人物

水沼尚輝は作新学院高校出身!大学まで無名で幼少期は鯉と泳いでいた!

東京2020オリンピックの男子100mバタフライに出場する水沼尚輝(みずぬま なおき)さん

水沼尚輝さんは、萩野公介さんと同じく栃木県の作新学院高校出身です。

高校時代までは無名の選手でしたが、新潟医療福祉大学時代に開花!

2018年に開催された日本学生選手権水泳競技大会での100mバタフライで優勝しています。

この記事では、「水沼尚輝は作新学院高校出身!大学まで無名で幼少期は鯉と泳いでいた!」と題して、

  • 水沼尚輝さんの学歴
  • 水沼尚輝さんの水にまつわる幼少期のエピソード
  • 水沼尚輝さんのプロフィール

をまとめてご紹介します。

水沼尚輝は作新学院高校出身!

水沼尚輝さんは、作新学院高等学校出身です。

作新学院高校は、栃木県宇都宮市にある私立の高校です。

東京大学や早稲田大学などの難関大学に進学する生徒がいながら、スポーツの強豪校でもあります。

特に野球が有名で、甲子園常連校

野球以外にも、自転車競技や格闘技などの分野でも多くの卒業生が活躍しています。

そして、水沼尚輝さんが高校1年生のときには、3年生に日本競泳界を長年リードしている萩野公介さんがいました

作新学院高(栃木)の2年先輩で、在学中に五輪の表彰台に立った萩野公介は、目標と言うより「雲の上の存在」だった。

(引用:スポーツモア

今でこそ、東京五輪の代表選手となった水沼尚輝さんですが、高校時代までは全国大会に出場できる実力はありながら、際立った成績を残せていません

ですので、萩野公介さんは追いつくことのできない偉大な存在だったのでしょうね。

身近にトップアスリートがいたことで、学べたことも間違いなくあったでしょう。

 

高校3年生でバタフライに転向

これまで専門としていた自由形と背泳ぎでタイムが伸びないでいる中、高校3年生のときにコーチからバタフライへの転向を提案された水沼尚輝さん。

バタフライ転向後、インターハイに出場することができたものの、決勝まで進出することができませんでした。

ですが、インターハイに出場できたことで、何か手ごたえをつかんだのではないでしょうか。

もう少し早く転向していれば、インターハイで優勝ということもあったかもしれませんね!

水沼尚輝の小学校・中学校・大学

水沼尚輝さんの高校以外の学歴がこちらです。

出身小学校:真岡市立山前小学校

出身中学校:真岡市立山前中学校

出身大学:新潟医療福祉大学

水沼尚輝さんは、中学校まで地元の公立学校に通っています。

新潟医療福祉大学へは、元水泳選手で新潟医療福祉大学の水泳部監督をしている下山好充さんの勧めで進学しました。

下山監督は水泳のコーチング・トレーニング理論を研究しており、理論に基づいたトレーニングによって、才能を開花

高校3年生のときにはバタフライ100mの記録が54秒台でしたが、51秒台までタイムを伸ばしています。

また、2018年の大学4年生のときには日本学生選手権水泳競技大会の100mバタフライで優勝

長い間、積み重ねてきた努力が実りましたね。

卒業論文では、自分自身の泳ぎを分析するなど、まさに水泳漬けの大学時代といえるでしょう。

自分自身の泳ぎを分析したことで、ひとかきで約2m進むことも分かったようです。

 

大学卒業後

大学卒業後、新潟医療福祉大学の職員として働きながら、水泳選手としての勢いは止まりません。

2019年には、日本選手権水泳競技大会にて100mバタフライで初優勝

同年、世界選手権に初出場を果たしました。

その他にも、

  • デサントジャパン株式会社とアドバイザリー契約を締結
  • 栃木県真岡市から「特別功労賞」を授与される

など、注目を集めています。

 

水沼尚輝は幼少期に鯉と泳いでいた!

