台湾

台北観光で外せない夜市!どの夜市がオススメ??

台湾旅行中に一度は訪れたい場所が夜市です。

日本で夜市といえば夏祭りのイメージですが、台湾では一年中、夜市が開催されています。

多くの都市で夜市が開催されていますが、中でも台北にはたくさんの夜市がありますよ。

今回は台北で訪れたいオススメ夜市をご紹介します。

観光客が多い定番の夜市

ガイドブックに必ずと言っていいほど掲載されている、観光の定番夜市をご紹介します。

士林夜市

台北を代表する夜市といえば、「士林夜市」です。

多くのガイドブックでも紹介されており、有名かつ人気の夜市です。

初めて台北を訪れる方は、士林夜市を訪れてみてはいかがですか?

規模や活気に驚くこと間違いなしですよ。

最寄駅は、地下鉄MRT「剣潭」駅です。

地下鉄の出口から出ると、多くの人が夜市に向かって歩いて行きます。

滅多なことがない限りは、道に迷うことなく辿り着けますよ。

屋台がたくさんあるので、何を食べるか歩きながら悩むもいいですし、お目当ての屋台を決めておいてもいいですよ。

ガイドブックに載っている巨大チキンを食べました。
手の平よりも大きく、食べ応えもあり、サクサクで美味しかったです!
1人1枚だと巨大チキンだけでお腹がいっぱいになるので、シェアして食べるといいですよ。
予想以上に人が多くてびっくりしました。
通りによっては、絶え間なく人が歩いているので、反対側のお店を見たくてもなかなか横切ることができませんでした。
路地もたくさんあるので、人の流れに身を任せて歩いていると、自分がどの辺を歩いているのか分からなくなってしまい、目的のお店が探せなかったです。

一緒に訪れた人をシェアして、色々なグルメに挑戦してくださいね。

なお、混雑しているので、前の人が急に立ち止まり、ぶつかりそうになることも考えられます。

歩きながら食べるのが難しいグルメは、空いているスペースで立ち止まって食べたほうがいいかもしれません。

また、小さいお子さんを連れている方は迷子にならないように気をつけてくださいね。

饒河街観光夜市

九份や十份を訪れるツアーに組み込まれることが多い夜市が、「饒河街観光夜市」です。

饒河街観光夜市を訪れるほとんどのツアーが、最終立寄地を饒河街観光夜市に設定しています。

饒河街観光夜市で解散するツアーなら、集合時間を気にせずにゆっくりできますよ。

饒河街観光夜市は、士林夜市の次に人気の夜市とも言われています。

士林夜市に比べると、少し規模も小さく、混雑具合も和らぎます。

「台北で人気の夜市に行きたい!でも人混みが苦手・・・」

という方には、饒河街観光夜市がオススメです。

また、600m程ある一本道に屋台が立ち並んでいるので、散策しやすいですよ。

右側通行になっているので、往復すると一通りの屋台を見ることができます。

最寄駅は地下鉄MRT「松山」駅です。

松山駅から歩いて3分程で夜市の出入り口に着きますよ。

ちなみに、饒河街観光夜市がある松山区は、名前繋がりで愛媛県松山市と交流があることはご存知ですか?

地下鉄MRT「松山」駅の南にある台湾鉄道「松山」駅は、JR四国と姉妹駅を締結しているんですよ。

饒河街観光夜市で有名なグルメ、福州世祖胡椒餅の胡椒餅は入口にあったのですぐ見つかりました。
行列はできていましたがすぐに買うことができ、出来立てを食べることができました。
トイレの心配をしていましたが、夜市の所々に仮設トイレがありました。
仮設トイレが不安な方は、MRT松山駅の構内で済ませておくといいですよ。

ローカル感が溢れる夜市

「何度も台北を訪れたので定番の夜市には満足した。」

「観光客向けではなく地元の方が訪れる夜市に行きたい。」

このような方にオススメの地元の方が多く訪れる夜市をご紹介します。

寧夏夜市

「寧夏夜市」には、美味しいB級グルメの屋台がたくさんありますよ。

地元の方も多く訪れるので、ローカルな夜市の雰囲気を味わえます。

最寄り駅は、地下鉄MRT「雙連」駅や「中山」駅で、どちらの駅からも徒歩10分程です。

寧夏夜市も一本道に屋台が立ち並び、長さは行き来しやすい400m程です。

そのため、雙連駅と中山駅どちらかに近い方の出入り口から帰ることができますよ。

また、少し歩きますが寧夏夜市の南側には、地下鉄MRT「北門」駅もあります。

数多くある美味しいB級グルメの中でも、人気なのは「牡蠣オムレツ(蚵仔煎)」です。

牡蠣と野菜がたくさん入っていますよ。

牡蠣オムレツを提供するお店がいくつかあるので、牡蠣好きの方は食べ比べをしてみてはいかがですか?

