人物

高市早苗は元旦那と交際0日で結婚!離婚理由が政治家ならでは!

100代目の首相になるべく総裁選に出馬していた高市早苗さん。

高市早苗さんは衆議院議員の山本拓さんと結婚していた時期があり、交際期間なくプロポーズを受けたんです!

そして、離婚は政治的スタンスの違いから約13年の結婚生活にピリウドを打っています。

この記事では、「高市早苗は元旦那と交際0日で結婚!離婚理由が政治家ならでは!」と題して、

  • 高市早苗さんと山本拓さんの出会い・馴れ初め
  • 高市早苗さんと山本拓さんの離婚理由
  • 高市早苗さんと山本拓さんの現在の関係性

をご紹介します。

高市早苗は元旦那と交際0日で結婚!

2004年9月に衆院議員の山本拓さんと交際0日で結婚された高市早苗さん。

山本拓

名前山本 拓(やまもと たく)
生年月日
(年齢)
1952年7月7日
(69歳)
出身地福井県鯖江市
趣味映画鑑賞、料理(調理師資格)、作詞作曲

高市早苗さんが、60歳ですので、山本拓さんが8歳年上

これまで、農林水産副大臣や衆議院懲罰委員長などを歴任されたことがあります。

 

それでは、出会いから結婚までの流れを時系列でご紹介します。

 

~2003年10月:面識があるもお互い悪印象

高市早苗さんは1993年、山本拓さんは1990年に衆議院議員になっています。

同じ森派に所属していたということもあり、元々、面識はあったお二人。

ですが、

高市→山本「不愛想で苦手な人だな。」

山本→高市「性格キツそうな女性だな。」

お互いの印象はあまりいいとはいえませんでした。

 

2003年11月:山本氏への印象爆上がり

お互い良い印象を抱いていなかったお二人に転機が訪れたのは、高市早苗さんの総選挙落選です。

第43回衆議院議員総選挙で落選した高市早苗さんに山本拓さんが励ましたの電話を入れたことで、

「意外に親切な人だな」

と高市早苗さんは思い始めます。

落選すると、短期間で国会事務所の撤収や秘書の就職先を見つけなければいけません。

落選したことがあり、その大変さが分かる山本拓さんですので、同じ森派であった高市早苗さんを思いやったのでしょう。

高市早苗さんは当時、秘書をしていた弟とFAX機を引き取ってもらいました。

まさしくギャップ萌えですね!

 

2004年5月:意見交換会で同席

経済人と方々と意見を交換する会で同席したお二人。

その時、企業役員の方から、

「今のうちに高市さんに結婚相手を見つけてあげなければなりませんね」

(引用:高市早苗氏コラム

という話が出ます。

当時、43歳だった高市早苗さんは議員になって以降、プライベートよりも仕事優先で過ごしており、落選翌日にはお母さんにも「この機会に結婚相手を見つけてよ」と言われる始末。

高市早苗さん自身も、この機会に自分の家庭を築くことも考えていたため、

「ちょうど結婚を前向きに検討したくなっていたところですので、御社の社員さんで良い方が居られたらお世話して下さいね」

(引用:高市早苗氏コラム

と返事します。

山本拓さんはこの会話に参加していませんでしたが、耳をダンボにして聞いていたようです。

当時だからこそこの会話ですが、今の時代、このような発言はセクハラとも捉えかねません(苦笑)

 

2004年6月:山本氏から突然のプロポーズ

意見交換会での高市早苗さんと企業役員の話を聞いていた山本拓さん。

2004年6月初旬に、高市早苗さんにいきなり電話でプロポーズ

「真剣に結婚相手を探しておられるんでしたら、僕もバツイチですので、立候補しますよ」

(引用:高市早苗氏コラム

当然のように驚いた高市早苗さん。

プライベートの山本拓さんのことを知らないため不安もありましたが、これも縁と思い、1週間後にプロポーズを引き受けます。

友人関係だったならともかく、いきなり電話でプロポーズする山本拓さんの行動力にも驚きですが、引き受ける高市早苗さんの決断力にも驚かされますね。

 

2004年9月:入籍

プロポーズを受けた後、今後のことについて直接会って話すのかなと思いきや、お互い忙しく話は進まず。

少し落ち着いた9月にメールや電話で入籍の準備をして、入籍に至りました。

なんて事務的(笑)

