人物

ボンビーガール|えりか(ラーメン屋)のwikiプロフ!元舞台女優の経歴を調査

2021年2月9日放送の「幸せ!ボンビーガール」に出演し、話題になっているえりかさん。

大阪でラーメン屋を経営するえりかさんは美人でありながら、従業員を守るために自身の生活を切りつめる努力をしています。

えりかさんには芸人・舞台女優として活動していた経歴があり、ラーメン職人に転身してからも壁を乗り越えてきたんだとか。

この記事では、「ボンビーガール|えりか(ラーメン屋)のwikiプロフ!元舞台女優の経歴を調査」と題して、えりかさんのプロフィールや経歴をまとめていきます!

ボンビーガール|えりかさん(ラーメン屋)のwikiプロフィール

名前:大端 絵里香(おおはた えりか)

生年月日:1988年6月9日

血液型:A型

身長:155cm

出身地:大阪府寝屋川市

(出典元:幸せ!ボンビーガールHP

ボンビーガールとして紹介されていたえりかさんの本名は、大端絵里香さんです。

2021年2月時点で32歳という若さながらラーメン店を経営し、従業員のために生活を切りつめながら働く姿には心を動かされますよね!

えりかさんの思いは、間違いなく従業員に伝わっていると思います!

ボンビーガール|えりかさん(ラーメン屋)の経歴

まず、えりかさんの略歴がこちらです!

略歴

2009年 NSC大阪校女性タレントコースに5期生として入学

2009年10月 吉本新喜劇に入団

2013年6月 吉本新喜劇を退団し、翌月シンフォニアに移籍

2014年8月 シンフォニアを退社・芸能界引退を発表

2014年9月 ラーメン屋「麺匠さくら咲く」を開店

2018年1月 「麺匠さくら咲く」閉店

2018年10月 ラーメン屋「オコメノカミサマ」を開店

2020年8月 ハラミ料理専門店「ハラミノカミサマ」を開店

それでは、詳しい経歴をご紹介していきますね!

 

芸人・舞台女優時代

今はラーメン店を経営されていますが、芸人や舞台女優などタレントとして活動していた経歴があるえりかさん。

芸の世界に憧れ、2009年にNSC大阪校女性タレントコースに5期生として入学します。

お笑いトリオ「3時のヒロイン」として活躍中の福田麻貴さんが同期だったんだとか。

今でも連絡を取り合っているんですかね?

同年の10月には吉本新喜劇に入団し、舞台にも立った経験があります。

今の様子からはイメージができないですよね!

2011年8月には単独イベント「大端絵里香単独ライブ「はじめての○○」」を開催

美人なえりかさんなので、人気だったのではないでしょうか。

2013年にはR-1グランプリに出場したこともあり、このときは女芸人として活動されていました。

参考

2013年に出場したR-1グランプリの結果は2回戦敗退でした。

結果は残念でしたが、1回戦を突破しているだけでも評価されているということですよね。

ちなみに、2回戦ではプリキュアのキュアピースのコスプレをして、フリップネタをしていました。

R-1グランプリ出場後、2013年6月いっぱいで吉本を退社し、同年7月にシンフォニアに移籍します。

シンフォニアは、大阪府に本社があるモデルやタレントが多く所属している芸能事務所です。

所属タレントを見ましたが、正直、顔とお名前が分かる方はいませんでした。。

関西圏を中心に活動しているタレントさんが多い事務所なのかもしれませんね。

 

ラーメン屋「麺匠さくら咲く」を開店

シンフォニアに移籍した約1年後の2014年8月には、事務所を退社し、芸能界を引退することを発表。

同年9月にはラーメン屋「麺匠さくら咲く」を開店します。

元々、えりかさんはラーメン好きで、好きなラーメンを仕事にしたいと思って、ラーメン職人に転身しました。

ラーメンの世界は男性が作り手のイメージが強いですが、女性でも人気ラーメンを作れることを証明したいと思ったんだとか。

「麺匠さくら咲く」の開店前には1年間修業していたということなので、シンフォニアに所属している間はほぼ修行に時間を費やしていたことになります。

ラーメン職人になるために吉本を退社し、シンフォニア在籍中は修行の合間をみながら活動していたんでしょうね。

参考

えりかさんが修行していたラーメン屋は、「麺や 而今 (めんや じこん)」です。

大阪府大東市にあるラーメン屋で、スープが美味しいと評判のお店ですよ。

「麺匠さくら咲く」は開店1ヶ月後には行列ができる人気店となりましたが、2018年1月に閉店。

ラーメン店は競争が激しいので、経営が厳しくなったのかな?と思いましたが、

  • 移転オープンが思い通りに進まなかった
  • 2016年頃から卵巣肥大を患わっていた

が閉店の理由とのことです。

人気店でありながら、閉店をするという決断をするのは、とても辛かったでしょうね。

閉店を惜しむ声もたくさんあったので、愛されていたお店だということが分かります。

 

ラーメン屋「オコメノカミサマ」を開店

病気が完治し療養を経て、2018年10月にボンビーガールでも紹介されたラーメン店「オコメノカミサマ」を開店します。

「オコノメカミサマ」は療養中のおかゆからヒントを得て、お米とスープを合わせました。

療養していたからこそ思いついたアイディアなので、療養というマイナスの経験もプラスになっていますよね!

お米はおかゆにしてから液体状にするなど手間暇がかかっており、盛り付けや店内の雰囲気もオシャレなので、女性に人気が出るのも納得です。

2020年8月には、ハラミ料理専門店「ハラミノカミサマ」を開店しています。

今は飲食業界が厳しい状況のためボンビーガールとして紹介されていますが、落ち着いた頃にはボンビーガールを卒業し、新たな女性目線のお店を開店されるかもしれませんね!

 

まとめ

今回は、「ボンビーガール|えりか(ラーメン屋)のwikiプロフ!元舞台女優の経歴を調査」をまとめました。

ラーメン屋を経営するえりかさんは、タレントとして活動していましたが、ラーメン好きなことからラーメン職人に転身します。

最初に開店したラーメン屋を閉店後、再度ラーメン屋「オコノメカミサマ」をオープンし、飲食業界が厳しい状況でも従業員を守るために生活を切りつめて頑張っています。

早く今の状況が落ち着くことを願うとともに、大阪に行くときにはお店にも立ち寄ってみたいなと思いました!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.