台湾

台湾第二の都市高雄!!行き方や観光スポットをご紹介!!

高雄は、台湾の南部にあり、台湾第二の都市です。

港町なので台北とは違った雰囲気を味わうことができますよ。

台北以外の都市も観光したい方は、高雄を訪れてみてはいかがですか?

今回は、高雄のオススメ観光スポットをご紹介します。

高雄への行き方

台湾島外から訪れる場合は飛行機、台湾島内から訪れる場合は鉄道が便利です。

それぞれの方法について詳しくご紹介します。

飛行機

日本から直接、高雄を訪れる場合、いくつかの空港から直行便がありますよ。

高雄への直行便が就航している日本の空港(2020年1月時点)

  • 成田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 福岡空港
  • 新千歳空港
  • 熊本空港
  • 那覇空港

成田空港や関西国際空港は、便の本数が多いです。

その他の空港では、1日1便だったり、フライトがない曜日があったりするので、詳しくは航空会社のサイトで確認してくださいね。

所要時間は発着地にもよりますが、成田空港や関西国際空港発着だと約3~4時間です。

高雄に近い那覇空港だと、2時間弱で高雄に行くことができますよ。

また、高雄空港の地下には地下鉄MRT「高雄國際機場」駅が直結しているので、空港から高雄中心部への移動も楽です。

鉄道

台湾の鉄道は、台湾鉄道と台湾高速鉄道の二つに大きく分けることができます。

台湾鉄道は、台鉄と呼ばれ、台湾を一周する鉄道です。

台湾高速鉄道は、高鉄や台湾新幹線と呼ばれる台湾西部を南北に結ぶ新幹線です。

台湾高速鉄道を利用すると、台北から高雄まで約2時間でアクセスすることができますよ。

時間帯によっては15分おきに便があるので、台北から日帰り観光も可能です。

現地で時間がある方は、台湾鉄道を利用して車窓からの景色をのんびり楽しみながら移動するのもオススメですよ。

参考

高雄の鉄道駅

台湾高速鉄道を利用して高雄を訪れた場合、終点の「高鐵左營」駅で下車となります。

高鐵左營駅は高雄中心部から少し離れています。

高鐵左營駅には台湾鉄道の「新左營」駅と地下鉄MRT「左營」駅が接続しているので、どちらかに乗り換えて高雄中心部へアクセスします。

高雄中心部の「高雄」駅まではどちらも10分程です。

台湾鉄道よりも地下鉄MRTのほうが高雄中心部に停車駅が多いので、最初の目的地によってはMRTを利用すると、乗り換えなく楽に移動できますよ。

オススメの観光スポット

高雄を訪れたならぜひとも訪れたい、観光スポットをご紹介します。

蓮池潭

高雄観光の王道観光スポットとも言えるのが、「蓮池潭」です。

湖の周囲に色鮮やかな建造物や像が点在しています。

有名なのは、口を大きく開けた龍と虎の後ろに塔がそびえたつ龍虎塔や、北極玄天上帝像(道教の神様の巨大な像)です。

高雄中心部から少し離れた場所にあり、最寄り駅は台湾鉄道の左營駅、または新左營駅です。

上でご紹介したように、台湾鉄道の新左營駅は台湾高速鉄道や地下鉄MRTとも接続しています。

台湾高速鉄道で訪れたら、下車後、最初に蓮池潭を観光するのもいいですよ。

新左營駅で降りて、龍虎塔まで歩きました。
地図で見ると近く感じましたが、実際に歩いてみると遠くて辿り着くまでに歩き疲れました。
左營駅で降りるか、バスやタクシーを使えば良かったなと思いました。

ガイドブックなどの地図は小さいので距離があるように感じませんが、最寄り駅から湖までは500m程あります。

龍虎塔は湖の南側、北極玄天上帝像は湖の北側にあるので、龍虎塔なら左營駅、北極玄天上帝像なら新左營駅がそれぞれ最寄り駅となります。

また、湖の周囲は5km程あるので、歩いて全ての建造物や像を見ようすると、時間と体力が必要です。

目的の建造物や像のみを訪れたり、バスやタクシーを利用するといいですよ。

龍虎塔の中の階段が大変でしたが、上りきった後、景色を眺めると清々しい気持ちになりました。
同じ階でも眺める場所によって景色が違うので、それも良かったです。

美麗島駅

美麗島駅は地下鉄MRTの駅の一つで、高雄中心部を南北に走る紅線と東西に走る橘線の乗換駅です。

「地下鉄の駅が観光スポットってどういうこと?」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この美麗島駅、「世界で最も美しい地下鉄駅」の第二位に選ばれたことをきっかけに、注目を浴びている駅なのです。

