東京オリンピック

オリンピック中止は過去5回中、2回が日本!延期にもなって相性悪すぎ!

この記事では、過去に中止となったオリンピックについて、まとめてご紹介します。

2020年に開催予定だった東京2020五輪が、オリンピック史上初となる延期をして2021年7月~8月に開催予定です。

開催されなければ中止となる可能性もあり、その場合、史上6回目の中止となります。

これまで日本は2回中止になったことがありますが、どのような経緯で中止となったのでしょうか?

そこで、「オリンピック中止は過去5回中2回が日本!延期にもなって相性悪すぎ!」と題して、まとめてご紹介します。

オリンピック中止は過去5回!内2回は日本!

これまで、オリンピックは夏冬合わせて、過去に5回中止になっています。

  • 1916年 第6回ベルリン大会/ドイツ
  • 1940年 第12回東京大会/日本
  • 1940年 札幌大会(冬季)/日本
  • 1944年 第13回ロンドン大会/イギリス
  • 1944年 コルチナ・ダンペッツオ大会(冬季)/イタリア

※1992年まで冬季五輪は夏期五輪と同じ年に開催していました。

このように、日本は既に2回、過去に中止になったことがあります。

各大会が中止となった背景をご紹介します。

1916年 第6回ベルリン大会/ドイツ

オリンピック史上、最初に中止となったのは、1916年夏にドイツで開催予定だった第6回ベルリン大会でした。

中止となった理由は、1914年7月から1918年11月まで続いた第一次世界大戦です。

第一次世界大戦は、欧州大戦という表現もあるように、ヨーロッパを中心にして戦火に包みました。

 

1912年7月、1916年オリンピックの開催地にドイツが選ばれると、ドイツは大規模スタジアムの建設など準備を急ピッチで進めてきました。

しかし、1914年に第一次世界大戦が勃発し、ドイツも巻き込まれることに。

当時は、第一次世界大戦が長期化すると予想できなかったため、第一次世界大戦勃発後も組織委員会は維持されていました。

ですが、オリンピック開催までに第一次世界大戦は収束せず、1916年6月に第6回ベルリン大会の中止が決定となりました。

 

第6回ベルリン大会は、テニスや競泳などの種目に女性アスリートの参加が初めて認められた、記念すべき大会です。

そのような大会が中止となったので、悔しい思いをした人は数多くいたでしょう。

 

また、中止となりましたが、近代五輪の父ともいえるピエール・ド・クーベルタン男爵が、回次を残すように命じたため、「第6回」と回次が残っています。

参考

ピエール・ド・クーベルタン男爵はフランスの教育者で、古代オリンピックに感銘を受けたことをきっかけに、近代オリンピックを提唱し、基礎を築きました。

五輪のマークの考案者でもあります。

 

1940年 第12回東京大会/日本

続いて、中止となったのは、1940年夏に日本で開催予定だった第12回東京大会です。

1936年にアジアで初のオリンピック開催として、東京が開催地に決まりましたが、1937年に日中戦争が勃発

  • 欧米各国からのオリンピック開催を断念するように求める圧力
  • 物資や兵士をとられることに対する軍部からの反対

などがあり、1938年に7月に開催権を返上

日本は第12回東京大会を、1923年の関東大震災からの復興を示す「復興五輪」と位置付けていました。

また、1940年は神武天皇即位が即位してから紀元2600年目にあたることからも、記念行事の一環としたい思いもありましたが、叶いませんでした。

 

日本が開催権を返上した後、開催地を巡って東京と最後まで競っていた、ヘルシンキ(フィンランド)が代替地に選ばれています。

ですが、第二次世界大戦の序章ともなる、ソ連によるフィンランド侵攻が1939年11月から始まったため、ヘルシンキ大会も中止になりました。

 

