台湾

台湾旅行中に気をつけることは?覚えておきたい5つの注意事項

台湾は海外旅行初めての方でも訪れやすい場所です。

ですが、やはり国が違うので、日本の常識が通じないこともあります。

今回は、「台湾旅行中の5つの注意事項」をご紹介します。

厳守することと気をつけておくことをそれぞれまとめています。

厳守すること

まずは、台湾の法律で決められていることなど、絶対に守るべきものです。

地下鉄は飲食禁止

台北市内や高雄中心部で運行している地下鉄(MRT)は、移動に便利な乗り物です。

ですが、地下鉄の改札前に引かれた黄色の線から一歩入った場所は、飲食禁止になります。

飲食には、ガムや飴、ペットボトルに入った水を飲むことも含まれます。

観光で歩き回った後は、小腹がすき、喉も乾きますよね。

地下鉄構内や車内は冷房が効いているので小休憩もできますが、うっかり飲食してしまわないように気をつけてください。

もし、見つかると罰金が科せられますよ。

持ち込み自体は、禁止されていないので安心してくださいね。

ちなみに、台湾鉄道や台湾新幹線では飲食可能です。

喫煙に厳しい

タバコを吸わない方は関係ありませんが、吸う方にとっては気になる部分ですよね。

台湾では、「タバコ煙害防止法」という法律によって、室内や公共の場所での喫煙が全面的に禁止されています。

つまり、ホテルやレストランなどの室内ではタバコを吸うことができません。

そのため、ホテルなどが設置している喫煙スペースや屋外で吸うことになります。

また、歩きタバコやタバコのポイ捨ても禁止されています。

屋外で吸う場合は、携帯灰皿を持ち歩き、立ち止まってから吸いましょう。

違反した場合は、罰金が科せられます。

ちなみに、日本から台湾への電子タバコや加熱式タバコの持ち込みも法律で禁止されていますよ。

交通安全

日本でも交通安全には気をつけていると思いますが、台湾ではより一層注意が必要です。

日本では歩行者優先の風潮がありますが、台湾では車優先です。

また、車はもちろんバイクの交通量が多いうえに、運転が荒く結構スピードを出しています。

そのため、横断歩道を渡るときは青信号でも油断せずに、周りに気をつけましょう。

タクシーやバスなどに乗車中は、急ブレーキなどの心配があります。

シートベルトの着用や吊り革を握るなどして、自分の身を守ってくださいね。

ちなみに、台湾では乗車時のシートベルト着用が義務付けられています。

タクシーに乗車したときも同様なので、その点でも必ずシートベルトを着用しましょう。

気をつけておくこと

ルール厳守ほどではありませんが、気をつけておくべきことです。

水道水は飲めない

台湾の水道水は飲用に向いておらず、現地の方もそのまま飲みません。

喉が渇いたときは、販売されているミネラルウォーターやお茶などを買って飲みましょう。

台湾で販売されている水には、二通りあります。

  • 水道水をろ過した飲用水
  • ミネラルウォーター

値段は、水道水をろ過した飲用水が安いです。

水道水をろ過しているとはいえ気になる方はミネラルウォーターを選ぶといいですよ。

見分け方は、水道水をろ過した飲用水は「自來水」、ミネラルウォーターは「礦泉水」とラベルに記されています。

ちなみに、海外で水を買ったところ炭酸水だったという経験をした方もいるのではないでしょうか?

私はよくあります(笑)

台湾の場合、炭酸水は「氣泡水」と記されていますよ。

また、台湾で販売されているお茶を買うときにも、少し注意が必要です。

台湾では砂糖入りのお茶があり、気づかずに購入して飲んだ瞬間、衝撃を受けます。

まさかお茶が甘いとは思いませんよね…しかも結構な甘さです。

砂糖入りのお茶を飲むのも旅の思い出にはなりますが、苦い(甘い?)経験をしたくない方は、ラベルに「無糖」と書かれたお茶を選びましょう。

トイレットペーパーが流せる所と流せない所がある

数年前の台湾では、

  • トイレットペーパーが水溶に対応していなかった
  • パイプが細いため詰まりやすかった

の理由からトイレにトイレットペーパーを流してはいけませんでした。

ですが、2017年からトイレットペーパーを流せるようになりました。

ただし、厄介なことに全てのトイレでトイレットペーパーを流していいわけではありません。

流して大丈夫か、大丈夫でないかを注意書きを見て判断する必要があります。

例えば、流してはいけない場合、

「請勿將衛生紙丟入馬桶」

と書かれています。

書かれ方は様々なため、判断に迷ったときは備え付けのゴミ箱に入れるといいかもしれません。

新しい建物では流せて、古い建物では流せないことが多いです。

ちなみに、流して大丈夫なトイレでも、持参したティッシュを使用した場合は、ゴミ箱に捨ててくださいね。

まとめ

今回は、「台湾旅行中の5つの注意事項」をご紹介しました。

罰金が科せられたり、不注意でケガや体調不良になってしまったりすると、せっかくの旅行が楽しめなくなってしまいます。

台湾旅行中は、気を引き締めつつ楽しんでくださいね。

また、台湾旅行を快適便利に過ごすために知っておくといいことも、以下の記事でまとめています。

あわせて参考にしてくださいね。

台湾旅行を快適便利に過ごすために知っておくといいこと8選

続きを見る

-台湾

© 2019 たびまちブログ.