6歳のときに水泳を始めた水沼尚輝さんは、幼少期から水が大好きでした。

幼少期は、祖父の家の池で泳ぐコイをじっと見て、ぽちゃんと入って一緒に泳いだという。

(引用:日刊スポーツ

鯉と泳ぐって、なかなかですよね。。

水沼尚輝さんが鯉と一緒に泳いでいる様子を見たご家族は、

「前世は魚だったのでは?」

と思ったそうです。

祖父が鑑賞用に作った池でしたが、祖父からするとまさか孫が鯉と一緒に泳ぐことになるとは思わなかったでしょうね(笑)

1歳のころ、風呂でおぼれかけ、驚いた典子さんに持ち上げられると、にこやかに笑っていた。「この子は何か持っているかも」と典子さん。今も水沼は水の中は居心地がいいと言う。

(引用:サンスポ

典子さんとは水沼尚輝さんのお母さんです。

1歳の頃ですので記憶にはないかもしれませんが、溺れかけた経験があると、水への恐怖心も出てくると思います。

それにもかかわらず、鯉と一緒に泳いだり、水の中が心地よいと思うのは水泳選手になるべくして生まれたともいえそうです。

「水」+「沼」で、水に関する名字ですし。

今後の競泳界を引っ張る存在になることが期待されますね!

 

水沼尚輝のプロフィール

名前水沼 尚輝(みずぬま なおき)
生年月日
(年齢)
1996年12月13日
(24歳)
身長/体重181cm/82kg
足のサイズ30cm
出身地栃木県真岡市
所属事務所新潟医療福祉大職
SNSInstagramTwitter

水沼尚輝さんの足のサイズは30cm

日本人男性の足のサイズが26cm前後といわれていますので、それよりも4cm大きいことになります。

革靴を探すことに苦労し、お気に入りのデザインのシューズはサイズがなくて「何でオレはこんなに足が大きいんだ」としょんぼりすることも。

(引用:日刊スポーツ

高校生のときで29cmありましたので、サイズが合う通学用の革靴がなく落ち込んだこともあるようです。

ですが、今は足の大きさをプラスに捉えており、

「魚の泳ぎのようにフィンをつけているみたい」

自身の足を自慢に思っています。

足のサイズという点でも、水泳選手として恵まれた体型といえるでしょう。

競泳界のレジェンドともいえるマイケル・フェルプス選手も足のサイズが32cmと大きいです。

マイケル・フェルプス選手もバタフライを得意としていましたので、似ていますね!

 

水沼尚輝の家族構成

水沼尚輝さんは、5人家族です。

  • お父さん(敏明さん)
  • お母さん(典子さん)
  • 水沼尚輝さん
  • 弟さん2人

水沼尚輝さんは3兄弟の長男ですが、2人の弟さんについての詳しい情報はありませんでした。

水沼尚輝さんが身長181cmと体格がいいので、弟さん達も体格がいいのではないでしょうか。

何かスポーツをされていたかもしれませんね。

また、ご実家はクリーニング店を営んでいます。

クリーニング店も「水」が関係していますので、本当に水沼尚輝さんは水との縁が強いんだなと思いますね!

 

水沼尚輝の性格

水沼尚輝さんは、好奇心旺盛でプレッシャーを感じるよりもワクワクする気持ちが勝つ性格です。

前向きな性格でもありますので、高校時代、タイムが伸びない中でも腐らずに練習に取り組んでこられたのでしょう。

日頃の些細な行動を気にかけており、挨拶や礼儀はもちろん、ゴミが落ちていたら拾うなどして、「運を拾っている」んだとか。

好青年ですね!

まとめ

以上、「水沼尚輝は作新学院高校出身!大学まで無名で幼少期は鯉と泳いでいた!」をまとめました。

  • 水沼尚輝さんは栃木県の作新学院高校出身
  • 高校時代まで無名だが新潟医療福祉大学時代に才能が開花
  • 水との縁が強く、幼少期は池の鯉と泳いでいた
  • 足のサイズが30cm
  • 5人家族で、3兄弟の長男

6歳から水泳を始め、高校生3年生でバタフライに転向、大学で頭角を現した水沼尚輝さん。

ご家族が前世は魚ではないかと思うほど水が大好きで、水泳選手になるべくして生まれたともいえます。

日本のバタフライは世界に遅れをとっているとも言われますが、十分通用することを東京オリンピックで証明して欲しいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

佐藤翔馬と瀬戸大也が似てる!父は医者で母・兄弟はどんな人?

続きを見る

松元克央に結婚相手や彼女はいる?カツオの筋肉がすごいと話題!

続きを見る

大橋悠依に結婚相手や彼氏はいる?竹内結子似で腹筋がすごい!

続きを見る

東京2020オリンピック公式HP

-人物
-, ,

© 2019 たびまちブログ.