人物

長崎周成の高校や大学はどこ?放送作家になるために学んだことは?

人気YouTuber・フワちゃんの相棒として話題の長崎周成(ながさき しゅうせい)さん。

長崎周成さんに出会っていなければ、今のフワちゃんはいないのではないかと思えるほど、フワちゃんの人生を大きく変えた人です。

長崎周成さんは放送作家でありながら、自身の会社も経営しています。

20代からメディア業界の第一線で活躍されているとなると、どこの高校や大学を卒業したか気になりますよね!

また、放送作家になるために何を学んだのかも気になるところです。

そこで今回は、「長崎周成の高校や大学はどこ?放送作家になるために学んだことは?」をまとめていきます。

長崎周成さんの学歴

長崎周成さんの出身高校

長崎周成さんの出身高校がどこなのか調べましたが、情報が出ていませんでした。

兵庫県神戸市東灘区出身なので、おそらく神戸市内のどこかの高校に通われてたのではないでしょうか。

ちなみに、進学校に通っていた可能性は低そうです。

なぜなら、長崎周成さんは、中学生の頃からお笑いの世界に携わりたいと思っていました。

実際、高校2年生のときから同級生と漫才をしています。

お笑いの世界に携わりたいと思っている場合、進学校に進もうとはなかなか思いませんよね。

ですので、比較的自由に活動できる高校に通われていたのではないでしょうか。

 

情報が分かり次第、追記しますね。

 

長崎周成さんの出身大学

長崎周成さんの出身大学は、大阪芸術大学です。

大阪芸術大学は、総合芸術大学で専門的な知識や技術を身につけることができます。

長崎周成さんは放送学科を専攻していました。

大阪芸術大学の放送学科では、コミュニケーションスキルに重きをおいて、メディアについて学ぶことができます。

教員陣の声優やアナウンサー、演出家は第一線で活躍されている方なので、実績を残されている方から学ぶことができます。

また、大阪芸術大学では、学校発信のアート情報番組「大阪芸大テレビ」を地上波で放送しています。

授業の一環で実際のテレビ番組の制作にも携わることができるのは、大きな経験ですよね。

机上だけの学びにならないところも、長崎周成さんが大阪芸術大学に進学した決め手なのではないでしょうか。

 

ちなみに、放送学科には、次の4つのコースがあります。

  • 制作コース
  • アナウンスコース
  • 広告コース
  • 声優コース

おそらく、長崎周成さんは制作コースを選択していたのではないかと思います。

 

長崎周成さんが放送作家になるために学んだことは?

長崎周成さんが、人気放送作家になるために学んだことは次の2つではないでしょうか。

  • 出演者側の経験
  • 大阪芸術大学放送学科でのメディア学

実際のところ、放送作家になるためには、絶対に必要な学歴や資格はありません。

放送作家に必要なものは、仕事をもらうためのコネクションとも言われています。

ですが、長崎周成さんは上記2つを学び、経験していたことが人気放送作家に繋がったのではないかと思います。

 

長崎周成さんは、初めから放送作家になりたいと思っていたわけではありませんでした。

先述したように、中学生の頃からお笑いの世界に携わり面白いものを作りたい思われていました。

ですが、出演者・裏方どちらかは決まっていませんでした。

そこで、まずは高校2年生のときに出演者側からやってみようということで漫才コンビを組み、大学時代も別の人とコンビを組んでいます。

 

参考

高校時代は、現在吉本興行所属のお笑いコンビ「ナミダバシ」の太朗さんとコンビを組んでいました。

大学時代は、梶本長之さんとコンビ「カジナガサキ」を組んでいました。

 

結局、メンタル的に芸人は向いていないと思い、芸人の道は諦めましたが、出演者側の経験があることで、放送作家として仕事をする上で出演者側の気持ちにも寄り添えるのではないでしょうか。

 

そして、大阪芸術大学放送学科では、メディアの基礎を学んでいます。

仕事をするうえで、基礎が分かっているとその分、飲み込みも早いですよね。

 

放送作家になるためには、絶対必要な学歴や資格がないながらも、出演者側としての経験やメディアの基礎を学んでいることが、人気放送作家に繋がっているのではないでしょうか。

 

ちなみに、長崎周成さんが放送作家の道を選んだのは、大学卒業後、テレビ制作会社でAD(アシスタントディレクター)として働いているときです。

ADの経験を通して企画を考えるときが1番楽しいと思い、放送作家の道に進むことを決め、3ヶ月でADを辞めています。

お笑いの世界に携わりたいという思いで色々と経験したからこそ、向き不向きが分かり、長崎周成さんにとって天職ともいえる放送作家にたどり着いたんですね。

 

放送作家になると決めてからは、ADを辞める前に放送作家としての名刺を作り、周りのディレクターに配っていたとのことです。

この行動力はすごいですよね!

実績を残されている方って、やはり行動力があるなと実感します。

 

参考

■放送作家の仕事内容■

放送作家の仕事を一言で表現すると、テレビやラジオなどの台本を書く仕事です。

私たちが普段見たり聞いたりしているテレビやラジオは、出演者のそのときの思いつきで番組が進行しているわけではなく、台本が存在します。

台本を作るためには、まずディレクターやプロデューサーたちが会議をして、どのような番組にするかアイディアを出しあい、決まった内容を企画書にまとめます。

そして企画書をもとに、番組全体の構成や出演者のセリフ、ナレーションなどを決めていき、台本が作られています。

その一連の作業をするのが、放送作家です。

 

まとめ

今回は、「長崎周成の高校や大学はどこ?放送作家になるために学んだことは?」をまとめました。

長崎周成の出身高校については情報がありませんでしたが、大学は大阪芸術大学を卒業されています。

また、放送作家になる前には、大学でのメディアを学ぶとともに、芸人として出演者側の経験やADの経験をされています。

最初から放送作家になることを目指していたわけではありませんが、色々と経験することで、幅広い経験を積み、天職に辿り着かれています。

これからどんな面白い番組を作られるのか楽しみですね!

-人物

© 2019 たびまちブログ.