音楽

GENERATIONSライブ2021の当選倍率!埼玉・大阪どちらが狙い目?

GENERATIONSが2021年5月、6月に「LIVE×OFFLINE "Loading..."」を行うことを発表しました!

LDHのグループでも、3月になって少しずつライブを再開している中、GENERATIONSの単独ライブが開催されるのは嬉しいですね!

とはいえ、まだまだ通常の収容人数での開催は難しいはず。

収容人数が少ないと、当選倍率がどのくらいになるのか気になりますね。

そこでこの記事では、「GENERATIONSライブ2021の当選倍率!埼玉・大阪どちらが狙い目?」と題して、

  • ライブ全体での当選倍率
  • 埼玉・大阪それぞれの当選倍率

を計算して、ご紹介します!

GENERATIONSライブ2021の当選倍率!

2021年5月~6月にかけて行われるGENERATIONSのライブ「LIVE×OFFLINE "Loading..."」の当選倍率は、約4.1倍~約6.6倍になると予想します!

 

当選倍率を求めるためには、動員人数と応募人数が必要ですが、正確な数字は運営側のみぞ知るです。

そのため、動員人数と応募人数を予想して当選倍率を計算しました!

計算した内容を順番にご説明しますね。

 

GENERATIONSライブ2021の動員数

まず最初に、GENERATIONSのライブ「LIVE×OFFLINE "Loading..."」への総動員数です。

ライブは、さいたまスーパーアリーナ大阪城ホールの2会場で開催されます。

さいたまスーパーアリーナ

  • 5月20日(木)開場16時/開演18時
  • 5月21日(金)開場16時/開演18時
  • 5月22日(土)開場15時/開演17時
  • 5月23日(日)開場13時/開演15時

大阪城ホール

  • 6月1日(火)開場16時/開演18時
  • 6月2日(水)開場16時/開演18時

通常時のそれぞれの会場の動員数を計算すると、

  • さいたまスーパーアリーナ:37,000人×4公演=148,000人
  • 大阪城ホール:16,000人×2公演=32,000人

合計すると、18万人となります。

 

とはいえ、通常時の収容人数で開催される可能性は低いのかな?と思います。

ですので、後ほど当選倍率を計算するときに、収容率50%、80%で計算してみます!

 

GENERATIONSライブ2021の応募者数

続いて、ライブ参加を希望する応募者の人数です。

GENERATIONS単独のファンクラブではありませんが、EXILE TRIBE FAMILYのファンクラブ会員数が100万人を超えているといわれています。

ですので、100万人の3割、30万人が応募すると仮定して計算をしようと思います。

GENERATIONSライブ2021の当選倍率の計算

それでは、予想した動員人数と応募人数を元に、1人がチケット2枚を申し込んだとして計算していきます!

まず、収容率が50%、つまり総動員数が9万人の場合です。

30万人 × 2枚 ÷ 9万人 = 6.666・・・

となり、当選倍率は約6.6倍となります!

約6.6倍って、結構高いですよね(汗)

 

続いて、収容率が80%、つまり総動員数が14.4万人の場合です。

30万人 × 2枚 ÷ 14.4万人 = 4.166・・・

となり、当選倍率は約4.1倍という結果になりました!

約4.1倍なら、当選する希望も少し見えてきますね。

ちなみに、通常時の収容人数で開催されるのであれば、当選倍率は約3.3倍となります。

1人でも多くのファンが会場で楽しめるように、収容率100%に近い数字で開催してくれることを期待したいですね!

GENERATIONSライブ2021は埼玉・大阪どちらが狙い目?

「LIVE×OFFLINE "Loading..."」の会場全体での当選倍率は、4.1倍~6.6倍と予想しましたが、さいたまスーパーアリーナと大阪城ホールで倍率が違うのかも気になりますね!

日本の人口の割合を参考にして、

  • 東日本の方はさいたまスーパーアリーナ
  • 西日本の方は大阪城ホール

にそれぞれ応募するとして当選倍率を計算したところ、次のようになりました!

収容率50%の場合

  • さいたまスーパーアリーナ:約4.3倍
  • 大阪城ホール:約17.4倍

収容率80%の場合

  • さいたまスーパーアリーナ:約2.7倍
  • 大阪城ホール:約10.9倍

圧倒的にさいたまスーパーアリーナのほうが当選倍率が低いですね!

首都圏は人口が多いですが、さいたまスーパーアリーナの収容人数が多い、4daysということもあって当選倍率は低くなっています。

とはいえ、さいたまスーパーアリーナの土日開催の5月22日(土)、23日(日)は予想よりも倍率は高くなりそうです。

一方、大阪城ホールは6月1日(火)、2日(水)と平日の開催です。

学校や仕事がある方もいると思うので、予想よりも倍率が低くなる可能性もありそうですね。

当選倍率や開催日などを考えると、5月20日(木)、21日(金)にさいたまスーパーアリーナで開催される公演が狙い目かもしれませんね!

まとめ

以上、「GENERATIONSライブ2021の当選倍率!埼玉・大阪どちらが狙い目?」をまとめました。

2021年5月~6月に開催されるGENERATIONSのライブ「LIVE×OFFLINE "Loading..."」の当選倍率は、約4.1倍~約6.6倍になるのではないでしょうか。

また、会場ごとの当選倍率も予想すると、さいたまスーパーアリーナで5月20日(木)、21日(金)に開催されるライブが狙い目になりそうです。

今の状況が落ち着き、より多くのファンがライブが楽しめる状況になってるといいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

EXILE TRIBEライブツアー2021の倍率がヤバイ!当選確率を上げる方法は?

続きを見る

EXILE TRIBEライブ2021(3/10)のセトリと座席!参戦感想まとめ!

続きを見る

-音楽
-, ,

© 2019 たびまちブログ.