ポルトガル

ポルトガル旅行・観光に必要な日数は?計画中の方は必見!!

ポルトガル旅行を計画中、

「何日あればポルトガル旅行を満喫できるのかな?」

「リスボンの観光は何日間あればいい?」

このような疑問が浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、「ポルトガル旅行で観光に必要な日数」をご紹介します。

ポルトガルへの行き方

残念ながら日本からポルトガルへの直行便はありません。

そのため、どこかの都市を乗り継いで行くことになります。

乗り継ぐ都市はたくさんありますが、大きく2つの地域に分けることができます。

中東

  • ドバイ(エミレーツ航空)
  • ドーハ(カタール航空)
  • イスタンブール(ターキッシュエアラインズ) など
ヨーロッパ

  • アムステルダム(KLMオランダ航空)
  • フランス(エールフランス)
  • ワルシャワ(LOTポーランド航空) など

(※それぞれ()内は利用する航空会社を記載)

実は、どこの都市を乗り継いで行くか(どの航空会社を利用するか)もポルトガル旅行を計画するうえで重要なんですよ。

乗り継ぐ都市は利用する航空会社によって変わります。

往復同じ航空会社を利用することもあれば、行きと帰りは別々の航空会社を利用するなど、航空会社の組み合わせは何通りもあります。

ですが、シンプルに往復同じ航空会社を利用した場合で考えて、この後の「旅行日数」のところで詳しく説明していきますね。

旅行日数

まずは、旅行日数別に現地でどのように過ごすことができるかをご説明します。

4日間

「4日間でポルトガルに行くことができるの?」

と驚きと疑いの声が聞こえてきそうな日数ですね。

個人で航空券を手配すれば4日間でも行くことができますが、正直おすすめしません。

なぜなら、到着した翌日には帰国便に乗る必要があるからです。

現地でゆっくりできないので、じっくりと観光する余裕もありません。

5日間

パッケージツアーで取り扱われる最短の日数が5日間です。

少なくとも現地で丸一日観光できる余裕はあります。

ですが、現地ではいくつもの都市を巡る余裕はないので、1都市での滞在が基本です。

ちなみに、乗り継いで行く都市によって、2泊5日もしくは3泊5日と現地での宿泊数が変わってきます。

  • 中東で乗り継いだ場合は、2泊5日
  • ヨーロッパで乗り継いだ場合は、3泊5日

乗り継ぐ都市によって現地での宿泊数が違う理由には、航空会社によって日本を出発する時間が違うことが関係しています。

エミレーツ航空やカタール航空などを利用して中東で乗り継ぐ場合、多くが22~23時台に日本を出発します。

一方、KLMオランダ航空やエールフランスなどを利用してヨーロッパで乗り継ぐ場合は、午前中に日本を出発することが多いです。

そのため、同じ日に出発してもヨーロッパ系の航空会社を利用したほうが、出発時間が早い分、現地での滞在時間が多くなります。

※あくまで一般的にですので、利用する便によっては乗り継ぎ時間の関係などで当てはまらないこともあります。

ちなみに、航空券の値段は、ヨーロッパ系の航空会社よりも中東系の航空会社のほうが安い傾向にあります。

こだわりたい条件に合わせて、航空会社を選んでくださいね。

6日間

利用する航空会社によって、3泊6日または4泊6日となります。

3~4泊できると現地でゆっくり観光することもできますよ。

ポルトガルの面積は、日本の約4分の1といわれています。

南北に長く、北から南まで約600kmですので、都市間の移動がしやすいです。

リスボンやポルトなどの1都市に滞在して、日帰りで近郊の街を訪れる余裕もあります。

4泊6日なら、2都市に滞在する余裕も出てきます。

7日間

利用する航空会社によって、4泊7日または5泊7日となります。

1都市滞在もいいですが、2都市滞在がオススメです。

パッケージツアーでもリスボンとポルトの2都市に滞在するプランが多くあります。

個人手配の場合、少し駆け足にはなりますが、3都市に滞在することもできますよ。

8日間以上

現地に5泊以上できるので、2都市以上を周遊する余裕があります。

また、乗り継ぎする都市での観光を日程に組み込んでも、十分ポルトガルでの観光時間を確保することができます。

主要都市の観光に必要な日数

リスボン

リスボン中心部なら、丸二日あれば主要な観光スポットを巡ることができます。

リスボンの西側にあるユーラシア大陸最西端のロカ岬や世界遺産のシントラを訪れる場合は、丸一日かかります。

リスボン市内中心部とロカ岬なども楽しみたいなら、丸三日滞在するといいですよ。

リスボン市内中心部とロカ岬周辺の観光スポットは以下の記事でご紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

また、リスボンを拠点にして、以下の近郊の街を訪れるのもオススメです。

片道1~2時間程で訪れることができますよ。

  • オビドス(真っ白な壁の家が立ち並ぶ城壁に囲まれた村)
  • ナザレ(ポルトガルで人気のビーチリゾート地)
  • エヴォラ(世界遺産に登録されている歴史地区)

ポルト

ポルト中心部なら、一日あれば一通りの観光スポットを巡ることができます。

ですが、やはり一日で巡るとなると少し駆け足になってしまいます。

時間を忘れて景色を楽しめる観光スポットもあるので、二日あるとゆっくり観光できますよ。

ちなみに、リスボンからポルトへ日帰り観光で訪れることもできますが、鉄道だと片道約3時間かかります。

まとめ

今回は、「ポルトガル旅行で観光に必要な日数」をご紹介しました。

オススメの日数は、6日間以上です。

6日間以上あれば、現地で十分観光することができますよ。

-ポルトガル

© 2019 たびまちブログ.