人物

DIVERの大山崇役を演じる中山義紘の経歴は?NHK朝ドラ常連?

ドラマ「DIVER」にて

「大山崇役を演じるのは誰?」

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

大山崇役を演じるのは、俳優の中山義紘さんです。

舞台を中心に活動されている俳優さんなので、もしかすると知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「DIVERの大山崇役を演じる中山義紘の経歴は?NHK朝ドラ常連?」をご紹介します。

中山義紘さんのプロフィール

  • 名前:中山 義紘(なかやま よしひろ)
  • 出身:兵庫県
  • 生年月日:1990年2月23日
  • 血液型:A型
  • 身長:176cm
  • 出身大学:大阪芸術大学
  • 所属事務所:ワタナベエンターテインメント

趣味は、読書やカラオケ、お笑い番組を見ること、ラジオを聴くこと、漫画を読むこと、食べ歩きとのことです。

どちらかといえばインドア派の方のようですね。

休日は、自宅でゆっくりと好きなことをして過ごされていそうです。

一方、特技は、ジャズダンス、柔軟、水泳です。

もしかすると学生時代に水泳をされていたのかもしれませんね。

中山義紘さんの経歴

中山義紘さんのデビューのきっかけ

中山義紘さんのデビューのきっかけは、2012年に開催された「劇団Patch(パッチ)」のオーディションです。

劇団Patchとは、演劇で大阪を元気にしたい!という大きな志のもと、関西を拠点とした様々なエンターテインメントを発信。
関西弁で一生懸命を意味する「必死のパッチ」にその名を由来。

2012年4月、3000名以上の中から厳しいオーディションを通過し関西版 D-BOYS となる劇団Patchを結成!

(出典:劇団パッチ

中山義紘さんは、劇団Patchの第一期メンバーオーディションに参加。

最終選考会にて、表現力豊かな演技力と特技にも挙げているダンスで最多投票数を獲得し、メンバー入りしました。

俳優デビュー前から演技力が認められるのはすごいですよね!

演技力を認められたのは、高校時代からの演技経験が関係しているようです。

中山義紘さんは、宝塚北高校の演技科を卒業されています。

大阪芸術大学でも、おそらく舞台芸術学科で演技について学ばれたのではないでしょうか。

学生時代から俳優を目指し、オーディションで見事劇団メンバー入りしたので、とても嬉しかったでしょうね。

劇団Patch加入半年後の2012年10月には、旗揚げ公演ともなる舞台「OLIVER BOYS」に出演されています。

中山義紘さんの主な出演作品

中山義紘さんの代表的な出演作品をご紹介します。

舞台

劇団Patchのメンバーということもあり、劇団Patch主催の舞台をはじめ、多くの舞台に出演されています。

一部作品をご紹介します。

  • 巌窟少年(2013年3月)
  • 月夜の日日と永遠の街 -和泉式部日記「五月十五日」ヲモトニ-(2013年8月)
  • 破壊ランナー(2014年3月)
  • Patch stage vol.8 浮世戯言歌劇「磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 高尾山地獄修業編」(2016年4月)
  • ミュージカル「にんじん」(2017年8月~9月)
  • Patch × TRUMP series 10th ANNIVERSARY「SPECTER」(2019年3月~4月)

ちなみに、舞台で初めて主演を演じたのは、2013年3月の「月夜の日日と永遠の街 -和泉式部日記「五月十五日」ヲモトニ-」でした。

劇団Patch加入後、1年半弱での主演です。

高い演技力を認められて抜擢されたのではないでしょうか。

最近では、音楽朗読劇「黑世界 〜リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について〜」の「日和の章」に出演されています。

また、2020年年末から2021年1月にかけては、関西テレビと劇団Patchがタッグを組んだ音楽朗読劇「マインド・リマインド~I am…~」にも出演予定ですよ。

テレビ

舞台作品への出演をメインに活動されていますが、テレビドラマへの出演もあります。

こちらも一部作品をご紹介します。

  • NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(2014年2月~3月)
  • NHK連続テレビ小説「あさが来た」(2015年)
  • NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(2017年2月~4月)
  • NHK「アシガール」(2017年9月~12月)
  • テレビ朝日「遺留捜査 第5シリーズ 第7話」(2018年8月)
  • NHK連続テレビ小説「スカーレット」(2020年2月)

お気づきでしょうか?

NHK連続テレビ小説の4作品に出演されています。

ここまで出演されていると、NHK連続テレビ小説の常連ともいえますよね。

ちなみに、初めてNHK連続テレビ小説への出演となった「ごちそうさん」では、諸岡弘士役を演じていました。

当初は、別の役のオーディションを受け落選しましたが、後に諸岡弘士役を与えられたとのことです。

中山義紘さんは兵庫県出身、「ごちそうさん」も関西が舞台なので、作品にかける思いも強かったのではないでしょうか。

実際、役作りのために、髪を丸刈りにして挑まれていました。

映画

これまで映画には3作品出演されています。

  • 恋するミナミ(2014年)
  • ラブラブROUTE21(2014年)
  • 炎〜HOMURA〜(2014年)

「ラブラブROUTE21」では主演を任されていました。

まとめ

今回は、「DIVERの大山崇役を演じる中山義紘の経歴は?NHK朝ドラ常連?」をご紹介しました。

中山義紘さんは、劇団Patchに第一期メンバーとして加入し、舞台を中心に活動されています。

2014年出演の、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」を機に、いくつかのNHKドラマに出演しています。

今回のドラマ「DIVER」をきっかけに、これからドラマへの出演も多くなるのではないでしょうか。

今後の活躍が楽しみですね!

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.