人物

川尻蓮のダンス歴やレベルがすごい!バックダンサーや講師の経歴も!

2021年1月30日放送の「TEPPEN」のダンス対決に参戦する、JO1の川尻蓮(かわしり れん)さん

「TEPPEN」といえば、その分野に優れた芸能人がナンバーワンを決める番組です。

川尻蓮さんはダンス歴が長く、JO1のダンスリーダーといわれているくらいレベルがすごいんです!

JO1に入る前には、有名アーティストのバックダンサーをつとめたり、ダンススクールの講師をしていたことも。

今回は、「川尻蓮のダンス歴やレベルがすごい!バックダンサーや講師の経歴も!」と題して、川尻蓮さんのダンスのすごさに密着します!

川尻蓮さんのダンス歴やレベルがすごい!

川尻蓮さんは小学校高学年の頃からダンスを始めたんだとか。

2021年1月時点で23歳の川尻蓮さんなので、ダンス歴は10年以上ということになります。

10年以上も何か一つのことに真剣に取り組めるってすごいですよね!

 

そして、川尻蓮さんはJO1のダンスリーダーといわれるほど、ダンスのレベルがすごいんです!!

JO1は「PRODUCE 101 JAPAN」といわれるオーディション番組から選ばれた11人で結成されたグループです。

参考

「PRODUCE 101 JAPAN」は、事前選考で選ばれた101人の練習生の中から、国民投票によってデビューする人が選ばれるオーディションです。

「PRODUCE 101 JAPAN」では、番組の最初にテーマソングでもある「ツカメ 〜It’s Coming〜」を練習生全員で踊ります。

センターは他の練習生からの投票で選ばれるのですが、ダンスはもちろん、歌の実力の高さや人柄も評価され、川尻蓮さんがセンターをつとめました!

まさにダンスのレベルの高さはお墨付きということです。

練習生101人のセンターをつとめるって、どんな気分なんでしょうね?

私には想像ができないです(笑)

また、JO1としてデビュー後、リモートで韓国の先生からダンスを教えてもらう状況だったときも、川尻蓮さんが全員の動きを覚えてメンバーに教えていたんだそう。

しかも、全員で踊ったときに、メンバー一人ひとりの動きやズレを覚えておいて、頭の中で逆再生してから、ズレを直していくそうです。

レベルがすごすぎて、逆再生ってどういうこと?って思いますよね(笑)

間違いなくいえるのは、川尻蓮さんのダンスは神レベルということですね!!

川尻蓮さんのバックダンサーや講師の経歴

ダンスのレベルが高い川尻蓮さんは、数多くの有名アーティストのバックダンサーをしたり、ダンススクールで講師として生徒に教えた経歴もあります!

川尻蓮さんのバックダンサーの経歴

川尻蓮さんが最初にバックダンサーをしたのは、2014年4月にヤフオクドームで開催されたSMAPのコンサートのサポートダンサーでした。

このとき川尻蓮さんは17歳の高校生です。

勉強と両立しながら、サポートダンサーとして活動できるのはすごいですよね。

その後、2015年8月にはa-nationのアクトダンサーとして参加し、同年12月にはDREAMS COME TRUEのライブにも参加しています。

2016年は忙しかったのか、バックダンサーとしての活動はありませんでしたが、2017年~2019年にかけて数多くのアーティストのバックダンサーをつとめていますよ。

2017年~2019年はバックダンサーをつとめたアーティストはこちらです。

2017年

  • FTISLAND
  • チェ・ジョンフン
  • MYNAME
  • Wanna One

2018年

  • TEE
  • Lead
  • スカイピース
  • Wanna One
  • イ・ビョンホン
  • 山下智久

2019年

  • PENTAGON

川尻蓮さんは、2019年8月には「PRODUCE 101 JAPAN」に参加するため、韓国に渡っています。

それまで、J-POP、K-POP、幅広くダンサーをつとめていますよね!

山下智久さんについては、「Right moves」のMVに出演したり、音楽番組「バズリズム」のバックダンサーとして出演したこともあります。

川尻蓮さんにとって、山下智久さんは目標とする人の一人です。(もう一人はSEVENTEEN)

JO1としてデビューしたので、今後はアーティストとバックダンサーという関係性ではなく、アーティスト同士として音楽番組に出演することもありそうですね!

その他、映画やMVにもいくつか出演していますよ!

 

川尻蓮さんのダンススクール講師の経歴

川尻蓮さんは、バックダンサーとして活動しながら、ダンススクール「NOAダンスアカデミー」の恵比寿校で講師としても活動していました。

このときの経験が、現在のJO1のダンスリーダーにも活かされているのでしょうね。

川尻蓮さんは、「NOAダンスアカデミー」の生徒さんが「PRODUCE 101 JAPAN」を教えてくれたことをきっかけにオーディションに参加しています。

「NOAダンスアカデミー」で講師をしていなかったら、今の川尻蓮さんがいなかったかもと思うと、必然だったのかもしれませんね。

 

ちなみに、バックダンサーやダンススクール講師としてだけでは生活が厳しく、カラオケ店でアルバイトもしていたこともあります。

また、歌唱力も身につけるために、ボイトレの学校にも通っていました

川尻蓮さんは運だけでJO1としてデビューできたのではなく、相当な努力を積み重ねていることが分かります。

現状に満足することなく、これからも努力を重ねていくんでしょうね!

 

川尻蓮さんのwikiプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

JO1(@official_jo1)がシェアした投稿

名前:川尻 蓮(かわしり れん)

生年月日:1997年3月2日

血液型:O型

身長:173cm

出身地:福岡県福岡市

趣味:ゲーム、体を動かすこと、マジックとお笑いを見ること、洋服リメイク、料理

所属事務所:LAPONEエンタテインメント

まとめ

今回は、「川尻蓮のダンス歴やレベルがすごい!バックダンサーや講師の経歴も!」をまとめました。

川尻蓮さんは、小学校の高学年からダンスを始め、高校生のときからはアーティストのバックダンサーをつとめるなど、ダンスの実力が認められている方です。

また、ダンススクールの講師として教えた経歴も持っています。

これからもJO1のダンスリーダーとして、ダンスの実力に磨きをかけていくんでしょうね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.