人物

高梨沙羅の整形疑惑はガセ!顔変わりすぎた理由はメイク術を覚えたから!

スキージャンプで何度も表彰台に立ったことのある高梨沙羅(たかなし さら)さんが、顔の変化でも注目を集めています。

特に、目元や鼻が変わっていることから、目頭切開やプロテーゼを入れて整形しているのではないかという声も。

ですが、整形はしておらず、メイク方法が変わっただけです!

この記事では、「高梨沙羅の整形疑惑はガセ!顔変わりすぎた理由はメイク術を覚えたから!」と題して、高梨沙羅さんの昔と現在の画像を比較しながら整形疑惑を深掘りしていきます。

高梨沙羅の整形疑惑はガセ!

2013年に開催された世界選手権で銀メダルを獲得し、日本中の注目を集めた高梨沙羅さん。

高梨沙羅

当時16歳のときの写真と、2021年現在の写真を見比べるとガラッと顔が変わったことから、整形疑惑がささやかれています。

たしかにこの写真を見ると、年齢を重ねたからとはいえ、顔が変わったなという印象です。

ですが、整形ではなくメイク術を覚えたことが、顔が変わった理由といえます。

高梨沙羅の顔が変りすぎた理由はメイク術を覚えたから!

高梨沙羅さんの顔の変化がメイクのおかげと言える理由は3つです。

 

理由①行動や言動に気をつけるためにメイクを始めた

さきほどの写真のように、高校生頃まではすっぴんであどけない印象だった高梨沙羅さん。

ですが、大人になるにつれて回りから行動や言動に気をつけるように言われることが増えたため、メイクを始めました。

「20歳前後になって、いろんな方から、身の回りのことだったり行動や言動を気をつけなきゃいけないと言われて。そこから自分なりに気にし始めて、化粧もするようになったんですけど。興味を持ってハマり始めたら、どんどん追求…いろんな顔になってみたいと思って」と“変貌”を遂げた舞台裏を告白。

(引用:ORICON NEWS

高梨沙羅さんの顔が変わったと話題になり始めたのが、2016年で高梨沙羅さんが20歳頃のとき。

ちょうどその時期と当てはまります。

メイクは大人の女性の身だしなみ。

学生の頃はすっぴんでも何も言われませんが、大人になるとビジネスの場面において、ノーメイクはマナー違反とも言われます。

高梨沙羅さんのように世界で活躍していると、色々な場に出ることもあるので、メイクにも気を遣うようになったのでしょう。

 

実際、2016年春頃から先輩に教えてもらいながら、メイクの勉強を始めたことを明かし、

「もうスッピンには戻れない。」

とも語っていました。

 

理由②資生堂がスポンサーになった

高梨沙羅

(出典:資生堂

高梨沙羅さんがメイクに興味を持ち始めた頃と同じくして、2016年8月に化粧品メーカーとして有名な資生堂がスポンサーについたことも関係しているでしょう。

メイクに興味を持ち始めた高梨沙羅さんですので、金銭的なサポートだけではなく、コスメやメイク道具も提供してもらった可能性があります。

そして、そのコスメやメイク道具を使ってメイクすることで注目を集めますので、資生堂としてもブランドの売り出しに繋がるでしょう。

 

理由③ざわちんがメイクの師匠

また、高梨沙羅さんはに番組に出演したときに、ざわちんのことをメイクの師匠と公言しています。

ざわちんといえば、ものまねメイクが有名ですよね。

(ざわちんの高梨沙羅風メイク、似てる・・・)

メイクにはまって、色々な顔になってみたいと思った高梨沙羅さんですので、ざわちんのことを師匠と呼ぶのも納得です!

ざわちんのものまねメイクによって、整形しなくてもメイクで顔を変えることができると実感しているはず。

わざわざ整形するとは思えず、ただただメイク術に磨きがかかって、整形級のメイクをするようになったのでしょう。

 

他にも、韓国で流行ったオルチャンメイクも参考にしており、単にメイクで顔を変えることを楽しんでいるように思えます。

 

高梨沙羅の顔変化を時系列順にまとめてみた【画像比較】

実際に高梨沙羅さんの顔がメイクによってどのように変わっていったのかを見てみましょう。

 

【2015年以前】メイクなしのすっぴん顔

まずは、高梨沙羅さんが注目を始めた頃の画像です。

高梨沙羅

(出典:JIJI.COM

高梨沙羅さんといえば、この頃の顔の印象が強い方も多いかもしれませんね。

こちらは2009年、13歳のときの写真です。

高梨沙羅

まだ10代らしい、あどけない可愛さがありますよね!

