人物

羽生結弦の年収は推定2億円!大会欠場でもスポンサー料やCM出演料で稼いでいる!

世界中のファンを魅了しているフィギュアスケート選手のゆづこと、羽生結弦さん。

推定2億円とも思われる年収の大部分は、CM出演料によって支えられています。

この記事では、羽生結弦さんの年収や収入源について詳しくご紹介します。

羽生結弦の年収は推定2億円!

羽生結弦

ずばり結論からいいますと、羽生結弦さんの最新の年収は2億円と推測されます!

羽生結弦さんほどの実力と人気ですので、意外と少ないと思われたかもしれません。
(あくまで推測ですので、本当はもっと貰っている可能性もあります!)

スポーツによってはゴルフやテニスなど、大会賞金額が億を超えるものもありますが、フィギュアスケート界では多くても約500万円。

羽生結弦さんは2021-20221シーズン、ケガによって欠場しており、どのようにして収入を得ているのでしょうか。

収入源を深掘りしてご紹介します!

羽生結弦の年収を収入源別に深掘り

羽生結弦さんの年収は、主に7つの収入源によって構成されていると考えられます。

  1. 専属契約料
  2. 特別強化選手に支給される強化費
  3. 大会賞金
  4. CMやテレビ出演料
  5. 本の印税
  6. アイスショー出演
  7. 世界ランキングの賞金
  8. その他

 

収入源①専属契約料

羽生結弦

(出典:ANA

収入源の1つが専属契約料です。

羽生結弦さんはANA(全日本空輸)と専属契約を結んでいます。

ANAと専属契約を結んでいることで、年間2,000万円の専属契約料が入っていると言われています。

 

収入源②特別強化選手に支給される強化費

羽生結弦さんは2021年度の特別強化選手に選ばれています。

特別強化選手に選ばれると、毎月20万円、年間合計240万円が支給されます。

参考

羽生結弦さん以外にも、次の5選手が特別強化選手に選ばれています。

  • 宇野昌磨さん
  • 鍵山優真さん
  • 紀平梨花さん
  • 坂本花織さん
  • 宮原知子さん

 

収入源③大会賞金

羽生結弦

大会で入賞すると賞金がもらえます。

とはいえ、2021-2022シーズンは右足首のケガにより大会を欠場しているため、現在のところ、大会賞金はゼロ

2020-2021シーズンは世界選手権で3位になり、賞金18,000ドル、今の為替相場を参考に1ドル114円として計算すると約200万円を獲得しました。

ちなみに、全日本選手権では1位を獲得しましたが、賞金は出ていません。

ゴルフやテニスなど一部では優勝賞金何億というスポーツがある一方、案外、フィギュアスケートの賞金は低め

最も賞金が高く設定されている世界選手権では、1位になっても45,000ドル、約510万円なのです。

フィギュアのトップ選手ともなると、靴や衣装、遠征費などで年間2,000万円以上の出費もザラ

過去には織田信成さんが、

「優勝しても赤字になっちゃう。(子供には)スポーツをするなら、もう少しお金になるようなことを勧めますね」と本音を漏らした。

(引用:ORICON NEWS

と語ったことも。

華々しくも思えるフィギュアスケートの世界ですが、金銭事情は思うほど華々しくないことが分かります。

フィギュアスケートを続けるためには技術だけではなく、スポンサーの金銭的なサポートも必要です。

 

収入源④CMやテレビ出演料

多くのフィギュアスケート選手が金銭的に厳しさを感じる中、世界的にも人気の羽生結弦さんはCM出演料が高額!

2020年度の羽生結弦さんのCMのギャラは、6,000~8,000万円ほどと言われています。

現在、確認できるものでも、P&G、東和薬品、雪肌精、東京西川、味の素など5社のCMがあり、1本7000万円とすると、3億5,000万円の収入

収入の50%をスケート連盟に支払ったとしても、半分の1億7,500万円は残ります。

ちなみに、キム・ヨナさんは2013年の年収13億円のうち、そのほとんどがスポンサーやCM出演料でした。

また、テレビ出演料が1本200万円~といわれています。

最近、テレビに出演した記憶がありませんので、基本的にはCMギャラが収入を多くを占めているといえるでしょう。

 

収入源⑤本の印税

羽生結弦さんはこれまでに本や写真集を出版しています。

最初に出版した自叙伝「蒼い炎」の印税はすべてアイスリンク仙台に寄付されることが発表され、実際に2,500万円が寄付されています。

ゆず、心もイケメンですね。

自叙伝第二章となる「蒼い炎II-飛翔編-」の印税も全額、アイスリンク仙台に寄付されました。

その後、出版された「夢を生きる」や「羽生結弦の言葉」については、印税寄付をしているという情報がありませんので、羽生結弦さんが印税を受け取っているのかなと思われます。

売上部数が分かりませんが、少なくとも数十~百万万円は印税がありそうです。

 

収入源⑥アイスショーへの出演

アイスショーに出演することでも、出演料が発生します。

アイスショーのギャラは諸説あり、1公演50万円という説もあれば、1公演2,000万円という説も。

ですが、冷静に考えると、羽生結弦さん以外にも出演者がいますし、会場使用料などの経費を考えると1公演2,000万円は現実的ではないかなと。

ですので、仮に1公演100万円と考えようと思います!

2021年はスターズ・オン・アイス ジャパンツアーの横浜4公演、八戸3公演に出演していますので、出演料は700万円となります。

 

収入源⑦世界ランキングの賞金

各大会で入賞した賞金以外に、年間を通して決められる世界ランキングの順位によっても賞金がでます。

羽生結弦さんは2020-2021シーズンが3位でしたので、18,000ドル、日本円で約200万円を受け取っているでしょう。

 

収入源⑧その他

ご紹介した収入源以外にも、「上月スポーツ賞」などの賞を受賞することで賞金がもらえることもあります。

受賞した賞によって賞金も違うため、年によっては数百万円が入ってくることもあるでしょう。

羽生結弦は年収にこだわっていない!

羽生結弦さんの年収が推定2億円というのは、

  • キム・ヨナさんの年収が13億円
  • 浅田真央さんの年収が6億円

だったことを考えると、少ないようにも感じます。

ですが、本の印税全額を寄付している羽生結弦さんですので、正直、稼ぎたいという思いはないのでしょう。

少しでも良い演技をしたい、演技でファンに喜んでもらいたいという思いでスケートに向き合っているのだと思います。

これから素晴らしい演技で、私たちを魅了してほしいですね!

→羽生結弦は今すぐ結婚したい?過去には吉岡聖恵似の同級生と熱愛報道も!

→高橋大輔と村元哉中の結婚熱愛はガセ!仲良しだけど関係性はビジネスパートナー!

-人物

© 2019 たびまちブログ.