人物

福島由紀の家族や兄弟は?実家は熊本で出身高校は青森山田!

東京オリンピックでメダル獲得が期待されているフクヒロペアの福島由紀(ふくしま ゆき)さん

福島由紀さんの家族構成はこちらです。

家族構成

  • お父さん
  • お母さん
  • 6歳上の姉
  • 福島由紀さん

両親と姉の4人家族ですが、熊本県にある実家では畳店を営んでいるという情報は本当なのでしょうか?

また、高校時代は地元を離れて、青森山田高校に通っていました。

この記事では、「福島由紀の家族や兄弟は?実家は熊本で出身高校は青森山田!」と題して、

  • 福島由紀さんの家族構成
  • 福島由紀さんの学生時代

を詳しくご紹介します。

福島由紀の家族や兄弟は?実家は熊本!

あらためて福島由紀さんの家族構成は、4人家族です。

  • お父さん(眞一さん)
  • お母さん(知加子さん)
  • お姉さん(香織さん)

お姉さんは6歳年上です。

福島由紀さんが2021年7月時点で28歳ですので、お姉さんは33~34歳ということでしょう。

 

ご両親は子供に何かスポーツをさせていたいと考えていました。

が、福島由紀さんが通っていた小学校には、部活が野球とバドミントンしかなく・・・

お姉さんがバドミントンをやっていたこともあり、福島由紀さんはバドミントンを始めています。

お姉さんとは年が離れているため、勝負しても負けてしまうことを悔しがっていたんだとか。

この悔しいという気持ちが、日本を代表する選手になる原動力になっているのでしょう。

 

実家は畳店を経営している?

福島由紀さんのご実家については、

畳店を経営しているのかな?

という声があります。

といいますのも、福島由紀さんの出身地・熊本県でお父さんと同姓同名の方が畳のい草の生産をされているからです。

たしかに、お父さんの名前の「眞」という漢字は珍しいですが、それだけで情報が少ないのですので断言ができないですね。。

参考

日本で生産されている、い草の95%は熊本県産です。

熊本産のい草は、熊本城をはじめ歴史的建造物にも使われていますので、とても高級なんですよ。

ご家族は一般人ですので、残念ながらこれ以上詳しい情報を確認することはできませんでした。

福島由紀さんが東京五輪で活躍されると、ご家族とのエピソードも新たに出てきそうですので、今後の報道に注目していきます。

福島由紀の出身高校中学など学歴

福島由紀の出身小学校

福島由紀さんは、久多良木(きゅうたらぎ)小学校出身です。

久多良木小学校は、熊本県八代市坂本町にあった小学校ですが、2006年に八竜小学校と統合して閉校になっています。

福島由紀さんが小学校を卒業したのが2006年ですので、卒業と同時に閉校したことになります。

通いなれた学び舎が閉校するのは寂しかったでしょう。

 

小学生の頃は、走ることが大好きで、10人くらいの同級生と走り回っていたんだとか。

バドミントンに必要な足腰は、この頃から自然と鍛えられていたのかもしれません。

小学2年生でバドミントンを始めてからは、小学6年生のときに

  • 全国小学生ABC大会に出場
  • 全国小学生選手権で団体優勝

など、頭角を現しはじめています。

 

福島由紀の出身中学校

福島由紀さんの出身中学校は、八代市立坂本中学校です。

中学生になってもバドミントンを続けていた福島由紀さん。

中学3年生のときの全国中学校バドミントン大会では、ベスト16まで進出しています。

ベスト16まで進出でもすごいですが、福島由紀さんとしては物足りない結果となりました。

なんでも、15歳のときにはオリンピックに出たいと口にしていましたので、もっと上に行かないといけないという思いがあったのでしょう。

約13年越しでその目標が叶うことになりましたね!

 

福島由紀の出身高校

中学校卒業後は、青森山田高校に進学しています。

青森山田高校といえば、スポーツ強豪校として全国的にも有名ですよね!

当初は、県内の高校に進学しようと思っていたようですが、声をかけてもらって進学を決めています。

このとき、

「なんで私が青森山田に進むことになるのか・・・」

という思いも少なからずあったようですが、負けず嫌いを発揮。

朝5時半から夜7時半までがむしゃらに頑張って、高校3年生のときには、

  • 全国高等学校バドミントン選手権大会 女子団体・女子ダブルスで優勝
  • U-19バドミントン日本代表選出
  • 世界ジュニア選手権 女子ダブルスベスト8進出

と華麗な成績を残しています。

 

弱音を吐いたこともある

負けず嫌いの福島由紀さんですが、周りのレベルの高さに弱音を吐いたこともあります。

当時のことを、母の知加子さんはよく覚えている。

「高校1年生のころは、"帰りたい"って電話でよく弱音を吐いていました。私はそのたびに"あと2カ月したら、これこれの大会があるんでしょう。それまでガマンしたら"と説得しましたね」

(引用:Yahoo!ニュース

辛い時期を支えたのが、お母さんの存在だったんですね。

今の福島由紀さんがいるのは、お母さんのおかげともいえるでしょう。

 

また、高校1年生のときに出場したシングルスで1回戦負けしたことで、上に行きたいという思いが強くなったんだとか。

間違いなく福島由紀さんの原動力は負けず嫌いということを再確認しますね。

 

福島由紀のプロフィール

名前福島 由紀(ふくしま ゆき)
生年月日
(年齢)
1993年5月6日
(28歳)
身長/体重164cm/57kg
出身地熊本県八代市
所属丸杉Bluvic
SNSInstagramTwitter

 

福島由紀の愛用ラケット

福島由紀さんが愛用しているラケットは、ヨネックスの「ASTROX 88D」です。

鋭い球を打てることが特徴のラケットです。

 

まとめ

以上、「福島由紀の家族や兄弟は?実家は熊本で出身高校は青森山田!」をまとめました。

  • 福島由紀さんは、父・母・姉の4人家族
  • 6歳上の姉の影響でバドミントンを始めた
  • スポーツの名門校・青森山田高校出身
  • 愛用ラケットはヨネックス「ASTROX 88D」

小学2年生からバドミントンを始め、15歳のときにはオリンピック出場を目標に掲げていた福島由紀さん。

高校1年生のときは弱音を吐いたこともありましたが、負けん気の強さで実力をつけて国際大会に出場するまでになりました。

フクヒロペアは粘り強さが持ち味のペアですので、活躍が楽しみです!

→福島由紀がかわいい!相武紗季に似てるけど性格は?彼氏も調査!

→廣田彩花がタレ目でかわいい!彼氏・結婚や愛用ラケットは?

-人物
-, ,

© 2019 たびまちブログ.