人物

野田クリスタルの家族構成は?公務員一家で天才なのは親譲り?

2020年の年末に開催された「M-1グランプリ」で見事優勝したマヂカルラブリー。

マヂカルラブリーのボケ担当・野田クリスタルさんは、イケメン筋肉がすごいうえに、独学でプログラミングを学び、ゲームをつくってしまうことから天才なのでは?と注目を浴びています。

たしかにお笑い芸人でありながら、ゲームをつくってしまうなんて多才ですよね!

どんな家庭環境で育ったのか気になります。

そこで今回は、「野田クリスタルの家族構成は?公務員一家で天才なのは親譲り?」と題して、まとめていこうと思います!

野田クリスタルさんの家族構成は?

野田クリスタルさんの家族構成は、お父様、お母様、2人のお兄さんの5人家族です。

つまり、野田クリスタルさんは、男三兄弟の末っ子ということになります。

お母様は芸人として頑張る野田クリスタルさんをものすごく心配していたようです。

末っ子って可愛がられることが多く、しかも大変であることが容易に想像できる芸人の道を進んでいるのでなおさらですよね。

野田クリスタルさんは、郵便局で配達のアルバイトをされていたこともあり、お母様は郵便局員になって欲しかったみたいですよ。

結果的には、「M-1グランプリ」で優勝することができ、お母様も安心されているでしょうね。

とはいえ、お母様は野田クリスタルの芸を面白いと思ったことがないようです(笑)

そのことを一番上のお兄さんにぶっちゃけると、お兄さんは野田クリスタルさんの芸は面白いと言ってお母様を怒ったんだとか。

弟思いのお兄さんですね!

その話を聞いた野田クリスタルさんは涙を流していました。

お母様はもちろんお父様やお兄さん達にも心配をかけてきたからこそ、こみ上げるものがあったんでしょうね。

 

野田クリスタルさんは公務員一家

お母様が野田クリスタルさんに郵便局員になって欲しかったのには、野田家が公務員一家だったことが関係しています。

野田家は、お父様、お兄さんが公務員なんだそう。

しかもお兄さんはものすごく頭が良かったんですって。

野田クリスタルさんにはお兄さんが二人いるので、両方とも公務員なのかどちらか一方なのかは分かりませんでしたが、お兄さんが頭が良かったらどうしても比べられてしまいますよね。。

公務員一家のため、お母様も公務員などの堅実な仕事をして欲しかったそうです。

医者の子供は医者、議員の子供は議員になるレールが暗黙の了解で敷かれるように、親が公務員だから子供も公務員って話もよく聞きます。

ですが、野田クリスタルさんは15歳から芸人の道に進んでいたので、高校進学のときはもしかしたらモメたかもしれませんね。

 

野田クリスタルさんが天才なのは親譲り?

お父様とお兄様が公務員の家庭で育った野田クリスタルさん。

お兄様が頭がすごい良いと話していますが、野田クリスタルさんも独学でプログラミングを学び、ゲームをつくってしまうことから間違いなく頭が良いといえます。

野田クリスタルさんが、天才といわれるのも親譲りなんでしょうね。

野田クリスタルさんの学歴は?

天才といわれると、気になるのが野田クリスタルさん学歴ですよね。

野田クリスタルさんの出身高校は、神奈川県立六ツ川高等学校です。

2008年5月に六ッ川高校は併合・改編され、現在は神奈川県立横浜国際高等学校になっています。

横浜国際高校の偏差値は64ですが、野田クリスタルさんが通っていた時代の六ッ川高校の偏差値は46とものすごく高いわけではありません。

意外ですよね!

ですが、六ッ川高校の特徴は、普通科の中に情報科学コースがあることです。

理工系の大学に進学する生徒も多く、文部科学省から「IT人材育成ハイスクール」に指定されていた高校でもありました。

ゲームをつくるために必要なプログラミング言語自体は独学で勉強されていますが、高校時代にプログラミングの基礎を学んでいたということなんですね!

全くのゼロスタートではないにしろ、プログラミングを独学で学び始めたのは高校を卒業してから数年経ってからです。

やはり独学でゲームをつくれるようになるのはすごいですね!

参考

野田クリスタルさんが独学で学び、ゲームを作成しているプログラミング言語は「HSP(Hot Soup Processor)」です。

HSPは、プログラミング初心者でも頑張ればゲームをつくることができる言語といわれています。

 

まとめ

今回は、「野田クリスタルの家族構成は?公務員一家で天才なのは親譲り?」をまとめました。

野田クリスタルさんは、お父様、お母様、2人のお兄さんの5人家族です。

お父様、お兄さんが公務員という環境で育ちました。

野田クリスタルさんはお母様に反対されながらも芸人という道に進みましたが、独学でプログラミング言語を学びゲームをつくる頭の良さがあります。

頭の良さを活かしてどんなネタやゲームで楽しませてくれるのか楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.