人物

GACKTの活動休止理由が怪しい!本当の理由はガクトコイン絡み?

2021年9月8日に無期限の活動休止を発表したGACKTさん

神経疾患や重度の発声障害が理由と発表されていますが、活動休止が発表された時期はちょうど総裁選に向けて、各候補が動いている時。

候補者の中にはガクトコインで絡んでいた野田聖子さんもいるため、体調不調という理由は嘘で、雲隠れではないかとささやかれています。

他にも、コロナに感染した整形のダウンタイムなど様々な推測も。

この記事では、「GACKTの活動休止理由が怪しい!本当の理由はガクトコイン絡み?」と題して、ガクトさんの活動休止の真相を調査してきます。

GACKTが活動休止を発表!

2021年9月8日に突然の無期限活動休止を発表したGACKTさん。

◆GACKT、無期限活動休止を発表

8日、日本エージェント事務所より公式サイトを通じて発表。「苦渋の決断となりましたがこの⽅針は、医師、GACKT本⼈、海外側のエージェントと弊社の協議の上で決定しました」とした。

(引用:livedoorNEWS

発表された内容によると、活動休止を発表するにいたった経緯はこちらです。

8月6日にキプロスから帰国した後、体調不良を訴え、しばらくすると体調が急変
幼少期からの神経系疾患をきっかけに、⼀時は命にも関わる状態に

数週間、体調が悪い状態が続いたが、現在は体調も回復

ただし、重度の発声障害となり、話すのも大変

無期限の活動休止を発表

実際、8月14日にはニコニコ生放送月額制チャンネル「GACKTと一緒に家呑み!!」にて生配信予定でしたが、体調不良を理由に中止しています。

そして、2021年9月8日に発表した無期限の活動休止。

体調不良を訴えてから、約1ヶ月で活動休止という運びになりました。

GACKTの活動休止が怪しい!考えられる本当の理由

発表内容には、神経系疾患、重度の発声障害などの言葉がありますが、本当にGACKTさんがそのような状態になっているのか、私たちには分かりません。

そのため、GACKTさんの体調を心配する声がある一方、

病気って言われても嘘くさい。

という声があります。

ガクトさんの私生活はベールに包まれている部分があり、時には予知夢を見ると発言したこともあり、どこまでが本当なのか判断できません。

そのため、体調不良は表向きの理由で、

  • ガクトコイン絡み
  • コロナに感染した
  • 整形のダウンタイム

が本当の理由ではないかともささやかれています。

それぞれ詳しく見てみましょう。

GACKTの活動休止の本当の理由①ガクトコイン説

まず、1つ目に考えられる活動休止の本当の理由が、ガクトコイン説です。

参考

ガクトコインとは、仮想通貨・スピンドルの通称で、GACKTさんが広告塔をしていたことからガクトコインと呼ばれています。

 

活動休止の本当の理由がガクトコインと怪しまれる理由

ガクトコインが活動休止の本当の理由と怪しまれるのは、ガクトさんが活動休止を発表した時期が、総裁選とかぶるからです。

現在、総裁選に出馬意欲を見せる候補者が出てきていますが、その中には、ガクトコインと関係があった野田聖子さんがいます。

一見、GACKTさんと野田聖子さんに接点がないようにも思えますが、家族ぐるみの付き合いをされていました。

「宝飾品関連会社の経営者がGACKTプロデュースのジュエリーなどを販売しています。この経営者と野田さんの夫は親しく、野田さんが結婚後は、GACKTと野田家は家族ぐるみのつき合いになっていったようですね」

(引用:SmartFLASH

そして、野田聖子さんはGACKTさんと手を組んで、金融庁に圧をかけたという疑惑が持ち上がり、2018年7月に会見を開いた過去があります。

2018年も今年と同じく、総裁選があった年。

野田聖子さんも出馬意欲を示していましたが、総裁選を前にしてガクトコイン問題が発覚

金融庁へ圧力をかけたことを否定するも、推薦人を集めることができず、出馬を断念しました。

→野田聖子の息子の学校はどこ?現在の知能や右手、喉の状態も調査!

