イベント・行楽

JO1一番くじ(12月)を引ける店舗はどこ?取扱店舗でも引けないことも!

2020年12月5日(土)からJO1の一番くじ「JO1'S COLORS」が、ファミリーマートで発売されます!

JO1の一番くじは、2020年7月に第一弾が発売され、今回が第二弾となります。

第一弾のときは、ファミリーマートを何件かはしごしてもくじを引けなかったという方もいるほど、人気でした。

おそらく第二弾も人気なのは間違いと思います。

JO1の一番くじを引くことができる店舗は限られています。

そのため、一番くじを取り扱っていない店舗を訪れて時間をロスしないように、取り扱い店舗を事前に確認しておきたいですよね。

今回は、「JO1一番くじ(12月)を引ける店舗はどこ?取扱店舗でも引けないことも!」と題して、まとめていきます。

JO1一番くじを引ける店舗はどこ?

JO1くじを引けるのは約5,000店舗

11月28日時点での情報では、JO1の一番くじは全国にあるファミリーマートの店舗のうち、5,092店舗で引くことができます。

全国のファミリーマートの店舗は、2020年10月31日時点で16,656店舗と言われています。

全ての店舗で引くことができないにしても、約3分の1の店舗で引くことができますよ。

とはいえ、JO1くじを引ける店舗は、人口が集中している場所に集中している傾向がありそうです。

私の住んでいる都道府県でもJO1くじを引くことができる店舗は、県庁所在地の市に集中していて、人口の少ない町村のファミリーマートではくじを引けない店舗が多かったです。

お近くのファミリーマートでJO1くじを引けない場合は、隣町などまで行く必要がありそうです。。

ちなみに、JO1くじを引くことができる店舗数の内訳がこちらです。

 

北海道・東北(574店舗)

北海道:141店舗

青森県:57店舗

岩手県:64店舗

宮城県:144店舗

秋田県:30店舗

山形県:43店舗

福島県:95店舗

 

関東(1,832店舗)

茨城県:131店舗

栃木県:83店舗

群馬県:77店舗

埼玉県:334店舗

千葉県:268店舗

東京都:603店舗

神奈川県:336店舗

 

中部(818店舗)

新潟県:74店舗

富山県:45店舗

石川県:40店舗

福井県:31店舗

山梨県:20店舗

長野県:77店舗

岐阜県:72店舗

静岡県:162店舗

愛知県:297店舗

 

関西(869店舗)

三重県:99店舗

滋賀県:69店舗

京都府:84店舗

大阪府:369店舗

兵庫県:171店舗

奈良県:42店舗

和歌山県:35店舗

 

中国(283店舗)

鳥取県:27店舗

島根県:16店舗

岡山県:86店舗

広島県:101店舗

山口県:53店舗

 

四国(119店舗)

徳島県:26店舗

香川県:26店舗

愛媛県:42店舗

高知県:25店舗

 

九州・沖縄(597店舗)

福岡県:207店舗

佐賀県:21店舗

長崎県:55店舗

熊本県:63店舗

大分県:53店舗

宮崎県:37店舗

鹿児島県:104店舗

沖縄県:57店舗

 

JO1くじの店舗検索

JO1一番くじの取り扱い店舗は、次の一番くじ倶楽部のサイトより検索することができます。

一番くじ倶楽部

 

なお、取り扱い店舗に記載がある店舗でも、くじを引けない場合もあります。

なぜなら、他の人が一番くじをロット買いする予約をしている場合もあるからです。

ロット買いとは、一番くじそのものを丸ごと購入することです。

いわゆる大人買いですね。

ロット買いすると、お目当ての景品を確実に手に入れることができることから、ロット買いするJAMもいます。

ロット買いの予約が入っていると店頭に回せる分がなくなるため、取り扱い店舗に記載があっても販売ができないということになります。

店頭でくじを引くことができるのかは、直接店舗に問い合わせたほうが確実です。

 

JO1一番くじのスタート時間は?

JO1一番くじのスタート時間は、店舗によって異なります。

そのため、スタート時間についても、直接店舗に問い合わせたほうが確実です。

 

ちなみに、一番くじ第一弾のときは、13時スタートの店舗が多かったです。

ですが、日付が変わった0時からスタートする店舗や朝8時からスタートする店舗などもありました。

一日中、ファミリーマートに張り付くのは大変ですし、不審者に間違われる可能性もあります。。

事前に確認しておくことで、一日を有意義に過ごせますよ!

 

また、第一弾のときには、発売開始日のうちに売り切れる店舗も続出していました。

しつこいですが、確実に買うためにはやはりスタート時間を確認したから訪れたほうが良さそうです。

他にも、発売開始日には売り切れていなかったので、明日も引こうと思っていたら売り切れていたということもあります。

ラストワン賞狙いならともかく、引くか引かないか悩んだら、引いておいたほうが後悔しなさそうですね。

 

JO1一番くじの景品内容

第二弾のJO1一番くじの景品内容をご紹介します。

  • A賞:ビジュアルボード ver.A
  • B賞:ビジュアルボード ver.B
  • C賞:マルチケース(2種類から選択)
  • D賞:ネームベルト(11種類から選択)
  • E賞:アクリルスタンド(11種類から選択)
  • ラストワン賞:メンバーサイン入りブランケット

ラストワン賞は、最後の1個を引くと貰える景品です。

ラストワン賞を狙って、一番くじがなくなりそうな頃合にファミリーマートを訪れる方も多いです。

 

また、ダブルチャンスキャンペーンもあり、E賞のアクリルスタンド全種類が当たるチャンスもあります。

引いた一番くじに詳細が書かれているので、忘れずにチェックしてくださいね!

 

まとめ

今回は、「JO1一番くじ(12月)を引ける店舗はどこ?取扱店舗でも引けないことも!」をまとめました。

11月28日の時点の発表では、全国のファミリーマートのうち、約5,000店舗でJO1一番くじを引くことができるようです。

なお、対象店舗であってもロット買いによって、入荷分が全て予約されている場合、店頭で一番くじを引けない場合もあります。

また、一番くじのスタート時間は店舗によって異なります。

そのため、店頭で一番くじを引けるか、何時からスタートするか、直接店舗に問い合わせておくことをおすすめします。

お目当ての景品が当たるといいですね!

-イベント・行楽
-

© 2019 たびまちブログ.