 

【2016年】メイク始めた頃の顔

そして、メイクを始めた20歳頃の画像です。

高梨沙羅

(出典:livedoorNEWS

さきほどのあどけない表情から一気に垢抜けましたよね!

この頃から、顔が変わったと話題になり始めましたが、

メイクをするようになって可愛くなった!

という印象で、整形を疑う声はごく一部でした。

 

高須クリニック院長が整形疑惑を否定?

2017年には、「イエス、高須クリニック」でお馴染みの高須克弥院長が、高梨沙羅さんの整形疑惑について考えを述べていました。

あれくらいなら、アイプチとメイクでイケますよ。お化粧が上手になっただけじゃないの? 人気が出ると腕の良いカメラマンに写真を撮ってもらえるようになるしさ。

もし可能性があるとしたら、埋没法はやってるかもしれない。でも、埋没法なんてメスを使わず、医療用の糸で上まぶたを留めて二重を作る“プチ整形”ですからね。15分ですむぐらい簡単。

(引用:女子SPA!

美容第一人者のアイプチやメイクで変われるとのお墨付きですので、間違いなく整形はしていないでしょう。

 

【2018年】メイクが濃くなったときの顔

2018年始めにはメイクが濃くなったことから、整形を疑う声が多くなり始めます。

高梨沙羅

(出典:スポニチ

特にアイメイクが濃くなった印象です。

ですが、2016年の写真と見比べても基本的には各パーツの変化は見られません。

 

【2019年】整形疑惑が一気に高まったときの顔

2019年になると、

  • 目頭切開
  • 鼻にプロテーゼ入れた

と、整形がより一層疑われるようになりました。

高梨沙羅

2016年の写真と見比べてみるとこちらです。

高梨沙羅

たしかにこの変わりようは、整形を疑いたくなる気持ちも分かります。

ですが、よーく見比べてみると、目の形そのものは変わってないように見えるんですよね。

変わったのはメイク方法で、

  • 目頭に目頭切開ラインを入れる
  • 以前よりも上のアイラインは控えめにする
  • 下まぶたは中央から目尻にかけてアイラインを入れる

ことで、よりデカ目を目指したメイクをしているように思えます。

高梨沙羅

横顔を見ると、まつエクで目を大きく見せようとしていますね。

また、鼻筋もスッと通って見えることからプロテーゼを入れたと言われていますが、ハイライトとノーズシャドーで高く見せているだけではないでしょうか。

それにスポーツをするということは怪我と隣り合わせ。

スキージャンプは着地に失敗すると、顔面を強打する可能性もあります。

プロテーゼを入れて、もしもがあったときにシャレになりませんので、入れるとは考えにくいです。

 

高梨沙羅の顔が変わったのはイモトに似てるせいではない!

タレントのイモトアヤコさんに似ていると言われることも多かった、メイク前の高梨沙羅さん。

そのため、一部ではイモトアヤコさんに似ているのが嫌で整形したのではないかともささやかれています。

ですが、整形もしていないですし、イモトアヤコさんに似てるのが嫌だったということはないでしょう。

なぜなら、高梨沙羅さんは好きな芸能人にイモトアヤコさんの名前を挙げているからです。

イモトを「“同じアスリートとして”尊敬している」と語る高梨にしゃべくりメンバーからは「あいつ芸人だよ?」などとツッコミが入るが「テレビで見るアヤコさんは、登山をしていて、大変なのにチームであるクルーを盛り上げながら頑張っていて、トークも面白いじゃないですか。見ていて、アスリートとしか感じることができないんですよね」と素直なあこがれの気持ちを口にしていた。

(引用:ORICON NEWS

普通、尊敬している芸能人に似てるって言われたら嬉しくないですか?

それなのに、イモトアヤコさんに似ているのが嫌で整形したと周りが騒ぎ立てるのは、高梨沙羅さんだけではなく、イモトアヤコさんに対しても失礼な気もします。

高梨沙羅さんがメイクするのは、単純に色んな顔になれるメイクが楽しいと感じているからではないでしょうか。

→新庄剛志の顔が20年以上前から変化中!整形費用3000万も怖い・ロボットみたい!

-人物

© 2019 たびまちブログ.