1940年 札幌大会(冬季)/日本

第12回東京大会と合わせて、冬季オリンピックの札幌開催を招致していた日本。

見事に招致に成功し、1940年に第5回冬季オリンピックを札幌で開催する予定でした。

ですが、東京大会の開催権を返上したことで、札幌大会も中止が決定

 

札幌の代わりに、1928年に冬季オリンピックを開催したサンモリッツ(スイス)が代替地に選ばれましたが、サンモリッツがIOCの許可なく、スキー競技を種目に組み込もうとしました。

そのため、IOCは前回冬季大会の開催地であるガルミッシュ・パルテンキルヘン(ドイツ)を開催地に選んでいます。

ですが、結局、この年の冬季大会も第二次世界大戦の影響で、オリンピック史上3回目の中止となりました。

参考

夏季オリンピックは中止になった場合でも回次がつきますが、冬季オリンピックは回次がつきません。

 

1944年 第13回ロンドン大会/イギリス

4回目の中止となったのは、イギリスで開催予定だった、第13回ロンドン大会です。

1939年に7月にロンドンで開催されることが決定しましたが、その数ヶ月後にイギリス・フランスがドイツに宣戦布告。

第二次世界大戦がヨーロッパをはじめとする全世界に広がり、結局、第13回ロンドン大会は中止となりました。

 

1944年 コルチナ・ダンペッツオ大会(冬季)/イタリア

第13回ロンドン大会と同じく、コルチナ・ダンペッツオ大会も第二次世界大戦の影響のため、5回目の中止となりました。

参考

コルチナ・ダンペッツオはイタリア北部にある町で、登山やウィンタースポーツが盛んなリゾート地です。

1944年に冬季オリンピックを開催することはできませんでしたが、1956年の第7回大会がコルチナ・ダンペッツオで開催されました。

2026年にはミラノと共催で再び冬季オリンピックが開催される予定です。

 

過去5回の中止の原因は戦争

ご紹介したように、夏季・冬季合わせて5回中止になった過去がありますが、いずれも戦争が原因でした。

オリンピックは「平和の祭典」といわれているにも関わらず、5回とも戦争が原因とは皮肉ですね。。

オリンピック延期は史上初

過去に5回、中止となったことのあるオリンピックですが、今回の東京五輪のように延期となるのは史上初です。

「中止」ではなく「延期」となったのは、様々な方面から中止よりも延期を要望する声があったことが大きかったのでしょう。

一方、2022年には北京冬季五輪をはじめ、FIFAワールドカップや世界陸上などが開催予定です。

そのため、IOCは「再延期はない」という見解を示しています。

 

オリンピックと日本の相性が悪すぎ!

これまで、中止2回、延期1回を経験している日本

過去の大会を振り返っても、ここまでオリンピック開催に恵まれないのは、日本だけともいえます。

ここで中止となると、中止回数は3回に。

相性が悪いとしか言えないですね・・・

開催されるにしても、安心・安全が確保された中で開催されることを祈ります。

まとめ

以上、「オリンピック中止は過去5回中2回が日本!延期にもなって相性悪すぎ!」をまとめました。

  • オリンピックは過去に5回、中止になったことがある
  • 中止5回中、2回は日本
  • 延期となったのは日本が史上初

過去5回の中止は、どれも戦争が原因でした。

2020年春に延期を決定したときは、2021年には状況が落ち着いていることが期待されましたが、残念ながら状況は変わっていません。

オリンピックに向けて頑張っているアスリートの気持ちを考えると開催されて欲しいとも思いますが、安心安全が最優先です。

開催するにしても、国民が理解できる形での開催してほしいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

東京オリンピック|不参加はこの国!今後も参加しない国は増える?

続きを見る

東京オリンピック選手村の食事メニューがひどい?ウーバーイーツ容認?

続きを見る

東京オリンピックの衣装がダサい!反対・変更を求めると話題!

続きを見る

東京2020オリンピック公式HP

-東京オリンピック
-

© 2019 たびまちブログ.