人物

新庄剛志の顔が20年以上前から変化中!整形費用3000万も怖い・ロボットみたい!

元プロ野球選手で、日本ハムのビッグボス(監督)の新庄剛志さんの顔が変わったと話題になっています!

新庄剛志さんは整形していることを公言しており、怖い・ロボットみたい・顔面崩壊という声も聞かれている状況。

大きく顔が変わったのは最近ですが、実は1990年代から少しずつ整形を重ねているのです。

この記事では、新庄剛志さんの顔の変遷をご紹介します。

新庄剛志の顔が変わった!

高校卒業後、1990年にプロ野球入りし、2006年まで第一線で活躍されていた新庄剛志さん。

そんな新庄剛志さんの顔が変わったと話題になっています。

新庄剛志 顔比較

プロ野球入りした1990年代前半と、2021年9月を見比べた写真がこちらです。

20年以上経っていますので、少なからず顔の変化もあるでしょう。

だとしても、やはり「顔が変わった!」という印象が強いです。

いつ頃から顔が変わり始めたのか、時系列で見ていきましょう!

新庄剛志の顔が10年以上前から変化中!変遷まとめ

1990年代:阪神時代の新庄剛志の顔

福岡県で育った新庄剛志さんは、西日本短期大学附属高校を卒業した後、阪神タイガースに入団

新庄剛志 1990年代前半

高校卒業後ですので20歳前後ですが、あどけなさも少しありつつ、どこか大人びた雰囲気があります。

今でこそ大活躍されていたイメージのある新庄剛志さんですが、プロ1年目は二軍止まり。

一軍に昇格したのは2年目の9月でした。

3年目以降、一軍に定着し、ゴールデングラブ賞を受賞したり、ファン投票でオールスターゲームに出場するなど大活躍!

新庄剛志 1990年代

阪神タイガース時代の新庄剛志さんといえば、このような顔を思い出す方も多いのではないでしょうか。

「虎のプリンス」の愛称で親しまれていただけあって、イケメンです!!

プロ野球入りした時の写真と比べると、大きな変化が見られないので、整形していないかと思いきや、この頃から少しずつ整形をしていたそう。

 

3分の2は自前の顔

新庄剛志さんの整形について、元妻・大河内志保さんは次のように明かしていました。

大河内によると、新庄氏は阪神在籍時から少しずつ美容整形を受けていたという。「阪神の時は3分の2くらいは“自前の顔”でやってたんですけど…」と暴露。「阪神時代はやってないでしょ?」と驚く浜田に、大河内は「分からない程度に、一番最初に私が形成外科に連れて行った」と打ち明けた。

(引用:スポニチ

新庄剛志さんといえば、イケメンで自分の顔に自信があるイメージですが、

  • 鼻が低い
  • 眉毛が八の字の形に生えている

ことを気にしていました。

悩む新庄剛志さんを見かねた大河内志保さんは、少し変わるだけで自信が持てるのではと思い、クリニックに連れて行ったようです。

大河内志保さんの予想は的中し、眉毛の八の字の形を変えたところ、メンタルもガラッと変化

ヒーローインタビューなどでも「明日も勝つ」と宣言するなど、まさに今の新庄剛志さんのキャラになりました。

新庄剛志さんにとって、整形は人生のターニングポイントともいえるでしょう。

→新庄剛志の元嫁と離婚/子供いない理由は自由が欲しいから?再婚可能性はゼロ!