 

GACKTは2021年総裁選が決まって雲隠れか

今回の2021年の総裁選にも野田聖子さんは出馬意欲を示しています。

総裁選のスケジュールが決まったのが、2021年8月3日でした。

自民党は菅義偉首相の総裁任期満了(9月30日)に伴う総裁選に関し「9月17日告示―29日投開票」を軸に検討に入った。複数の関係者が3日、明らかにした。

(引用:Yahoo!ニュース

この時点では、野田聖子さんを含め、まだ誰も総裁選に出馬意欲は示していませんでした。

ですが、過去に苦い思いをしていることから、多少なりとも出馬したいという思いがあるのであれば、不安要素は摘み取っておきたいと考えそうです。

そして、GACKTさんがキプロスから帰国したのが8月6日で、最初に体調不良に触れたのが8月14日。

GACKTさんに取材の手が伸びないように、先手を打って活動休止を発表したのかなと思ってしまいます。

GACKT 野田聖子 高市早苗

(出典:Twitter

この写真は、ガクトコインが問題になる約5年前の2013年3月に撮られた写真です。

野田聖子さんに呼ばれて、高市早苗さんはGACKTさんに会ったということ。

高市早苗さんも、2021年の総裁選に出馬意向を示しています。

高市早苗さんはガクトコインに関与していないと思われますが、この写真を見るとなんだか怪しくも感じますよね(苦笑)

あくまで噂でしかありませんが・・・。

→高市早苗の子供は元夫(山本拓)の連れ子で養子?孫もいる!

 

GACKTの活動休止の本当の理由②コロナ感染説

実は新型コロナウイルスに感染しているのではないかとも噂されています。

GACKTさんは2021年5月14日の生配信で、このような発言をしていました。

「みなさん、ちょっともうコロナよくないすか? もうあんまり神経質になることやめないですか」

「風邪ですよ、これ。風邪。はい。例年ね、風邪で亡くなる方もいっぱいいるわけですから」

(引用:BIGLOBEニュース

そのうえ、反ワクチン派と、コロナを甘くみているような言動

そんな中、コロナに感染・重症化してしまって、このような言動をした手前、公表できないのではないかとささやかれています。

GACKTさんが帰国する前に滞在していたキプロスは、7月23日が新規感染者のピークでした。

(参考:ロイター

GACKTさんがいつからキプロスに行っていたのか分かりませんが、コロナに感染してしまったということも考えられます。

また、コロナに感染したことで、のどの痛みや声がかれるという症状も報告があります。

あくまで仮説には過ぎませんが、可能性を捨てきれないでしょう。

 

GACKTの活動休止の本当の理由③整形のダウンタイム説

ご本人は認めていませんが、GACKTさんはこれまで整形をしていると言われています。

整形施術後、はれやむくみなどの症状が起きることがあります。

それら症状が落ち着くまでの期間をダウンタイムと呼び、比較的、手軽にされている二重埋没法で1週間、二重切開法で2週間~1ヶ月程度、必要といわれています。

そして、完全に落ち着くまでに3ヶ月~半年かかるとも言われていることから、無期限の活動休止ということは、大掛かりな整形をしたのではないかと噂が発展

中には、整形に失敗したのではないかという声も。

現時点では真相は分かりませんが、復帰後に大きく顔が変わっているのであれば、整形が疑われますね。

 

GACKTのコメント

活動休止の発表後、GACKTさんは公式サイトでコメントを発表しています。

GACKTさんは「みんな心配かけた。たくさんのメッセージありがとう。大丈夫、まだ生きてた」、ファンに向けて感謝の思いをコメントし、突発性の発声障害のような状態で声がうまく出せず、話すことが困難だと説明しました。

続けて「乗り越えられない壁はない。ボクも必ず乗り越える。みんなもそれぞれに抱えた問題から逃げず、必ず乗り越えられると信じ、一緒に前に進もうぜ!みんなを心配させてしまったこと、本当にごめんな。必ず帰ってくる。もっと強くなって。もっとすごいガクトになって」と前向きなメッセージをつづっています。

(引用:テレ朝NEWS

復帰時期については明言していないGACKTさん。

ご紹介した説はどれも噂どまりですので、体調回復を願いながら、元気に活動を再開される日を待ちましょう!

-人物

© 2019 たびまちブログ.