人物

森本貴幸の年俸推移を調査!なぜ現在パラグアイなのかも深堀!

サッカー元日本代表の森本貴幸さんが逮捕されたという衝撃のニュースが飛び込んできました!

森本貴幸さんは、当時、史上最年少となる15歳10ヶ月6日でJリーグ公式戦に出場するなど、注目を浴びましたが、今、どのくらいの年棒をもらっているのでしょうか?

また、注目されていた選手だけあって、なぜ現在、パラグアイのチームでプレイしているのかも気になります。

そこでこの記事では、「森本貴幸の年俸推移を調査!なぜ現在パラグアイなのかも深堀!」と題して、

  • 年棒推移
  • パラグアイに移籍した経緯

をまとめてご紹介します。

森本貴幸さんの年俸推移を調査!

パラグアイ1部のスポルティボ・ルケーニョに所属している森本貴幸さん。

正確な数字は公表されていませんが、現在の年棒は1500万~2000万円程と予想され、これまでの年棒の推移はこちらです。

 

年棒所属チーム
2004年800万円東京ヴェルディ
2005年1000万円
2006年3000万円カターニア (loan)
2007年~2010年4000万円カターニア
2011年5000万円ノヴァーラ
2012年4000万円カターニア
2013年4000万円アル・ナスル (loan)
2014年~2015年3000万円ジェフ市原・千葉
2016年~2017年2500万円川崎フロンターレ
2018年1500万円アビスパ福岡(2020年10月にはAEPコザニへ電撃移籍)
2019~2020年2000万円
2021年1500~2000万円?スポルティボ・ルケーニョ

グラフで表すと次のようになります。

森本貴幸さんの年棒推移1:Jリーグ公式戦デビュー

中学生のとき、ヴェルディジュニアユースに所属していた森本貴幸さん。

当時の監督からトップチームへの帯同が許可され、2004年3月13日のジュビロ磐田戦の後半6分から出場し、Jリーグ公式戦初出場を飾りました。

Jリーグ史上最年少の15歳10ヶ月6日でのデビューということで話題にもなりましたよね。

2004年4月から高校生でしたので、高校生にして年棒800万円とはすごいです!

 

森本貴幸さんの年棒推移2:海外移籍に移籍し、大幅アップ

2年間東京ヴェルディでプレーした後、18歳でイタリアのカターニア (loan)に移籍

このときから年棒が大幅にアップし、移籍前の3倍、3000万円に跳ね上がりました!

2006年7月には、セリエAに昇格したカターニアへのレンタル移籍が決定。

最初はユースチームでプレーしていましたが、同年12月にベンチ入りし、2007年1月には初出場・初ゴールを決めました。

初出場・初ゴールは、セリエA日本人最年少記録です。

まさに、次々と記録を塗り替えていく期待の星という感じでしたね。

何度か怪我にも悩まされながら、森本貴幸さんの活躍にはイタリアも注目していました。

 

ですが、2010-11シーズンから出場機会が減ります。

そのため、2011年7月にノヴァーラ・カルチョ(イタリア)に移籍

カターニアでの出場機会は減っていましたが、これまでの実績やこれからの活躍が見込まれてか、年棒は5000万円と、森本貴幸さんのサッカー人生の中で最高額ともいえる金額でした。

移籍後初得点を決めるなど活躍しましたが、チームの低迷とともに森本貴幸さんの調子も下降することに。

2012年にカターニアに戻りますが、再び怪我によって出場機会がなく、2013年にはアル・ナスル(アラブ首長国連邦)に期限付き移籍します。

アル・ナスルでは、13試合に出場し、6得点をあげました。

森本貴幸さんの年棒推移3:Jリーグに復帰

2013年8月、ジェフユナイテッド市原・千葉に完全移籍し、Jリーグに復帰。

2014年の後半戦では、13試合に出場して8得点あげるなど活躍!