しかも、山本拓さんは福井選出ですので、しばらく別居婚でした。

 

高市早苗さんは子供の頃から結婚に対して、

運命的な出会い→燃え上がるような恋愛→婚約→結婚式→新婚旅行→甘い結婚生活

という夢を描いていましたが、全くかすってもいませんね(苦笑)

高市早苗 山本拓 披露宴

披露宴もあげましたが、山本拓さんは地元で市長選挙があるため、余韻に浸ることもなく、そそくさと帰ってしまっただとか。

議員という立場上、仕方ないのかなと思いつつ、この時の高市早苗さんの気持ちが想像できます。。

 

政界のおしどり夫婦に

熱烈な恋愛の果ての結婚ではありませんでしたが、2005年に高市早苗さんが衆議院選挙で当選すると、「政界のおしどり夫婦」と呼ばれるようになったお二人。

2014年9月に高市早苗さんが総務大臣に任命されたときは、山本拓さんも祝福!

「就任当夜は調理師免許を持つ主人が食事を作ってくれました。ウフフ。毎晩作ってくれるんですが、大好きなチーズフォンデュとともに『おめでとう、がんばれよ』と」

「ケーキも用意してありました。私の好きなホワイトクリーム系でした♪」

(引用:AERAdot.

高市早苗さんも嬉しそうにノロけていました。

また、議員宿舎で生活していたときは、二人で夜な夜なカラオケをしていたんだとか。

「仮面夫婦」と言われることもありましたが、エピソードを見る限り、仲良く結婚生活を送っていたように思われます。

高市早苗は元旦那の離婚理由は政治家ならでは!

プライベートでは順調にも思える二人でしたが、2017年7月に離婚。

高市早苗 山本拓 離婚

離婚に至った理由は2つあります。

 

離婚理由①政治的スタンスの違い

高市早苗さんは、政治的スタンスの違いが大きいことを離婚理由にあげています。

「私生活面では円満に楽しく過ごしてまいりましたが、お互いの政治的スタンスの違いが大きく、それぞれに信念を貫いて政策活動に没頭したいという結論に至りました」

(引用:AERAdot.

結婚した当時、お二人とも森派に所属していました。

ですが、月日が経つと政治に対する考えも変わります。

2012年の総裁選では高市早苗さんが安倍晋三さん、山本拓さんが石破茂さんを支持したことも。

総裁選中はお互いに情報が洩れないように、会話もほとんどしなかったそうです。

プライベートと仕事は別と完全に割り切るのは難しかったのでしょう。

 

離婚理由②格差

また、高市早苗さんは内閣入閣経験がありますが、山本拓さんは内閣経験がありません

「山本さんは”嫁が大臣だから自分はなれない””嫁さんが主で俺が従だからつらいよね”とこぼしていたことがあるようです」

(引用:デイリー新潮

政治家の多くが、内閣入閣を一つの目標に掲げていることでしょう。

そんな中、早くから議員として活動している山本拓さんにとって、妻が内閣入閣するのは嬉しい反面、悔しい気持ちがあったことも想像できます。

議員宿舎で過ごしているときに、突然、

「ずっと我慢してきた」

と山本拓さんから切り出し、高市早苗さんも「離婚することで山本拓さんが楽になるのであれば」と思い、離婚話がトントンと進んでいます。

結婚するときも離婚するときも、すべての始まりは山本拓さんからだったのですね。

高市早苗と元旦那の関係性は良好

突然のプロポーズから結婚し、突然の別れ話で夫婦生活を終えた二人。

夫婦という関係性は終わっていますが、議員同士として関係性は良好です。

2021年9月の総裁選に向けて高市早苗さんが動き始めたとき、山本拓さんはいち早く高市早苗さんを支持することを二階俊博幹事長に伝えました。

そして、応援メッセージも送っています!

離婚しても応援してくれる山本拓さんの存在は、きっと心強いことでしょう。

高市さんの人となりを知っている山本拓さんは、

  • 高市早苗さんは政治家に向いている
  • 表裏の女性総理になれる

と太鼓判を押しています。

残念ながら首相になることは叶いませんでしたが、これから政治家としてベストを尽くしてほしいですね!

→高市早苗さんに関する記事はコチラ

-人物
-,

© 2019 たびまちブログ.