人物

鬼束ちひろの生い立ち|ヤバイ状態なのは両親の離婚や優秀だった子供時代の反動?

シンガーソングライターとして、「月光」などのヒット曲を世に送り出してきた鬼束ちひろさんが、2021年11月28日に救急車を蹴ったとして逮捕されました。

デビュー当初は清純派なイメージが強かったですが、パニック障害が発症したり、彼氏に暴行される事件が起きたりなど、最近ではヤバイと言われるように。

なぜガラッと変貌したのか、鬼束ちひろさんの生い立ちを深掘りしていきます。

鬼束ちひろの現在がヤバイ?

2000年2月、19歳のときに歌手デビューした鬼束ちひろさん。

デビュー半年後の2000年8月にリリースした「月光」が大ヒットし、一躍人気歌手に上りつめた頃は清純派なイメージでした。

鬼束ちひろ

ですが、ハードスケジュールによって心身に不調をきたし、緊急入院のため2002年春のコンサートツアーを2公演キャンセル。

2003年には声帯結節を発症したため、活動を一時停止。

休養と事務所移籍を繰り返す中、2008年8月には当時交際していた彼氏から全治1ヶ月の暴力を受けたと報道され、世間を驚かせました。

その後、変貌した姿でテレビに現れ、再び世間を驚かすことに。

鬼束ちひろ

そして、2021年11月28日、救急車を蹴ったとして逮捕され、またもや世間を驚かしています。

 

デビュー当時は衣装に不満を持っていた

先述したように、デビューした頃の鬼束ちひろさんといえば清楚なイメージ。

当時、衣装はスタイリストが用意していましたが、超不満だったとのこと。

そのときから今のような派手な服が好きだったのかは確認できませんが、着たくもない服を着て人前に出るのは少なからずストレスだったのでしょう。

だから、今はその反動でより派手な服を好むようになったのかもしれません。

むしろ、デビュー当時の姿は偽りで、今の姿がありのままの姿という可能性もあります。

 

鬼束ちひろの生い立ち|両親が離婚

宮崎県南郷町で生まれ育った鬼束ちひろさん。

家族構成

鬼束ちひろさんは、父親、母親、弟、妹の5人家族です。

南郷町は漁業が盛んな町ということもあって、お父さんは漁師をしており、洋楽が好きでした。

お母さんは民謡の師範代をしており、鬼束ちひろさんの音楽の才能は両親譲りといえるでしょう。

実際、鬼束ちひろさんは漁師の家系であることを真っ直ぐで不純物のない歌詞を書く理由として答えています。

両親は鬼束ちひろさんが幼い頃に離婚

弟、妹と一緒に母親に引き取られて、母親の実家で暮らしました。

家族の絆が強い一方、ケンカや衝突が日常茶飯事という家庭で育っています。

必ずしも育った家庭環境が人格に影響を与えるわけではありませんが、子供の頃からケンカや衝突が身近にあったのでしょう。

 

鬼束ちひろの生い立ち|子供時代は優秀だった

子供時代の鬼束ちひろさんは優秀そのものでした。

南郷小学校、南郷中学校に通っていた義務教育時代の通知表は、ほぼオール5

中学校のときには、全国共通模擬試験の英語科目で全国1位になったこともありました。

中学校卒業後は、日南高校に進学。

高校時代も成績優秀でしたが大学には進学せず、高校卒業とともに上京し、歌手になる道を歩んでいます。

 

また、学業だけではなくスポーツもできる学生でした。

小学2年生から陸上クラブに在籍し、陸上を始めた鬼束ちひろさんは中学時代も陸上部に在籍。

短距離走を専門にしていました。

まさに文武両道の学生時代だったといえるでしょう。

 

一方、小さい頃、生きている金魚の目玉を食べたことがあるというエピソードも披露しています。

優秀で文武両道な反面、闇の部分も抱えていた可能性がありそうです。

 

小学2年生から音楽に関わり始める

鬼束ちひろさんが音楽に関わり始めたのは小学2年生のとき

友達に誘われたことをきっかけに、エレクトーンを始めました。

小学4年生のときには詩を書き始めています。

中学生になるとお母さんからカーペンターズを勧められて聴いたことをきっかけに洋楽に興味を持つように。

それ以降、外国人女性シンガーソングライターの楽曲を中心に聴くようになりました。

中学2年生のとき、アラニス・モリセットの世界観に影響を受け、今の作詞スタイルを確立しました。

小学2年生から始めたエレクトーンは中学3年生まで習っており、小学~中学時代は学業と部活動、音楽と忙しい毎日を送っていたのではないでしょうか。

 