2015年も活躍が期待されましたが、調子があがらず、2015年12月に川崎フロンターレに完全移籍しました。

年棒も2500万円に下がり、絶頂期の約半分となります。

川崎フロンターレで約2年間プレーした後、2018年にアビスパ福岡へ完全移籍

2018年6月のロアッソ熊本戦では首位浮上に貢献するも、2020年9月に退団となりました。

2020年10月にはAEPコザニ(ギリシャ3部リーグ)へ年棒2500万円で移籍が発表されましたが、コロナの影響で3部リーグが開催されないため2021年1月に退団。

そして、2021年2月よりスポルティボ・ルケーニョ(パラグアイ1部リーグ)に加入しています。

スポルティボ・ルケーニョでの年棒は公表されていませんが、直前までプレーしていたアビスパ福岡での年棒が1500~2000万円です。

おそらく同等の1500~2000万円前後の年棒で合意したのではないでしょうか。

 

◇◆◇

これまでの森本貴幸さんの年棒推移をみると、20代前半にイタリアでプレーしているときが絶頂期でした。

絶頂期に度重なる怪我に悩まされたことで、出場機会が減り、年棒も右肩下がりの傾向です。

年齢も重ね、20代前半の選手と比べると体力面などでも劣る部分が出てくるので、年棒が下がってくるのは仕方ないのかもしれませんね。

森本貴幸さんはなぜ現在パラグアイなのかも深堀!

現在、パラグアイ1部のスポルティボ・ルケーニョに所属している森本貴幸さん。

なぜ日本の反対にあるパラグアイのクラブチームに移籍したのでしょうか。

考えられる理由は次の2つです。

  • 出場機会がある
  • 日本人選手が在籍していた実績がある

まず、1番の理由が出場機会があるからでしょう。

サッカー選手に限らず、スポーツ選手は試合に出て、結果を残すために日々、努力をされています。

森本貴幸さんも度重なる怪我によって出場機会が減り、出場機会を求めてクラブを転々としています。

スポルティボ・ルケーニョ移籍前のAEPコザニにいたっては、3部リーグの開催すら行われず、3ヶ月間トレーニングも禁止されていました。

サッカーができる環境が一番に考えて、移籍先のクラブを探したんでしょうね。

 

また、スポルティボ・ルケーニョはこれまで3人の日本人サッカー選手が在籍していた実績があります。

在籍していた日本人サッカー選手

  • 武田修宏さん(2000年)
  • 小澤英明さん(2010年)
  • 下地奨さん(2011年)

日本人選手が在籍していた実績から、クラブ側も受け入れる準備が整っていると思われ、移籍を後押ししたのではないでしょうか。

現在、森本貴幸さんは32歳です。

サッカー選手の平均引退年齢は26歳といわれており、森本貴幸さんは平均年齢を超えています。

まだまだ現役にこだわるのは、それほどサッカーが好き、もしくはまだできるということを証明したいと思っているのかもしれませんね。

まとめ

以上、「森本貴幸の年俸推移を調査!なぜ現在パラグアイなのかも深堀!」をまとめました。

森本貴幸さんは15歳のときに年棒800万円でJリーグ公式戦にデビュー。

18歳のときに年棒3000万円でイタリアに渡り、最高年棒は5000万円でしたが、最近では年棒2000万円前後を推移しています。

出場機会を求めてパラグアイに渡ったと思われる森本貴幸さん。

今回の逮捕が、今後のサッカー選手人生にどのような影響がでるのか気になるところですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

内田篤人の白髪の原因はストレス?髪質?苦労人と好感度大!

続きを見る

福原愛の子供の年齢や名前は?かわいくない噂を顔画像で検証!

続きを見る

岩城禎(卓球)の出身高校大学や経歴!wikiプロフや結婚した妻(嫁)も!

続きを見る

西垣匠の高校大学はここ!学生時代はフェンシング日本代表だった!

続きを見る

-人物

© 2019 たびまちブログ.