音楽

NEWSアリーナツアー2021の当選倍率は?会場ごとの倍率も調査!

2021年3月から5月にかけてNEWS(ニュース)がアリーナツアー「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」を開催します!

本来、2020年に開催される予定でしたが中止され、1年越しの開催となります。

ライブを待ち望んだファンも多いですよね!

収容人数や収容率を制限しての開催となりますが、チケットの倍率はどのくらいになるのでしょうか。

この記事では、「NEWSアリーナツアー2021の当選倍率は?会場ごとの倍率も調査!」と題して、まとめていこうと思います!

NEWSアリーナツアー2021の当選倍率は?

2021年3月から開催されるNEWSのアリーナツアーの当選倍率は、約7.6倍になると予想されます!

収容人数の制限があるので高くなることは予想していましたが、やはり高いですね(苦笑)

 

当選倍率を予想した経緯をご紹介しますね。

まず、最大総動員数を調べてみました。

公演は全部で21公演あり、開催会場や日時はこちらです。

会場日時
【北海道】
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
3月20日(土・祝)17:00
3月21日(日)12:00/17:30
【神奈川県】
横浜アリーナ
3月25日(木)17:30
3月26日(金)12:00/17:30
【大阪府】
大阪城ホール
3月30日(火)17:30
3月31日(水)12:00/17:30
【宮城県】
セキスイハイムスーパーアリーナ
4月17日(土)17:00
4月18日(日)12:00/17:30
【福井県】
サンドーム福井
4月24日(土)17:00
4月25日(日)12:00/17:30
【福岡県】
マリンメッセ福岡
5月1日(土)17:30
5月2日(日)12:00/17:30
【愛知県】
日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール
5月22日(土)17:00
5月23日(日)12:00/17:30

各会場の通常時の収容人数は、セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城)が約7,000人、その他の会場は1万人~それ以上です。

そのため、公演1回につき、セキスイハイムスーパーアリーナは収容率50%以下(約3,500人)、その他の会場が収容上限の5,000人で開催されると思います。

全ての公演で予想される動員数を合計した、最大総動員数は100,500人です。

 

続いて、応募人数をみていきます!

2021年時点でNEWSのファンクラブ会員数は約382,000人といわれています。

 

抽選申込時、1人が2枚のチケットを申し込んだ場合、

382,000人 × 2 ÷ 100,500 = 7.601・・・

つまり、当選倍率は約7.6倍ということになります。

 

倍率高いですよね!!

当選するか不安になってくる倍率です。

ですが、まだ完全に状況が落ち着いている状況ではないため、参戦を控える決断をしたファンもいますので、予想した倍率よりも低くなる可能性もありそうですね!

追記

2021年3月25日(木)に横浜アリーナで開催されたライブでは、7,500人が動員されたそうです。

当初、動員数は5,000人と予想していましたが、予想よりも多かったですね!

NEWSアリーナツアー2021の会場ごとの倍率も調査!

会場全体での当選倍率は約7.6倍と予想しましたが、会場によっても当選倍率は異なってきます。

そこで日本の人口の割合から、各会場の当選倍率も計算してみました!

さきほどと同様に、1人がチケット2枚を申し込んだ場合の当選倍率がこちらです。

北海道
真駒内セキスイハイムアイスアリーナ:約2倍

東北
セキスイハイムスーパーアリーナ:約5倍

関東
横浜アリーナ:約17.3倍

中部
日本ガイシスポーツプラザ ガイシホールとサンドーム福井を合わせて約4.3倍

関西 ※中国・四国地方含む
大阪城ホール:約13.7倍

九州・沖縄
マリンメッセ福岡:約5.6倍

やはり人口が多い、関東と関西の当選倍率が高いですね。

軽く10倍を超えています・・・

今回のアリーナツアーは中国・四国では開催されないため、関西に含めて計算していますが、福岡のマリンメッセ福岡に参戦する方も多いと思います。

ですので、予想した当選倍率は多少、前後することも考えられますね。

 

また、横浜アリーナや大阪城ホールは平日の開催です。

学生の方は春休み期間中ですが、社会人の方は仕事という方も多いのではないでしょうか。

同じ会場でも夜公演よりも昼公演のほうが当選倍率も少し低そうですね。

まとめ

今回は、「NEWSアリーナツアー2021の当選倍率は?会場ごとの倍率も調査!」をまとめました。

2021年3月から開催されるNEWSのアリーナツアー「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」の当選倍率は、約7.6倍になると予想されます。

1人がチケット2枚を申し込んだ場合の倍率にはなりますが、倍率が高いことは間違いなさそうです。

また、会場ごとの当選倍率も計算したところ、横浜アリーナ、大阪城ホールの当選倍率が10倍超えになりました。

一方、北海道の真駒内セキスイハイムアイスアリーナが約2倍と当選倍率が低く、狙い目かもしれません。

2020年に延期になったライブが1年越しで開催されるので、チケットを入手して参戦したいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-音楽
-, ,

© 2019 たびまちブログ.