人物

布袋田晋(ライフマスター)のwikiプロフィール!学歴や経歴も調査!

2021年2月7日放送の「がっちりマンデー!!」に「遅咲き社長」として取り上げられた布袋田晋(ほていだ すすむ)さん

布袋田晋さんは、家電メーカーの営業代行を行う会社・ライフマスターの起業し、従業員の平均年齢が60歳以上ということで話題になっています。

布袋田晋さん自身、64歳のときに起業されていますが、これまでどのような経歴や学歴をもっている方なのか気になりますね!

今回は、「布袋田晋(ライフマスター)のwikiプロフィール!学歴や経歴も調査!」と題して、まとめていこうと思います!

布袋田晋さん(ライフマスター)のwikiプロフィール

名前:布袋田 晋(ほていだ すすむ)

生年月日:1947年1月18日

出身地:栃木県

2021年2月時点で、74歳の布袋田晋さん

布袋田晋さんが起業したライフマスターは、定年が70歳、健康であれば80歳まで雇用を延長する会社です。

布袋田晋さんも定年の年齢は超えていますが、80歳までまだまだ現役で社長をつとめられるのではないでしょうか。

現役で働く布袋田晋さんが、社員の方が元気に働く源になっているのかもしれませんね!

布袋田晋さん(ライフマスター)の学歴

布袋田晋さんの出身大学は、早稲田大学商学部です。

早稲田大学といえば、難関私立大学としても有名ですよね!

早稲田大学の偏差値は62.5~70といわれており、その中でも商学部の偏差値は70と早稲田大学の中でもトップクラスの偏差値です。

出身高校や中学校は分かりませんでしたが、出身地である栃木県内の偏差値の高い学校に通われていたんでしょうね。

 

布袋田晋さん(ライフマスター)の経歴

略歴

1970年4月 丸井に入社

1997年2月 ケーズホールディングスに入社し、翌月には商品統括部長に就任

1997年6月 取締役商品統括部長

2000年6月 常務取締役商品部長

2006年6月 取締役副社長商品本部長

2009年6月 代表取締役副社長

2011年9月 ライフマスターを起業

早稲田大学卒業後、最初に就職した会社は株式会社丸井でした。

「丸井」という名前の会社はいくつもありますが、早稲田大学出身ですのでおそらくファッションビルなどの商業施設を展開する丸井(現丸井グループ)ではないでしょうか。

丸井でどのような仕事をされていたのか分かりませんでしたが、20代~40代の間、働かれているので何かしらの役職はついていたのではないかなと思います。

 

1997年2月、50歳のときにケーズホールディングスに入社

ケーズホールディングスは家電量販店のケーズデンキを展開する企業です。

ケーズホールディングスに転職した経緯は不明ですが、入社した翌月には商品統括部長、同年6月には取締役商品統括部長に就任しています。

そのことを考えると引き抜きのような形だったのかもしれませんね。

ケーズホールディングスに入社後、順調にキャリアを築き、2009年6月には代表取締役副社長に就任

 

そして、2011年9月、64歳のときにライフマスターを起業します。

企業名の「ライフマスター」には、第二の人生を楽しくもっと仕事したいというシニアの生き方が込められています

定年を迎えたシニアがやりがいや楽しみを感じながら働くことができる環境を作りたいと思ったことが、ライフマスターを起業したきっかけです。

訳すと「人生の匠」となる会社は、これまで様々な経験を積んだシニアの方が活躍する会社にぴったりの会社名ですよね!

また、ライフマスターは家電メーカーが経費削減のため売り場の人手を減らしていることに着目したからこそ、起業した会社です。

布袋田晋さんは、最初、丸井で働いていましたので、もしケーズホールディングスに転職していなかったら、ライフマスターという会社はなかったのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、「布袋田晋(ライフマスター)のwikiプロフィール!学歴や経歴も調査!」ということでまとめました。

ライフマスターを起業した布袋田晋さんは、ケーズホールディングスの副社長をされていた方です。

家電定年を迎えても働きたいシニアと人手不足に悩む家電メーカー、それぞれに着目し、ライフマスターを起業しました。

ライフマスターは80歳まで現役で働くことができる環境なので、布袋田晋さんもまだまだ現役で活躍されるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.