人物

マッチングアプリのおとうふさんwiki風プロフィール!元バンドマン?

2020年10月20日の「マツコの知らない世界」では、「マツコの知らないマッチングアプリビジネスの世界」をテーマに放送されます。

マッチングアプリで300人に会ったおとうふさんという方がゲストで登場するのですが、なんとおとうふさんは、マッチングアプリのプロフィール添削のプロなんです!

なぜマッチングアプリのプロフィール添削のプロになったのか気になりますよね。

そこで今回は、「マッチングアプリのおとうふさんwiki風プロフィール!元バンドマン?」と題して、おとうふさんのプロフィールをまとめていきます。

おとうふさんのプロフィール

  • 名前:おとうふ
  • 出身地:群馬県
  • 居住地:東京都
  • 生年月日:1989年2月24日
  • 資格:教員免許(中学・高校英語)、日本心理協会認定カウンセラー

残念ながら本名は分かりませんでしたが、「おとうふ」という名前は、お豆腐のようなメンタルだったことが由来とのことです。

おとうふさんは、日本心理協会認定のカウンセラー資格をお持ちです。

また、お豆腐のようなメンタル“だった”と過去形の言い方をされています。

おそらく、今は克服しているということなのでしょうね。

どのように克服されたのか、個人的にかなり気になります!

おとうふさんの経歴

大学時代にドラムを始め、ガールズバンド「コイノオトシゴ」に所属し活動

2013年10月、「コイノオトシゴ」が活動休止

しばらくはサポートミュージシャンとして活動

2014年、音楽を離れて、実家に戻る

2015年、中学校の英語教師として就職

2016年2月、婚活を始める

2019年6月、ココナラで「モテる方法・アドバイス」カテゴリーで第1位に

おとうふさんはバンドマン時代

今の可愛らしい印象からは想像できませんが、おとうふさんは元バンドマンでした。

大学時代にドラムを始めて、2011年後半からはガールズバンド「コイノオトシゴ」を結成し、活動されていました。

コイノオトシゴでの経験が、おとうふさんがマッチングアプリのプロフィール添削のプロとなる原点のようです。

おとうふさんは他のメンバーと比べて、差し入れが少なかったり、写真が売れ残ったりすることが多く、人気の無さを感じ、ライブをするたびに凹んでいたそうです。

バンドやアイドルなど、人気商売の大変さですよね。

人気がないと認められていない、否定されていると思ってしまいます。

おとうふさん自身も、この頃にモテないことへのコンプレックスが作られたのではないかと振り返っています。

おとうふさんの名前の由来、「お豆腐のようなメンタル」はまさにこの時期のことだったのかもしれませんね。

 

コイノオトシゴが2013年10月に活動休止した後は、新しいバンドを探しながら、他のバンドのサポートミュージシャンとして仕事をされていました。

周りがメジャーデビューしていく中で、結果が伴わないことから、好きなはずの音楽が苦痛になり、2014年25歳のときに一旦音楽から離れて実家に戻られています。

ニート・英語教師時代

音楽を離れた後は、しばらくは実家でゆっくりと過ごされました。

その後、生きづらさを感じている子供の力になりたいと思い、26歳のとき中学校の英語教師として働き始めています。

バンドマンとして活動されていたおとうふさんにとっては、初めての就職です。

しかも、大学卒業して約4年経ってからの教師なので、最初はとても緊張したでしょうね。

 

これまでは、結婚を意識したことはなかったようですが、就職を機に結婚を意識し始めました。

27歳の誕生日のとき、当時付き合っていた方とは将来を考えられず別れを決意し、婚活を始めています。

友達の紹介や、合コン、結婚相談所など色々な方法を試したそうです。

中でもマッチングアプリをメインに活動されていたことが、マッチングアプリのプロフィール添削のプロに繋がっています。

ちなみに、2018年頃は全国を飛び回って小学生にプログラミングを教える仕事をされていたようです。

ですので、英語教師は長くはされていなかった様子です。

マッチングアプリのプロフィール添削プロへの道のり

おとうふさんは、ご自身のことをお世辞にも見た目がいいとは言えないと話しています。

Twitterには、「マッチングアプリの真実」として、次のような投稿をされています。

たしかに、本当に同一人物なのか疑うぐらい違いますね(苦笑)

マッチングアプリは、まずはいかに「いいね」がもらえるかが重要です。

そのため、メイクの研究やダイエット、プロフィールの研究をされました。

その結果、マッチングアプリのPairs(ペアーズ)では、2,000以上のいいねを獲得されたようです。

都道府県別1位にもなったことがあるようなので、すごいですよね!

住んでいる場所にもよりますが、Pairsを利用されている女性の全国平均いいね数は110程のようです。

それを考えると、おとうふさんが獲得された2,000いいねの数の多さが分かります。

プロフィールは研究に研究を重ねたとのことなので、マッチングアプリのプロフィール添削プロと呼ばれるのも納得です!

 

おとうふさんがココナラでマッチングアプリのプロフィール添削を始めたきっかけの一つには、

その当時のお仕事が激務な割にお給料が少なかったことから、少しでも余裕が欲しいという思いもあったようです。

ですが、その根本には、なかなかマッチングできずに悩んでいる人の手助けをしたいという思いがあったのではないでしょうか。

実際、ココナラのプロフィール欄には、ただ添削するだけでなく、依頼者が自身の良さを再発見できるきっかけにしたいと書かれています。

同じように悩んでいる人を勇気づけることがおとうふさんの夢なんですね。



おとうふさんの現在の活動

おとうふさんさんの主な活動は、マッチングアプリのプロフィール添削と作成です。

ですが、その他にも婚活と関連した活動だと、Photojoyとのコラボもされています。

Photojoyは、恋活や婚活のプロフィール写真に特化して出張撮影を行うサービスです。

プロフィール写真だけでなく、プロフィール添削のサービスもプラスしたら、最強のプロフィールになりそうですね(笑)

おとうふさん自身は、現在、婚活らしい婚活はせず、楽しく生きることをモットーにされています。

婚活の良い面も悪い面も体験したからこそ、その境地に達したんでしょうね。

そんなおとうふさん史上最高の恋愛本が、「恋愛自己肯定力LESSON」という本のようです。

おとうふさんを虜にした本の内容が気になります(笑)

また、2014年に音楽からは一旦離れていましたが、「Drs.綾崎ハルカ」として、ときどきドラムなどの音楽活動もされているようですよ。

おとうふさんは、今が一番幸せに感じているとのことです。

過去には辛い思いもされましたが、今、好きなこと、得意なことを仕事にされているのは、努力をされてきたからこそなんですね。

まとめ

今回は、「マッチングアプリのおとうふさんwiki風プロフィール!元バンドマン?」をご紹介しました。

おとうふさんは、元バンドマンでした。

バンドマン時代は結婚のことは一切考えていませんでしたが、就職を機に婚活を始めました。

マッチングアプリで多くのいいねを獲得するために、研究を重ねた結果、マッチングアプリのプロフィール添削プロと呼ばれています。

「マツコの知らない世界」放送を機に、おとうふさんへの注目・人気が高まりそうですね!

-人物

© 2019 たびまちブログ.