人物

勝木敦志(アサヒHD)のwikiプロフィール!出身高校大学や経歴も調査

2021年3月25日からアサヒグループホールディングスの次期社長に、勝木敦志(かつき あつし)さんが就任されることになりました。

勝木敦志さんは海外の第一人者ともいわれる方で、オーストラリアの企業を買収するなど多くの功績を残されていることから、次期社長に指名されました。

勝木敦志さんはどんな方なんでしょうか?

この記事では、「勝木敦志(アサヒHD)のwikiプロフィール!出身高校大学や経歴も調査」と題して、勝木敦志さんのプロフィールをまとめていきます。

勝木敦志さん(アサヒHD)のwikiプロフィール

名前:勝木 敦志(かつき あつし)

生年月日:1960年3月17日

出身地:北海道岩見沢市

趣味:料理

2021年2月時点で60歳の勝木敦志さん。

北海道出身で、料理が趣味なんだとか。

アサヒホールディングス・オーストラリアの理事をされていたときは、フエダイという魚を丸ごと買って、刺身やカブト煮、鯛茶漬けなどに料理して食べていたようですよ。

魚を捌けるだけでなく、一匹の魚からいろいろな料理を作られるので、料理の腕前は相当なんでしょうね。

参考

フエダイという魚は、全長50cm、2.5~3kgくらいの大きさまで成長する魚です。

日本では、高知県の室戸市や土佐清水市などと中心に、夏頃に水揚げされます。

また、オーストラリア滞在中はメルボルンで開催されるマラソンにも参加していたようです。

食事や運動を通して、健康に気を遣われている方なんだなという印象がします!

勝木敦志さん(アサヒHD)の出身高校大学など学歴

出身大学:青山学院大学経営学部

出身高校:北海道岩見沢東高等学校

勝木敦志さんの出身大学

勝木敦志さんの出身大学は、青山学院大学経営学部です。

青山学院大学の偏差値は55~67.5といわれており、勝木敦志さんが専攻していた経営学部の偏差値は62.5~65.0と青山学院大学内でも高いです。

後ほど勝木敦志さんの経歴をご紹介しますが、オーストラリアの企業買収など、これまで経営に関することに取り組まれてきました。

大学時代に学んだことが、仕事で活きているのかもしれませんね。

 

勝木敦志さんの出身高校

高校は、北海道岩見沢東高校を卒業されています。

岩見沢東高校は北海道中部の岩見沢市にある公立学校です。

偏差値は60くらいなので、学生時代は勉強に励まれていたことが分かりますね!

 

勝木敦志さん(アサヒHD)の経歴

略歴

1984年4月 大学卒業後、ニッカウヰスキー入社

2002年9月 アサヒグループホールディングス(当時はアサヒビール)に転籍

2011年4月 理事経営企画部担当部長兼国際本部担当部長

2011年10月 アサヒホールディングス・オーストラリアの取締役社長

2014年4月 アサヒホールディングス・オーストラリアの理事兼CEO

2016年3月 執行役員兼アサヒホールディングス・オーストラリアの理事兼CEO

2017年3月 取締役兼執行役員

2020年3月 専務取締役兼専務執行役員兼CFO

大学卒業後

大学卒業後、勝木敦志さんが最初に入社した会社はニッカウヰスキーでした。

ニッカウヰスキーは北海道余市町に設立された洋酒メーカーです。

勝木敦志さんが生まれる前の1954年には、ニッカウヰスキーはアサヒグループに入っており、現在は、ニッカウヰスキー独自ではなく、アサヒグループとして採用活動を行っています。

勝木敦志さんのときの採用活動状況は分かりませんが、もしかすると大学卒業後は北海道の企業に就職したいという思いがあったのかもしれませんね。

 

アサヒグループホールディングスに転籍後

アサヒグループホールディングスに転籍後、2011年にはオーストラリアの飲料水企業「マウンテン H2O」の買収し、アサヒホールディングス・オーストラリアの取締役社長に就任します。

2020年にはヨーロッパとオーストラリアの事業統合を完了するなど、アサヒグループホールディングス内では、海外の第一人者ともいわれるようになりました。

CFO(最高財務責任者)としても財務の健全性創出を主導し、これらの実績が認められ、2021年3月25日から代表取締役社長兼CEO兼日本統括本部長に就任

今後は、事業の質の向上やグローバルでの成長、研究開発への投資、国内事業の経営基盤の強化に取り組むとのことです。

 

まとめ

今回は、「勝木敦志(アサヒHD)のwikiプロフィール!出身高校大学や経歴も調査」をまとめました。

アサヒグループホールディングスの次期社長・勝木敦志さんは北海道出身です。

青山学院大学経営学部を卒業し、ニッカウヰスキーに入社した後、アサヒグループホールディングスに転籍しています。

これまでグローバルに活躍されていたので、勝木敦志さんの社長就任後、アサヒグループホールディングスはグローバル化に更なる拍車がかかるのかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.