ちなみに、「蚵仔煎大王」「賴雞蛋蚵仔煎」「圓環邊蚵仔煎」などのお店が有名です。

ご飯ものが食べたい方は、ご飯に鶏肉がたくさんのった台湾名物の「鶏肉飯」や、「飯糰」と呼ばれる台湾風おにぎりなどがオススメです。

食事だけではなく、デザートにぴったりのタロイモボールやジュースなどもありますよ。

また、寧夏夜市の近くには豆花専門店の「古早味豆花」があります。

寧夏夜市で食事を済ませた後は、場所を変えて「古早味豆花」で〆のデザートを食べて帰ることもできますよ。

雙城街夜市

「夜のフライトで帰国するから夜市に行けない。」

「小さい子供がいるから夜は出歩くのを控えたい。」

このような方には、昼間から夜市が楽しめる「雙城街夜市」がオススメです。

規模は小さいですが、時間帯によって入れ替わる屋台もあるので、時間帯を変えて訪れても楽しめます。

雙城街夜市の周辺にはホテルが多いので、近くのホテルに宿泊している方はふらっと気軽に立ち寄ることができます。

持ち帰りができる屋台もあるので、気になるグルメをいくつか買ってホテルでくつろぎながら食べることもできますよ。

最寄り駅は地下鉄MRT「中山國小」駅で、徒歩5分程で着きます。

仕事終わりに食事に来る地元の方も多いので、台北の日常を感じてみてはいかがですか?

観光客が多い夜市に比べると、混雑していないのでゆっくりと過ごせるところも魅力です。

規模は小さかったけど、ご飯ものや麺、餃子や豆花などいろんな種類のグルメがありました。
値段も安かったです。

公館夜市

台北の若者に交じって夜市を楽しみたいなら、「公館夜市」に訪れてみてはいかがですか?

公館夜市の近くには台湾大学があり、学生街にある夜市です。

地下鉄MRT「公館」駅から徒歩1分の場所にあります。

夜市には入口に「○○夜市」と書かれた看板が立っていることが多いですが、公館夜市には看板がありません。

屋台やお店が多く立ち並んでいる場所が夜市と思ってくださいね。

人気のグルメは、藍家割包の「割包(クーパオ)」と呼ばれる台湾版のハンバーガーです。

白いふわふわの皮に豚の角煮やパクチーなどが挟まれています。

かぶりつくと、ジューシーな肉汁が口いっぱいに広がりますよ。

人気店なので、行列覚悟で訪れてくださいね。

お昼から営業しているので、ご飯時を避けて訪れると比較的、スムーズに購入できます。

また、スイーツ系の屋台も多くあります。

陳三鼎の「黒糖タピオカミルク」や、晴光紅豆餅の「紅豆餅(台湾版の今川焼)」などが人気で食べ歩きながら、夜市を散策できますよ。

 夜市での注意点は?

楽しい夜市ですが、いくつか気を付けておきたいポイントをご紹介します。

スリ対策

一番注意が必要なのがスリです。

人の多さや屋台などに気を取られるので、スリに遭う可能性が高くなります。

カバンのチャックを閉めて体の前側に持つ、など対策をしっかりしてくださいね。

席を確保するためにカバンを席に置いたまま離れるのも厳禁ですよ。

水や氷、生ものに注意

台北では水道水は飲むことができません。

暑いのでドリンクを買う機会もあるかもしれませんが、水道水や水道水を凍らせただけの氷を使っている可能性もあるので気を付けてくださいね。

また、果物を扱いフレッシュジュースを提供する屋台も多くありますが、手袋などをせずに調理している場合があります。

購入するときは、しっかり見極めてくださいね。

クレジットカードが使えない

夜市では現金での支払いが基本です。

クレジットカードが使えるお店はほとんどありません。

大金を持ち歩く必要はないので、ある程度の現金を準備して訪れましょう。

ウェットティッシュを持参すると便利

夜市では、食べ歩きが基本です。

座って食事ができるところでもナプキンなどが準備されていないこともあります。

手が汚れたときにさっと拭けるウェットティッシュがあると便利ですよ。

まとめ

台北にあるオススメの夜市をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ご紹介した夜市以外にも、台北市内にはたくさんの夜市があり、それぞれ雰囲気も違います。

滞在時間に余裕がある方は、いくつかの夜市に足を運んで比較しても楽しいですよ。

今回の記事を参考に、台北の夜市を楽しんでくださいね。

-台湾

© 2019 たびまちブログ.