチャンスです!

このような機会の抽選に優先的に参加できる権利があるのは、やはりファンクラブのメリットですね♪

まとめ

以上、「ENHYPENファンクラブ入り方や値段!日本特典の違いもご紹介!」をまとめました。

  • ファンクラブへは、Werverseにてアカウント作成後、Werverse Shopからメンバーシップを購入することで加入できる
  • メンバーシップは3種類あり、JAPANの年会費は6,200円(税込)
  • JAPANに加入することで、日本限定コンテンツなどを楽しめる

日本でも2021年7月にデビューすることが決まったENHYPENは、これからますますブレイクすること間違いなしのグループです。

ファンクラブに加入することで、限定コンテンツを楽しめたり、ライブなどのチケットの抽選に優先的に参加することができますよ。

ENHYPENの活動を応援しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ENHYPEN人気順ランキング【2021最新】日本と韓国で違いはある?

続きを見る

ENHYPENメンバーの好きなタイプや食べ物は?色や曲なども調べてみた!

続きを見る

ENHYPENのMBTI診断結果まとめ!実際の性格はどうなの?

続きを見る

-音楽
-,

© 2019 たびまちブログ.