TV

日本沈没の地震がタイムリーすぎて怖い!リアルでもスロースリップが起きている!

2021年10月から放送中のTBS日曜劇場「日本沈没」

地震によって日本が沈没していく未曾有の危機に立ち向かっていく姿が描かれているのですが、初回放送の数日前に関東で地震が起きたため、

タイムリーすぎる!

という声も多くあります。

この記事では、「日本沈没の地震がタイムリーすぎて怖い!リアルでもスロースリップが起きている!」と題して、現実の地震と比較してまとめていきます。

日本沈没の地震がタイムリーすぎて怖い!

ドラマ「日本沈没」が2021年10月10日から放送されています。

初回放送を見た多くの方から、次のような意見が多くありました!

このように、日本沈没を見て「怖い」という感想を抱いた視聴者が多くいました。

日本沈没の地震がタイムリーすぎて怖い2つの理由

日本沈没の地震がタイムリーすぎて怖いと言われる理由は2つです!

  • 近い将来、地震発生が予想されている
  • 放送直前に地震があったばかり

 

理由①近い将来、地震発生が予想されている

日本は4つのプレートのうえに乗っていることから、昔から地震に見舞われてきた国

日本が乗っている4つのプレート

  • 北米プレート
  • ユーラシアプレート
  • 太平洋プレート
  • フィリピン海プレート

周期的に地震が発生していることから、近い将来、

  • 首都直下型地震
  • 南海トラフ地震

などの大きな地震が起きると予想されています。

最近では、地震が起きると南海トラフ地震がトレンドに入ってくるなど多くの人が関心を持っており、いつ地震がきてもおかしくない状況のため、日本沈没も他人事とは思えません。

 

理由②放送直前に地震があったばかり

日本沈没の初回放送の3日前、10月7日22時41分に千葉県北西部を震源とする最大震度5強の地震が起きたことも怖さを増長しています。

10月7日に発生した地震によって、首都圏でも電車が止まるなど大きな影響がありました。

日本沈没でも東京を舞台に描かれているので、どうしても重なってみえてしまいます。

見比べやすいように並べた画像がこちら。

日本沈没 地震

左側が10月7日に実際に発生した地震、

右側が日本沈没のドラマ内で、関東沈没の前兆になる地震と言われて日之島が沈没するきっかけともなった地震です。

震源地は違いますが、実際の地震と同じ震度が設定されている場所もあり、連想されずにはいられません。

また、地震発生時間が、

現実:22時41分頃

ドラマ:11時52分頃

と、それぞれの数字が1違いというのも、不気味さがありますね・・・

 

日本沈没は2021年春には撮影を終了しています。

そのため、実際の地震を受けてストーリーが作られたわけではありませんので、なんだか予言にも思えてしまいます。

リアルでもスロースリップが起きている!

日本沈没のドラマ内では、天海(小栗旬さん)、田所(香川照之さん)らがスロースリップを確認しに海底調査をするシーンが描かれています。

スロースリップはドラマでの設定かと思いきや、実際に起こりうることなのです。

参考

スロースリップとは、スロー地震とも呼ばれる現象です。

プレート境界の断層がゆっくり動くため、通常の地震のような揺れは発生しません。

2011年に発生した東日本大震災のときは、本震が起きる約2ヵ月前から震源近くでスロースリップが発生していたことが確認されています。

また、千葉県東部や周辺の沖合でもスロースリップが確認されており、スロースリップが巨大地震に与える影響が調査されている最中です。

ドラマでは、天海や田所がスロースリップに気づきながらも隠蔽されましたが、日之島が沈没したことをきっかけに関東沈没が危惧されるようになりました。

本当にスロースリップが巨大地震に影響を与えるのであれば、現実世界では隠蔽せずに、ありのままの事実を知りたいものですね・・・

参考文献
NHK
地震本部

 

日本沈没の地震は巨大地震の予言?

事前に撮影されたドラマでありながらタイムリーなタイミングで初回放送のあった日本沈没。

いつ巨大地震がきてもおかしくない状況ですので、いつ日本沈没が放送されてもタイムリーと言われそうですが、今回は3日前の地震によってよりタイムリー感が増しました。

地震を完全に予測することは難しいですが、ドラマ「日本沈没」をきっかけに地震に対する備えをしておきたいですね。

→日本沈没のナレーションが下手?ニュースみたいな違和感の正体はキャスティングミス?

-TV
-

© 2019 たびまちブログ.