 

全ての歯をセラミックに

印象的な白い歯は、1995年頃、23歳のときに全ての歯をセラミックに変えて手に入れています。

阪神在籍時代の23歳で2000万円以上を費やして歯を総セラミックに変えたことを〝告白〟。

(引用:東スポWeb

この頃の新庄剛志さんの年棒がこちらです。

  • 1990年:360万円
  • 1991年:400万円
  • 1992年:460万円
  • 1993年:2200万円
  • 1994年:4300万円
  • 1995年:5500万円

1995年の年棒の約半分をセラミックに費やすとは、それほど白い歯に憧れがあったのでしょう。

新庄剛志 幼少期

この頃から歯の治療をしたいと思って、プロ野球選手を目指していたそうですので、新庄剛志さんにとって歯をセラミックに変えることは長年の願いだったのでしょう。

年棒2200万円を超えた1993年から、お金を貯めていたのかもしれません。

→新庄剛志の年棒推移|12億円をけってメジャー挑戦!監督の年収は推定1億!

 

2000年代前半:メジャーリーグ時代の新庄剛志の顔

阪神タイガースで11年間プレイした後、2001年からはメジャーリーグに活躍の場を移しました。

  • 2001年:ニューヨーク・メッツ
  • 2002年:サンフランシスコ・ジャイアンツ
  • 2003年:ニューヨーク・メッツでプレイ

このときの新庄剛志さんがこちらです。

新庄剛志 メッツ

当時、新庄剛志さんは30歳前後。

野球選手としてのキャリアも築き、顔つきもキリっとワイルドな雰囲気になりました。

新庄剛志 ジャイアンツ

分かりやすい変化といえば、髪色を金髪にしたことでしょうか。

ちなみに、金髪にしたのは周りに馴染むためなんだとか。

渡米当初、チームメイトとのコミュニケーションに悩んだ新庄剛志さんは、馴染むために髪だけではなく、わき毛などの全身の毛を金色に染めたそう。

さすがSHINJO、やることのレベルが違います(笑)

 

話をもどして、あとは以前に比べると鼻筋が通ったようにも思えますね。

この頃、どの部分を整形したという情報は確認できませんでした。

ですが、阪神時代に分からない程度に整形していることを考えると、海外に行ったことをきっかけに何かしら手を加えている可能性も高そうです。

 

2000年代中盤:日本ハム時代の新庄剛志の顔

3年間メジャーで活躍された後は、日本ハムに入団し、日本球界に復帰。

2006年に現役引退するまでの3年間、プレーしていました。

新庄剛志 日本ハム

32~34歳ですので、20代だった阪神時代に比べると、すっかり大人の顔になりました。

写真写りの関係かもしれませんが、昔よりも目鼻立ちがはっきりしたような気もしますね。

 

2000年代後半:現役引退後、タレント活動中の新庄剛志の顔

新庄剛志さんは現役引退後、しばらくタレントとして活動。

新庄剛志 引退後

ユニフォーム姿ではないこともあって、特に2007年は雰囲気がガラッと変わりました。

とはいえ、この写真で見比べる限りは大きな顔の変化(整形)はないように見えます。

 

2010年代後半:バリ島移住後の新庄剛志の顔

新庄剛志さんは、2010年代前半にバリ島に移住。

2017年に帰国し、テレビ番組「しくじり先生」に出演したときに、大きく顔が変わったと話題になりました。

新庄剛志 2017年

正直、この写真だけで見ると、新庄剛志さんと認識するまで時間がかかってしまいます(苦笑)

阪神時代と引退後の写真と見比べると・・・

新庄剛志 比較

もう別人のような変わりぶり

実際、新庄剛志さん自ら顔が変わったと話を切り出し、整形したことを明らかにしました。

目と顎のエラを整形したそうで、「エラを削って、目を切って、糸を入れて……」と手術の詳細を語り、スタジオを驚かせた新庄。

(引用:excite.ニュース

自ら手術内容を話すところが、新庄剛志さんらしいです!

 

現在の新庄剛志の顔

新庄剛志 2020年

2017年に大きく顔が変わった以降も、少しずつ顔が変わっている新庄剛志さん。

時には、自身のインスタに肌治療(ダーマペン)した後の赤くむくんだ顔を披露することも。

新庄剛志

載せるのに抵抗のあるこのような写真を載せるのも新庄剛志さんらしいです!

