台湾

台北へ行こう!オススメの観光スポットを楽しみ方別にご紹介!!

台湾の中でも一番人気の行き先といえば、台北を思い浮かべますよね。

日本各地から直行便があり、3時間程のフライトで行くことできるので、多くの人が訪れています。

皆さん、台北ではどのように観光したいですか?

「その土地ならでは建造物を堪能したい。」

「街歩きしながらショッピングを楽しみたい。」

など、いろいろな観光の仕方がありますよね。

今回は、台北の観光スポットを楽しみ方別にご紹介します。

建造物などを楽しむ

台北101

台北のランドマークといえば、「台北101」です。

展望台からは台北の街が見渡せるので、ぜひ訪れてくださいね。

最寄りの地下鉄MRT「台北101/世貿」駅から地上に出ると、まずは大きさに圧倒されますよ。

89階にある展望台へはチケットを購入した後、エレベーターで上がります。

エレベーターの待ち時間は、曜日や時間帯によって変わりますが、基本的には30分程で乗ることができます。

夕日や夜景を楽しみたい方が多く訪れる時間帯が混雑するので、混雑を避けてゆっくりしたい方は午前中がオススメです。

展望台に着いた後は、景色はもちろん、併設されているショップやカフェなどで楽しい時間を過ごせますよ。

ちなみに、展望台から下りるエレベーターも多少の待ち時間があります。

次の予定時間があるときは、名残惜しいですが、時間に余裕を持って展望台を後にしてくださいね。

また、台北101には展望台以外にもショッピングモールやフードコートもありますよ。

国立故宮博物院

博物館が好きな方にオススメなのが、「国立故宮博物院」です。

歴代の中国皇帝たちのコレクションを鑑賞することができます。

台北を紹介するガイドブックに白菜の写真を見たことはありませんか?

これは本物の白菜ではなく、五大至宝の一つ、「翠玉白菜」と呼ばれる翡翠の原石から作られたもので、このような貴重なものがいくつも展示されています。

台北市内の中心部から少し離れており、最寄駅は地下鉄MRTの「士林」駅です。

士林駅からタクシーまたはバスで訪れます。

展示フロアは1~3階までと広く、レストランもあるので、せっかく訪れたのなら、丸一日かけてゆっくり鑑賞することがオススメです。

時間がない方は、人気の至宝が展示されている3階をメインに鑑賞するといいですよ。

また、年に数回、展示物の入替が行われますので、何度行っても楽しめますよ。

龍山寺

「龍山寺」は台北で人気のパワースポットの一つです。

地下鉄MRT「龍山寺」駅から徒歩3分とアクセスしやすい上に、たくさんの神様を祀っています。

観光客だけではなく、多くの現地の方もお参りに訪れていますよ。

入口の売店でお線香を購入し、前殿、本殿、後殿と順番に参拝します。

ちなみに、後殿には19の神様が祀られているので、目的に合わせて参拝してくださいね。

参拝後は、おみくじで引くことができますよ。

台湾のおみくじは、悩みについて神意をうかがうことが目的とされています。

期待通りの結果ではなくても、神意を受け止め前向きに捉えましょう。

参拝後は、龍山寺の外観にも注目してみてくださいね。

緻密で色とりどりの装飾を見ると、気分も上がりますよ。

中正紀念堂

蒋介石を記念して建設された巨大な建築物が「中正紀念堂」です。

25万平方mもの広大な敷地内には、本堂や巨大な正門があり、きれいな庭園が広がっています。

正門から本堂までは300mほど離れています。

本堂や正門の大きさにもびっくりしますが、敷地内を歩くと広大さをより実感しますよ。

白を基調とした建築物は日中の青空に映えますが、夜はライトアップされます。

余裕があれば、昼間と夜、両方訪れると違った雰囲気を味わえますよ。

また、中正紀念堂では、足並み揃った衛兵の動きが見所の衛兵交代式も見ることができます。

9時から17時まで1時間おきに本堂で行われています。

時間ピッタリに始まるので、時間に合わせて訪れてくださいね。

衛兵交代式は観光客に人気ですので、ベストポジションで見たい場合は開始15分程前に場所を確保しておくといいですよ。

街歩きを楽しむ

西門町

西門町は「台湾の原宿」とも呼ばれる若者に人気のエリアです。

流行の発信地なだけあり、ファッションやプチプラコスメなどを扱うお店が集まっています。

自分用のお土産はもちろんですが、ばらまき用のお土産も買い揃えることができますよ。

また、街歩きにはグルメが欠かせないという方もいらっしゃいますよね。

西門町には、「阿宗麺線」という人気のグルメがあります。

カツオダシが効いたスープとそうめんのような細麺、具材のモツがカップに入って提供されます。

量が大・小から選ぶことができるので、小腹を満たすのにぴったりですよ。

ショッピングやグルメの他にも、赤レンガの外観が印象的な「西門紅楼」があります。

1908年に建てられた建物で、今は西門町のランドマークとなっています。

建物内にはカフェやショップ、劇場が併設されており、イベント会場として賑わっています。

西門町では、現在と歴史的建造物の両方を感じることができますよ。

迪化街

問屋街である迪化街では、レトロな街並みを楽しみながら買い物ができますよ。

乾物や漢方を扱うお店が多く、メインストリートの両側にお店がずらっと立ち並んでいます。

店頭に商品が山積みになった光景は問屋街ならではです。

お土産にドライフルーツを買いたいという方は、ぜひ迪化街を訪れてくださいね。

ドライフルーツを扱うお店が多く、試食ができるお店では購入前に吟味することができます。

台湾のドライフルーツといえばマンゴーが定番ですが、マンゴー以外にもグアバやイチゴ、ミカンなどお店によって品揃えも様々です。

どれを買うか選ぶ時間も楽しいですよ。

また、迪化街には多くの参拝客が訪れる「台北霞海城隍廟」があります。

月下老人(縁結びの神様)が祀られていることで、恋愛成就のご利益が有名です。

ですが、月下老人以外の神様も祀られており、無事息災、金運上昇、旅の安全などの祈願もできますよ。

迪化街を訪れた際は、参拝してみてはいかがですか。

夜市

夜市では歩きながらグルメも一緒に楽しむことができます。

台北市内にはいくつもの夜市がありますが、中でも有名なのが「士林夜市」です。

B級グルメの屋台がたくさん立ち並んでいるので、観光しながら夕食もとれますよ。

座って食べることができるスペースもありますが、基本的には食べ歩きとなります。

ウェットティッシュなどを持参しておくと便利ですよ。

また、B級グルメ以外にも雑貨や小物などを扱う屋台や、ゲームができる屋台もあります。

お腹を満たした後は、お土産探しやゲームをして夜市の雰囲気を楽しんでくださいね。

台北には士林夜市以外にも、たくさんの夜市がありますよ。

台北観光で外せない夜市!どの夜市がオススメ??

続きを見る

まとめ

台北の観光スポットを楽しみ方別にご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回の記事を参考に、現地でどのように楽しみたいか、お好みに合わせて観光プランを立ててくださいね。

-台湾

© 2019 たびまちブログ.