薄暗い構内を歩いていると、目の前に色鮮やかなステンドグラスで装飾された柱と天井が現れます。

それこそが美麗島駅が注目を浴びる理由です。

その光景は、駅の構内にいることを忘れてしまうほど圧巻ですよ。

知らずに訪れても、足を止めて見入ってしまうこと間違いなしです。

また、決まった時間に光のショーも行われています。

乗換のついでに訪れるのもいいですが、時間を合わせて訪れることもオススメです。

六合夜市

台湾といえば夜市ですよね。

高雄で一番有名な夜市が、「六合夜市」です。

美麗島駅から徒歩3分の場所にあるので、アクセスも抜群にいいですよ。

昼間は車が通っているので夜市が行われている雰囲気がありませんが、18時頃には歩行者天国となり、屋台と人で活気が溢れます。

昼間は車道ということもあり、道幅も広いので比較的ゆっくりと見て回ることができますよ。

テーブルを置くお店も多いので、座って食べることができるのも嬉しいポイントです。

高雄は港町ですので、魚介を扱う屋台が多いです。

エビや牡蠣などが店先にずらっと並ぶ光景は高雄ならではですよ。

海鮮粥などもあるので、海鮮を堪能してくださいね。

夜市ですので、高雄での宿泊がオススメですが、日帰りでも訪れることもできますよ。

愛河

港町の高雄らしく、水辺の風景を楽しむことができるのが「愛河」です。

愛河は高雄の中心部を流れる川であり、両岸は散策路として整備されています。

昼間、散策やベンチに座ってのんびり過ごすのもいいですが、オススメはナイトクルーズです。

「ナイトクルーズは値段が高そう。」

と思われるかもしれませんが、500円弱の乗船料で楽しむことができますよ。

平日は16時~22時、土日祝日は、9時~22時まで営業しており、所要時間も20分程です。

高雄のライトアップされた街並みは綺麗ですので、ぜひ乗船してみてくださいね。

乗船チケットは、以下の2ヶ所で販売しています。

  • 高雄アンバサダーホテル前(地下鉄MRT「市議會」駅から徒歩約15分)
  • 二二八和平公園内(地下鉄MRT「鹽埕埔」駅から徒歩約15分)
ナイトクルーズは昼間とは違う景色を見ることができて楽しめました。
時期によっては、クルーズ中は風があたって肌寒く感じるかもしれないので、羽織れるものを準備しておくといいですよ。

駁二芸術特区

高雄の人気アートスポットが「駁二芸術特区」です。

元々は倉庫だった場所がリノベーションにより、多くの人が訪れる観光スポットに生まれ変わりました。

駁二芸術特区は、全長1km近くあります。

オブジェだけではなく、建物そのものもペイントされているので、散策するだけでも見応えがありますよ。

大きく3つのエリアに分かれ、西から、「蓬莱倉庫群」「大勇倉庫群」「大義倉庫群」と並んでいます。

駁二芸術特区の最寄り駅には、地下鉄MRT「西子灣」駅、またはライトレールの「駁二蓬莱」駅と「駁二大義」駅があります。

倉庫群と最寄り駅は、西から、地下鉄MRT西子灣駅-蓬莱倉庫群-ライトレール駁二蓬莱駅-大勇倉庫群-大義倉庫群-ライトレール駁二大義駅、の並びになっています。

地下鉄MRT西子灣駅からスタートし、ライトレール駁二大義駅を終点、もしくはその逆のルートで散策すると一通り見ることができますよ。

敷地内にはオシャレなカフェや雑貨店もあります。

一息つきながら、のんびり散策することがオススメです。

なお、散策中は日陰がなく直射日光を浴びることになるので、暑さ対策をしっかりしてくださいね。

まとめ

高雄のオススメ観光スポットをご紹介しましたが、いかがでしたか?

高雄をメインにして訪れてもいいですし、台北から日帰りでも訪れることもできます。

ぜひ高雄の街を楽しんでくださいね。

-台湾

© 2019 たびまちブログ.