隠すことなく堂々と整形している新庄剛志さんには清々しさを感じるとともに、これからどのように顔が変わっていくのか気になりますね。

新庄剛志の顔の整形費用は3000万!

新庄剛志さんはこれまでに、6回以上整形をし、トータル3000万円以上かけたと明かしています。

その整形内容がこちら。

  • 眉毛→形を変える、タトゥー
  • 目→切開して糸を入れて二重幅を広く
  • 鼻→ヒアルロン酸注入
  • 頬→エクボをつくる、糸を入れてリフトアップ
  • 唇→オレンジ色のタトゥー
  • 顎→エラを削る

このように、ほぼ全てのパーツを整形されています。

これにプラスして、阪神時代にセラミックにした歯も2021年1月に総入替

おそらく整形費用3000万円に歯の費用は含まれていないと思うので、歯の費用も合わせると5000万円以上かかっていそうです!

 

新庄剛志が整形する理由3つ

新庄剛志

なぜこれほどまで新庄剛志さんは整形されているのでしょうか。

これまでのインタビュー記事などから、新庄剛志さんが整形してきた理由は3つ考えられ、その時々で変わっています。

  1. コンプレックス(阪神時代)
  2. 気づかれない顔にしたい・自分の顔に飽きた(2007年以降)
  3. 話題作り&楽しむため(最近)

理由①コンプレックス(阪神時代)

先述したように、新庄剛志さんは阪神時代、眉毛と鼻にコンプレックスを抱いていました。

その後、唇にオレンジ色のタトゥーを入れたのは、元の唇の色が不健康そうな色だったことが関係しています。

後ほど、他の理由もご紹介しますが、整形したいと思う根本部分はコンプレックスの解消なのでしょう。

 

理由②気づかれない顔にしたい・自分の顔に飽きた(2007年以降)

阪神時代は分からない程度の整形でしたが、大きく顔を変える整形に踏み切ったのは、

  • 気づかれない顔にしたい
  • 自分の顔に飽きた

という理由があります。

2007年頃、知人との金銭関係のトラブルで人間不信になった新庄剛志さんは、どこに行っても注目されることが嫌になりました。

その時、街を歩いているとクリックがあり、手元にあった110万円で

  • ブサイクにしてほしい
  • 新庄剛志と分からない顔にしてほしい

と医者にお願いしたエピソードを話しています。

一方、他のテレビ番組では、自分の顔に飽きて立ち寄ったクリニックで整形したとも話しています。

どちらが真意なのかは分かりませんが、顔を大きく変えたいという気持ちがあったのは間違いないと思われます。

 

理由③話題作り&楽しむため(最近)

そして、最近ではカッコ良くなりたいよりも、

  • 話題作り
  • 楽しむため

と整形する理由を語っています。

実際、顔が赤くなっている写真もアップしており、整形は話題を提供する一つの手段なのでしょう。

新庄剛志 会見

2021年11月4日に行われた日本ハムの監督就任会見では、

「これから顔は変えずにチームを変えていきたい。」

と宣言!

・・・した8日後の11月12日には早速、リフトアップのために糸を入れていましたw

顔の変化に注目が集まる新庄剛志さんですが、チームの活躍で話題を集めてくれることを期待したいです!

新庄剛志の顔の変化に対する世間の声

整形を繰り返して顔が変わる新庄剛志さんに対して、美意識が高いという声がある一方、

「怖い」

「ロボットみたい」

「顔面崩壊が心配」

という声もあります。

大きな整形をしている人の中には、どこか不自然な印象を受ける人もいます。

新庄剛志さんも3000万円以上かけて整形を繰り返しているので、プロ野球入りした時のイメージを抱いていると、作られた顔と思えるのかもしれませんね。

→新庄剛志の生い立ち|貧乏な両親と9回の軌跡のおかげでポジティブな人間性に!

→大谷翔平の年棒推移|2021/2022年までは安いが35倍のスポンサー料だった!

-人物

© 2019 たびまちブログ.