そして、高校2年生のときにジュエルのアルバム「心のかけら」に衝撃を受け、シンガーソングライターになることを決意

初めての楽曲「call」を作りました

高校3年生の春にはVirgin TOKYO主催のオーディション「Virgin ARTIST AUDITION」を受けて、グランプリを獲得。

1999年3月、高校卒業とともに上京し作曲活動を行い、卒業後1年足らずの2000年2月に「シャイン」デビューしました。

オーディションでは通常1人1曲しか歌えないところ、鬼束ちひろさんだけ2曲歌わせてもらえるように事前交渉し、

  • ジュエル「Who Will Save Your Soul」
  • 自作曲「call」

をキーボード弾き語りで披露しています。

2曲歌うことを許した時点で、並々ならぬ才能を審査員は感じ取っていたのかもしれません。

 

鬼束ちひろのトラブル

学業の成績が優秀なうえに、音楽の才能も持ちわせている鬼束ちひろさんでしたが、デビュー後は波瀾万丈でした。

 

デビュー2年後にパニック障害に

デビュー半年で「月光」が大ヒットし、一気に注目を集めた鬼束ちひろさん。

デビューから1年2ヶ月後にはライブツアーを開催するなど、歌手として順調に歩んでいました。

ですが、2002年3月からライブツアー「CHIHIRO ONITSUKA 'LIVE VIBE 2002'」を開始したところ、観客の顔が悪魔に見えるという状態に。

マイクを持つ手が震える中、なんとかライブは終えましたが、パニック障害であることが発覚。

4月には急性腸炎になり、2公演を延期しています。

「月光」で爆発的な売れ方をしたので、心身ともにキャパを超えていたのでしょう。

 

2003年に休業後、事務所を転々と

活動を再開した鬼束ちひろさんですが、2003年9月には声帯結節の手術に伴い、年内の活動を休止することを発表。

その後、2004年4月にMELODY STAR RECORDSとのマネジメント契約が終了してから、事務所やレコード会社を転々とすることになります。

所属事務所

  • デビュー時~2004年:MELODY STAR RECORDS
  • 2004年~2005年:Sony Music Artists
  • 2007年~2009年:烏龍舎
  • 2007年~:個人事務所「NAPOLEON RECORDS」立ち上げ

所属レコード会社

  • デビュー時~2004年:Virgin TOKYO/東芝EMI
  • 2004年~2010年:ユニバーサルミュージック
    (レーベルは傘下のA&M RECORDSに移籍)
  • 2011年~2013年:フォーライフミュージックエンタテイメント
  • 2013年~2016年:NAPOLEON RECORDS
  • 2016年~:ビクターエンタテインメント

短期間でこれほどまで転々とするとは、事務所やレーベルと折り合いが悪かったのでしょう。

休養から復帰後のことですので、鬼束ちひろさんも休養前とは精神状態も少し違っていたのかもしれません。

 

2010年に彼氏から暴力を受ける

事務所を転々とする中、2010年8月には同棲していた男性から全治1ヶ月の暴行を受け、男性が逮捕されたというニュースが入ってきました。

裁判の結果、男性は懲役2年6ヶ月が言い渡されましたが、日頃から鬼束ちひろさんに対する不満が爆発して暴行にいたったとのこと。

鬼束ちひろさんが毎日睡眠薬を飲んでいることも明らかになり、世間を驚かせました。

 

2021年に救急車を蹴って逮捕

そして、2021年11月28日、救急車を蹴ったとして逮捕されたとの報道がありました。

通行人に嫌みを言われたことでパニックになり、蹴ってしまったということです。

友人が体調を崩して救急車を呼んでいるので、嫌みを言われる前からパニックにもなっていたでしょう。

そのうえでの嫌みですので、いつもと精神状態が違っていたと思われます。

パニックによって足が出てしまうのは、ケンカや衝突が絶えなかった家庭で育ったことが、多少なり関係しているのかもしれません。

→片瀬那奈の現在の仕事は?女優が絶望的で自叙伝や写真集を出版?目撃情報も!

-人物

© 2019 たびまちブログ.