人物

加治将樹の結婚した妻(嫁)は同い年の一般女性!出会いは松岡茉優と破局後!

ドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」の高木ブー役で注目を集めている加治将樹(かじ まさき)さん。

元D-BOYSのメンバーの加治将樹さんは、2018年4月に結婚されています。

この記事では、「加治将樹の結婚した妻(嫁)は同い年の一般女性!出会いは松岡茉優と破局後!」と題して、

  • 奥さんがどんな人(誰)なのか
  • 出会いや馴れ初め

をご紹介します。

加治将樹は結婚している!

2019年3月31日に結婚していたこと&披露宴を行ったことを発表した加治将樹さん。

2018年4月に入籍した後、約1年後の結婚発表ということで、世間を驚かせました。

幸せいっぱいな中、1年間隠し通せたこと、式場関係者などから情報が洩れなかったことが、ただただすごいです!

加治将樹さんがTwitterで結婚報告したのが14時37分ですので、挙式は午前から行われたのでしょう。

加治将樹が結婚した妻(嫁)は同い年の一般女性!

加治将樹

気になる結婚相手は一般女性ということで、顔写真や詳しい情報は明かされていませんが、同い年とのこと。

2016年の夏頃に知人の紹介で知り合い、すぐに交際開始したとしても結婚するまで約1ヶ月半。

出会った当時、加治将樹さんは28歳、奥さんも同い年ですので、交際当初から結婚も視野に入れていたのかもしれませんね。

入籍のタイミングではなく、約1年後の披露宴の日に合わせて結婚を発表していることから、授かり婚とかではなく、事務所と話し合ってそうしたのかなとも思ったり。

 

加治将樹と結婚した妻(嫁)の出会い・馴れ初め

先述したとおり、加治将樹さんと奥さんの出会いは、2016年の夏頃、知人の紹介でした。

今でこそぽっちゃり体型の加治将樹さんですが、昔は細身

加治将樹 若い頃

(雰囲気が今とは違うイケメン時代)

ですが、2015年2月に公開された映画「サムライフ」の役作りのため、1ヶ月半で72kg→93~94kgに増量

一旦は体重を戻しましたが、太っているほうがしっくりきたため、今のぽっちゃり体型に落ち着いています。

時期的に考えると、結婚相手と出会ったのは、ぽっちゃりしている時期なのでしょう。

奥さんは加治将樹さんのことを見て、

「なにがあった?」

と心配もしていたそうですので、痩せていた頃の加治将樹さんのことを知らなかったみたい。

また、テニミュ(ミュージカル テニスの王子様)を見たことがないということは、生粋のファンだったということもなさそう。

加治将樹さんの内面に惹かれて、交際に発展し、付き合うようになったのでしょうね。

この体型になって周りからの見られ方が変わりました。その変わり方が僕にとってはこれもしっくりきたんです。

 ものすごく柔らかい人だと見てくださるようになったんです。その結果、とてもコミュニケーションが取りやすくなりました。

(引用:Yahoo!ニュース

加治将樹さんは、今の見た目になってから仕事にも好影響がでています。

加治将樹

(たしかに、今のほうが柔らかい印象)

素敵な奥さんに出会えて、仕事も順調といい方向に動いていますね!

ワーキャー言われることが全くなくなって少し寂しそうですが、奥さんがいることを考えると余計な心配もしなくてすむでしょう(笑)

加治将樹と結婚した妻(嫁)の出会いは松岡茉優と破局後!

加治将樹さんは結婚相手と出会う前、映画「サムライフ」で共演した松岡茉優さんとの熱愛報道がありました。

松岡茉優

スクープされたのが2015年1月

自転車で二人乗りしながら近所のレンタルビデオ店に行き、DVDをレンタル。

一緒に帰宅してお泊りで映画を鑑賞し、翌日は一緒にスーパーで買い物したという報道でした。

 

熱愛報道後、二人は交際を否定しており、その後の続報はありません。

否定していますので、本当に付き合っていたのかは分かりませんが、当時、松岡茉優さんはドラマ作品に立て続けに出演するなど売り出し中の女優。

共演をきっかけに仲が良くなったのは間違いないでしょうが、仕事を理由に距離をおくことにしたのかもしれませんね。

もしくは、映画「サムライフ」の公開直前での熱愛報道ということを考えると、話題を集めるだけだった可能性も。

何はともあれ、加治将樹さんはその約1年半後の2016年夏頃に奥さんと出会い、結婚。

プライベートも仕事も順調ですので、過去のことは終わったことなのでしょう!

→藤木直人の嫁(妻)はどんな人?奥さんの有紗は6歳下のお嬢様で美人?【顔画像】

→山田裕貴の彼女は誰?歴代の熱愛噂や好きなタイプも!

→川口春奈と彼氏(矢地祐介)の結婚は2022年秋が有力!破局説からの匂わせ!

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.