イベント・行楽

さがみ湖イルミリオン2020-2021の混雑状況や回避方法!

毎年、神奈川県相模原市で開催される「さがみ湖イルミリオン」が今年も開催されます!

さがみ湖イルミリオンは、関東最大規模のため行きたいという方も多いのではないでしょうか。

遊園地のイルミネーションなので、カップルや家族連れ、幅広い年代が楽しむことができますよ。

とはいえ、気になるのが混雑状況ですよね。

今年は密を避けるように言われているので、例年よりも気になるところです。

そこで今回は、「さがみ湖イルミリオン2020-2021の混雑状況や回避方法!」と題して、まとめていきます。

さがみ湖イルミリオン2020-2021が混雑する時期

さがみ湖イルミリオンの混雑が予想されるのは、次の期間です。

  • 土日祝
  • クリスマス~年末年始
  • バレンタイン時期
  • 春休み時期

とはいえ、さがみ湖イルミリオンは敷地が広いため、イルミネーションを楽しむだけなら、身動きが取れないほどの混雑はしません。

混雑を感じるのは、渋滞&駐車場とナイトアトラクションがほとんどです。

では、混雑が予想される時期について詳しく説明していきますね。

(渋滞&駐車場、ナイトアトラクションの混雑対策は後ほどご紹介します)

土日祝

通常、イルミネーションに行きたいと思う時期は12月です。

そのため、イルミネーションよっては、12月以外の土日はそれほど混雑しないことも多くあります。

ですが、さがみ湖イルミリオンの場合、月に関係なく土日祝は混雑します。

特に、11月~12月の土日祝は混雑します。

土日祝とだけあって、イルミネーション目的に点灯時間に合わせてくる人も多いです。

早めに訪れるか、点灯終了間際に訪れるほうが良さそうです。

とはいえ、点灯終了間際だと道中、時間に間に合うか不安になりますし、ゆっくり見ることができません。

なので、早めに訪れることをおすすめします。

 

クリスマス~年末年始

「クリスマスといえばイルミネーション!」

ともいえることから、クリスマス時期は混雑することが容易に考えられますよね(苦笑)

さがみ湖イルミリオンも間違いなく混雑します。

また、年末年始は仕事や学校が休みになり、家族が揃って出かけようとなることから混雑します。

ちなみに、この時期の混雑のピークはやはりクリスマスです。

年末年始はクリスマスに比べると、混雑具合はマシになります。

クリスマスに訪れる方は、混雑すること覚悟で訪れてくださいね。

特にこだわりがない方は、クリスマス後に訪れるといいですよ。

 

バレンタイン時期

バレンタイン時期もクリスマスに次いで、カップルにとっては大切な時期ですよね。

今年のバレンタイン(2月14日)は、日曜日なこともあり混雑するのは間違いないでしょう。

また、バレンタイン前日の13日も土曜日なので、混雑することが予想されます。

とはいえ、クリスマス時期ほどは混雑しないと思われます。

クリスマス時期かバレンタイン時期のどちらかで、さがみ湖イルミリオンを訪れることを計画してる方は、バレンタイン時期のほうが良さそうです。

 

春休み時期

学生が休みになることから、学生や家族連れで混雑します。

また、3月~4月になると寒さが和らぎます。

真冬のイルミネーションは避けていた人も出かけやすい時期です。

イルミネーションを見納めしようと、訪れる人も増える傾向にあります。

 

◇◆◇

さがみ湖イルミリオンの開催期間は、

2020年11月14日(土)~2021年4月4日(日)

まで、約5ヶ月間にわたって開催されます。

できる限り混雑を避けたい方は、どうにか休みを調整して平日に訪れることをおすすめします。

 

さがみ湖イルミリオンの混雑回避方法は?

先述したように混雑を感じるのは、次の2つです。

  1. 渋滞&駐車場
  2. ナイトアトラクション

正直、土日祝やクリスマス時期など、混雑する時期に完全に混雑を回避することは難しいです。

ですが、少しでも混雑を回避する方法をまとめましたので、参考にしてくださいね。

渋滞&駐車場対策

さがみ湖イルミリオンは、車でのアクセスが便利な場所にあるため、車で訪れる人が圧倒的に多いです。

そのため、混雑する時期に訪れると、高速を下りてからの渋滞や駐車場待ちが発生します。

 

高速を下りてからの渋滞対策

最寄のICは「相模湖東IC」です。

ですが、東京方面から中央自動車道を通って訪れる場合、「小仏トンネル」で渋滞することが多いです。

渋滞していることが分かれば、小仏トンネル手前の八王子JCTから圏央道を通り高尾山ICで下りて、国道20号線で向かうことをおすすめします。

また、橋本方面から向かう場合は、駐車場入り口の手前で右折する必要があります。

そのため、右折待ちで渋滞することになるので、相模湖側から国道412号を通って向かうことをおすすめします。

注意

橋本方面から向かう場合、正面ゲートから入ることができる駐車場が満車になると、右折自体が禁止になります。

 

駐車場対策

さがみ湖イルミリオンが開催されるプレジャーフォレストでは、混雑時期は駐車場が満車になることを見越して、臨時駐車場を用意しています。

正面ゲートから入ることができる駐車場が満車になることが予想される場合は、最初から臨時駐車場に向かったほうが結果的に早く入園できることもあります。

臨時駐車場の情報は、公式サイトで確認してくださいね。

なお、臨時駐車場は会場から離れた場所にあります。

総合グラウンドの臨時駐車場は、プレジャーフォレストの入園ゲート前まで無料シャトルバスが運行しています。

ですが、総合グラウンド以外の臨時駐車場は、徒歩で20~30分程の場所にあります。

イルミネーションに合わせて訪れた場合、暗い夜道を歩くことになります。

小さい子供や年配の方も一緒だと大変なので、早めに訪れておくことをおすすめします。

 

ナイトアトラクション対策

イルミネーションの点灯に合わせて混雑するのが、ペアリフト、観覧車です。

ペアリフトの場合、チケットの購入と乗るために行列に並ぶことになります。

ペアリフトは、フリーパスの利用が可能です。

昼間に訪れてフリーパスを買って楽しむことにすれば、チケット購入の列に並ぶ必要はなくなります。

もしくは、早めに訪れてチケットを購入しておきましょう。

また、ペアリフト、観覧車ともに乗るための行列については、行列ができる前に早めに並ぶに限ります。

 

◇◆◇

それぞれの回避方法を紹介しましたが、一番は昼間に訪れることが混雑の回避方法といえます。

まとめ

今回は、「さがみ湖イルミリオン2020-2021の混雑状況や回避方法!」をまとました。

さがみ湖イルミリオンは毎年人気のイルミネーションです。

混雑が予想されるのは、土日祝、クリスマス~年末年始、バレンタイン時期、春休み時期です。

訪れる時期にこだわりがない方は、上記以外の平日に訪れると混雑を避けられますよ。

また、敷地内が広いので、身動きがとれなくなることはありませんが、渋滞や駐車場、ナイトアトラクションで混雑を感じます。

混雑回避方法もご紹介しましたが、昼間に訪れることが一番の回避方法といえます。

大切な方と一緒に、さがみ湖イルミリオンを楽しんでくださいね!

-イベント・行楽
-

© 2019 たびまちブログ.