人物

清水洋史(不二製油)が結婚した妻(嫁)はどんな人?子供など家族構成も調査

2021年2月4日放送の「カンブリア宮殿」に出演された不二製油の清水洋史(しみず ひろし)さん。

清水洋史さんは営業出身でありながら社長となり、大豆ミートの普及に尽力されていた方です。

そんな清水洋史さんを支えた奥様はどのような方なのでしょうか?

また、子供さんがいるのか、いる場合は何をしているのかなど気になります。

そこで今回は、「清水洋史(不二製油)が結婚した妻(嫁)はどんな人?子供など家族構成も調査」と題してまとめていこうと思います!

清水洋史(不二製油)の経歴や学歴は?wikiプロフや年収も調査!

続きを見る

清水洋史さん(不二製油)が結婚した妻(嫁)はどんな人?

清水洋史さんは結婚されており、奥様がいらっしゃいます

奥様がどんな方か調べましたが、残念ながら情報はありませんでした。

ですが、清水洋史さんは2014年6月のインタビューにて27歳の娘さんがいることを明らかにしています。

(娘さんについては、後ほど書きます。)

娘さんの年齢から考えると、1980年代中盤には結婚されたのではないでしょうか。

この頃は営業として働いており、1987年たんぱく事業本部企画室の課長になられた頃に娘さんが産まれたことになります。

たんぱく事業本部企画室の課長になられてからは、どのように部下を率いるのか、どのようにすればおからを高く売ることができるのかを考えていたときです。

奥様は、仕事に悩む清水洋史さんの心の支えになっていたのかもしれませんね。

 

酔っぱらった年上の部下を家に連れて帰ったときは、

「こんなに飲まして!!」

と怒られたこともあるらしいですよ(笑)

亭主関白というよりも、お互いの意見を伝えて、尊重し合える関係なんでしょうね。

清水洋史さん(不二製油)の子供など家族構成を調査!

清水洋史さんのご家族は、

  • 清水洋史さん
  • 奥様
  • 娘さん
  • 息子さん

4人家族です。

娘さんと息子さんについて、それぞれご紹介していきます!

 

清水洋史さん(不二製油)の娘さんはどんな人?

娘さんは現在33~34歳くらいで、バレエの教師をされています。

しかも、宝塚歌劇団やボリジョイバレエでの経験もあるんだとか。

宝塚歌劇団といえば、日本を代表する歌劇団ですよね!

宝塚歌劇団に入団するには、宝塚音楽学校に入学する必要があります。

宝塚音楽学校の倍率は高く、塾に通って舞踊や歌唱などの練習する方も多いです。

おそらく娘さんも小さい頃からバレエを習っており、宝塚歌劇団への入団を志したんでしょうね。

また、ボリジョイバレエはロシアにある国立のバレエ学校で、超名門校といわれています。

宝塚歌劇団、ボリジョイバレエとキャリアを積んでこられた娘さんは、まさにバレエのエリートともいえますね!

 

ちなみに、娘さんのお名前は公表されていませんが、宝塚歌劇団、ボリジョイバレエ、バレエ講師と華々しい経歴です。

調べてみたところ、お一人、清水洋史さんの娘さんかな?と思われる方がいました。

確証がないため、書くことは控えさせていただきますが、はっきりと分かりましたら追記しますね!

 

清水洋史さん(不二製油)の息子さんはどんな人?

清水洋史さんの息子さんは、現在28~29歳くらいです。

2014年6月のインタビュー時点では、就職して東京にいるとのことでした。

それから約7年経っていますので、もしかすると住んでいる場所は変わっているかもしれませんね。

社長の息子さんなので、会社を継ぐのかな?とも思いましたが、不二製油は一族経営ではありません

また、清水洋史さんは2021年4月に社長を退任予定ですが、新たな社長もすでに公表されています。

そのため、息子さんが不二製油に入社されて実績を残さない限りは、不二製油の社長の座を継ぐことはないでしょう。

おそらく、不二製油とは違う会社に就職されているのかなと思います。

 

とはいえ、清水洋史さんは社長、清水洋史さんの娘さんはバレエのエリートです。

間違いなく息子さんも何かしら秀でた才能がありそうですね!

今後、何かの分野で注目されて、名前が広く知れ渡ることもありそうです。

社長の息子さんなので、小学校や中学校のときから私立学校に通われ、高校や大学は難関校に通われていたのではないでしょうか。

 

まとめ

「清水洋史(不二製油)が結婚した妻(嫁)はどんな人?子供など家族構成も調査」をまとめました。

不二製油の社長・清水洋史さんには、奥様と娘さん、息子さんがいます。

ご家族のお名前など詳細は公表されていませんが、娘さんは宝塚歌劇団出身でバレエの講師をされており、エリート一族といえそうです!

清水洋史さんは2021年4月に社長を退任されるので、これからはご家族と一緒に過ごす時間もより一層大切にされるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.