TV

鬼滅の刃2期は原作通り?改変される?フジテレビが放映した過去作品は?

アニメ「鬼滅の刃」の「遊郭編」を、2021年10月からフジテレビが放送することが内定しました!

フジテレビといえば、過去に放送したアニメをオリジナルストーリーに改変した経緯があります。

そのため、このニュースを受けて、原作通りになるのか、もしくは改変されてしまうのか、不安視している鬼滅の刃ファンも多いようです。

そこでこの記事では、「鬼滅の刃2期は原作通り?改変される?フジテレビが放映した過去作品は?」と題して、鬼滅の刃2期は改変されるのか、フジテレビが放映した過去作品を参考に考察していきます。

鬼滅の刃2期は原作通り?改変される?

気になる、アニメ「鬼滅の刃」の2期「遊郭編」が原作通りなのか、改変されるのか、現時点では明らかになっていません。

ですが、完全な原作通りになる可能性は低く、多少なりともアニオリ(アニメオリジナルストーリー)になりそうです。

その理由は、次の3つです。

  • 原作通りの内容だと放送倫理上、よろしくない
  • 尺の問題
  • 過去にもアニオリになった例がある

原作通りの内容だと放送倫理上、よろしくない

1つ目の理由が、「原作通りの内容だと放送倫理上、よろしくない」です。

2021年10月から放送が予定されている「遊郭編」は、今でいう風俗街のような場所を舞台にしています。

そのため、原作通りのまま放送してしまうと、放送倫理に違反してしまう可能性があります。

実際、アニメ化の話が出たときに喜ぶ声がある一方、子供に見せにくいという声もありました。

大ヒットとなった「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」は、小学生が見るには助言や指導が必要とされる「PG12」区分に指定されていました。

映画を違い、テレビは見られる環境であれば、基本的に電源を入れると誰でも視聴できます。

そのため、子供が見ても大丈夫なように、改変を加えるのではないでしょうか。

 

とはいえ、アニメ名は「シーズン2」などの表記ではなく、しっかりと「遊郭編」と書かれています。

ですので、原作の世界観が完全に損なわれない程度の改変になるのかなとも思います。

というか、そうであることを祈りたいですね。。。

 

尺の問題

2つ目の理由が「尺の問題」です。

原作では、単行本の9~11巻が、今回アニメ化される「遊郭編」にあたります。


アニメ「鬼滅の刃」1期ともいえる2020年4月~9月の放送では、全26回の放送で7巻目の54話までストーリーが進みました。

今回の2期の放送回数にもよりますが、もし1期と同じく6ヵ月間にわたって放送する場合、尺が足りなくなってしまいます

毎週木曜日24:55からの深夜アニメ枠「ノイタミナ」での放送でしたら、3ヶ月間の放送なので尺の問題はなさそうですが、2021年10月は「王様ランキング」の放送が予定されています。

ですので、「鬼滅の刃」がどの枠で放送されるのか次第でもありますね。

 

また、その他にも、人気の高いキャラクター、我妻善逸や嘴平伊之助が「遊郭編」には登場しません

「鬼滅の刃」そのものの人気が高いので、我妻善逸や嘴平伊之助の登場がなくても、ある程度の視聴率はあると思います。

ですが、やはり人気キャラクター不在なのは痛手ですので、登場させるためにオリジナルストーリーを組み込んできそうです。

 

過去にもアニオリになった例がある

そして、最も鬼滅の刃ファンが恐れている理由が、「過去にもアニオリになった例がある」でしょう。

「約束のネバーランド」の2期が、2021年1月よりフジテレビで放送された際、あまりに原作と違っていたため、大不評でした。

しかも、重要なシーンがカットされるという。。。

この経験から、同じことが繰り返されるのではないかと不安になってしまいます。

ですが、フジテレビの「約束のネバーランド」の原作改変が不評だったことは、分かっているはず。

いや、むしろ分かっていると信じたいです(苦笑)

すでに挙げた2つの理由から改変が必要だったとしても、同じ失敗をしないように大幅な変更はしないと願いたいものです。

鬼滅の刃2期のようにフジテレビが放映した過去作品は?

これまでフジテレビはいくつか漫画原作アニメを放送しています。

その中でも次の作品を放映した際、大幅な原作改変によって不評でした。

  • 約束のネバーランド 2期
  • HELLSING(ヘルシング)

「約束のネバーランド」はさきほども少しご紹介したように、2021年1月から3月にかけて放送されました。

1期もフジテレビで放送され、好評だったにも関わらず、2期ではユウゴが登場しないなど大幅な改変

また、打ち切りのような終わり方をしたのもあり、ファンから不満が続出しました。

挙句のあてには、10・11話のクレジットから原作者・白井カイウさんや脚本家の名前が消え、ネット上は騒然となりました。

 

また、2001年10月から放送された「HELLSING」も原作改変があり、特に後半部分はほとんどアニオリでした。

これには視聴者から、メリハリがない見る価値がない、など不評の嵐。

作者も不満を漏らして、2006年には原作に忠実なOVA版も制作されています。

 

日本だけではなく海外でも人気の「鬼滅の刃」。

もし、大幅な原作改変でもしたら、鬼滅の刃ファンから大ブーイングがくることも簡単に想像ができます。

これまでの経験を無駄にせず、鬼滅の刃ファンが満足できるアニメを制作してほしいですね!

まとめ

以上、「鬼滅の刃2期は原作通り?改変される?フジテレビが放映した過去作品は?」をまとめました。

現時点では、原作通りなのか、改変されるのか分かっていません。

ですが、今回の「遊郭編」という題材的なことを考えても、完全なる原作通りの内容は難しいのではないかと思います。

とはいえ、フジテレビはこれまで大幅な原作改変をして大不評を受けた経験がありますので、せめて原作の世界観を損なわない変更にとどめて欲しいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

-TV
-

© 2019 たびまちブログ.