TV

紅白2020の櫻坂46の出演時間や順番!曲目はNobodys faultで決定?

2020年12月31日放送の第71回NHK紅白歌合戦に出場する歌手が発表され、櫻坂46の出場が決定しました。

櫻坂46といえば、2020年10月13日まで欅坂46として活動していましたが、10月14日からグループ名を変えて活動しています。

グループ名を変えてまだ日が浅いので、今年の紅白歌合戦への出場は難しいと思っていた方も多いのではないでしょうか。

紅白歌合戦で櫻坂46が歌う姿を見ることができるのはファンとして嬉しいですが、何時頃に歌うのか気になりますね。

そこで今回は、「紅白2020の櫻坂46の出演時間や順番!曲目はNobody's faultで決定?」と題してまとめていきます。

紅白2020の櫻坂46の出演時間や順番は?

現時点では、2020年紅白歌合戦での曲順は発表されていません。

あくまで私の予想にはなりますが、番組前半の8番目までの曲順、出演時間としては19時台になるのではないかと思います。

 

なぜなら、櫻坂46のメンバーには、15歳の山﨑天さんがいます。

労働基準法では、18歳未満の人は22時以降、中学校卒業前の人は20時以降の労働が禁止されています。

山﨑天さんは、紅白歌合戦が放送される2020年12月31日時点で中学生ですので、20時以降のテレビ出演ができません。

紅白歌合戦の番組開始は19時台ですので、20時までに間に合うように番組前半の19時台にの出演になるのではないでしょうか。

 

ちなみに、櫻坂46としての紅白歌合戦への出場は2020年が初めてですが、これまで欅坂46名義では4年連続出場しています。

参考までに、欅坂46として出場したときの曲順がこちらです。

2016年:5番目

2017年:23番目(後半の1番目)

2018年:28番目(後半の8番目)

2019年:24番目(後半の4番目)

基本的に、紅白歌合戦では、多くの歌手が前年と似たような曲順になる傾向があります。

櫻坂46としての出場は初でも欅坂46しての出場があることから、前年と似たような曲順になることも考えました。

ですが、グループ名が変わって再スタートという意味でも、欅坂46として出場していたときの曲順ではなく、初めて出場したときのように番組前半の曲順になりそうです。

 

紅白2020の櫻坂46の曲目は?

曲目についても、現時点では発表されていません。

ですが、おそらく櫻坂46としての1stシングルである「Nobody's fault」を歌うのではないでしょうか。

いくら欅坂46のときのメンバーがいるとはいえ、前のグループ名のときにリリースした曲を歌うのは変ですよね。。。

 

櫻坂46名義でのリリース曲は「Nobody's fault」のみですが、「Nobody's fault」は前に進もうというメッセージ性の強い曲です。

2020年の紅白歌合戦のテーマは、「今こそ歌おうみんなでエール」です。

「Nobody's fault」に込められた意味を考えると、テーマにもちょうど合っていますよね!

 

ちなみに、欅坂46のときの曲目がこちらです。

2016年:サイレントマジョリティー

2017年:不協和音

2018年:ガラスを割れ!

2019年:不協和音

2017年出場時の「不協和音」では、メンバーの3人が過呼吸でステージ上で倒れるというハプニングがありました。

「不協和音」は欅坂46の中でもダンスが激しい曲とされており、生放送の緊張感の中で踊り切るのはなかなか大変ですよね。

 

櫻坂46としての1stシングル「Nobody's fault」は、12月9日発売予定です。

10月12日、13日に開催された「欅坂46 THE LAST LIVE」で初披露されていますが、現時点ではメディアでは大々的には披露されていません。

MVを見るところ、それほど激しいと思われるようなダンスではなさそうなので、ハプニングなく歌いきって欲しいですね!

 

まとめ

今回は、「紅白2020の櫻坂46の出演時間や順番!曲目はNobody's faultで決定?」をまとめました。

現時点では、曲順や曲目は発表されていませんが、おそらく番組前半の19時台に出演し、「Nobody's fault」を歌うのではないかと思います。

櫻坂46にグループ名を変えて、わずか2ヶ月半での紅白歌合戦への出場です。

再スタートをきった櫻坂46がどんなダンスを見せてくれるのか楽しみですね!

 

また、見逃し配信なら、もう一度、櫻坂46を見ることができますよ。

見逃し配信については、以下の記事にてご紹介しています。

紅白歌合戦2020の見逃し配信はある?無料で視聴する方法も!

続きを見る

 

-TV
-

© 2019 たびまちブログ.