人物

伊藤詩乃のwikiプロフィール!ピアノの経歴や実力も徹底調査!

各分野での芸能人ナンバーワンを決めるバラエティ番組「TEPPEN」。

2021年1月30日に放送される「TEPPEN」のピアノ対決には、Malcolm Mask McLaren(マルコム・マスク・マクラーレン)の伊藤詩乃(いとう しの)さんが初参戦します!

伊藤詩乃さんは、現役音大生で数々のコンクール入賞歴を持っているんだとか!

どんな方か気になりますよね。

この記事では、「伊藤詩乃のwikiプロフィール!ピアノの経歴や実力も徹底調査!」と題して、まとめていこうと思います!

伊藤詩乃さんのwikiプロフィール!どこの音大?

名前:伊藤 詩乃(いとう しの)

ニックネーム:しのちゃん

生年月日:1998年8月30日(2021年1月時点で22歳)

血液型:不明

出身地:不明

所属事務所:エイジアプロモーション

詳細なプロフィールが公表されていない伊藤詩乃さん。

伊藤詩乃さんは、2018年12月からMalcolm Mask McLaren(マルコム・マスク・マクラーレン)に現役音大生として加入し、活動しています。

加入当初は、「shino」という名義で活動していましたが、2020年12月から「伊藤詩乃」に名義を変えています。

今回の「TEPPEN」への参戦をきっかけに話題になりそうなので、これから詳細なプロフィールも分かってくるかもしれませんね!

参考

Malcolm Mask McLaren(マルコム・マスク・マクラーレン)とは、2015年に結成されたアイドルグループで、略して「MMM」や「マルコム」ともいわれます。

ステージでは曲間のMCを全くせず、イージーコア、メロディック・ハードコア路線の楽曲を歌っています。

また、伊藤詩乃さんの所属事務所・エイジアプロモーションは、益若つばささんや、高橋メアリージュンさん、近藤千尋さんなどが所属している事務所です。

MMM以外に活動しているアーティストには、「Devil ANTHEM.(デビル アンセム)」というガールズグループがいます。

どちらかというとモデルや女優として活動している方を多く所属している事務所という印象が強いですね。

 

伊藤詩乃さんが通う音大はどこ?

伊藤詩乃さんが通っている音大は、東京音楽大学ピアノ演奏家コースです。

東京音楽大学は音大の名門といわれており、レベルが高く、受験者も多いです。

そんな音大に通っているので、伊藤詩乃さんのレベルも高いといえるでしょうね。

芸能活動との両立は大変だと思いますが、頑張っているようですよ!

伊藤詩乃さんのピアノの経歴や実力も徹底調査!

いつからピアノを始めたのかは分かりませんでしたが、遅くとも小学生の頃から始めているのではないでしょうか。

伊藤詩乃さんは、数々の大会で入賞した実力があります。

  • 日本クラシック音楽コンクール 入選
  • 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 入賞
  • べーテン音楽コンクール ベスト10
  • 日本演奏家コンクール 特別賞
  • 東京国際ピアノコンクール 入選
  • ピティナ・ピアノコンペティション 入賞
  • ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 入賞

分かっているだけでも7つのコンクールで入賞しているので、かなりの腕前ですね!

 

ちなみに、2021年1月14日には、Twitterに次のような投稿をしていました。

「TEPPEN」に収録日がいつだったのか分かりませんが、この投稿をしたときはこれまで以上に練習していたことは間違いなさそうです。

過去には最大16時間も練習したことがあるみたいなので、まさに寝ていない時間は全てピアノの練習に注いでいたということでしょうね。

やはりコンクールで入賞するくらいの実力なので、相当の努力を重ねているんですね。

今回の「TEPPEN」には中途半端な気持ちではなく、覚悟をもって挑んだんだと思います。

まとめ

今回は、「伊藤詩乃のwikiプロフィール!ピアノの経歴や実力も徹底調査!」をまとめました。

「TEPPEN」に初参戦する伊藤詩乃さんは、詳細なプロフィールが公表されていませんが、東京音楽大学に通っています。

おそらく小さい頃からピアノを始め、ピアノ歴は10年以上になると思います。

ピアノが上手いアイドルとして、これから注目を浴びそうですね。

後藤理花の出身高校大学などwikiプロフィール!ピアノの実力がすごい!

続きを見る

アイドラYUの本名や学歴などのプロフィール!御曹司で岩ちゃんの幼馴染!

続きを見る

木月あかりのwikiプロフィール!宝塚時代の経歴や学歴なども調査

続きを見る

山之内すずは演技が上手いけど歌が下手?口コミを徹底調査してみた!

続きを見る

-人物

© 2019 たびまちブログ.