人物

田中亨wikiプロフや経歴は?オーディションではグランプリも!

2020年10月スタートのテレビ朝日系の土曜ナイトドラマ「先生を消す方法。」に出演される田中亨(たなか とおる)さん。

ドラマ内では、玉木譲役を演じています。

若手俳優ということで、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「田中亨wikiプロフや経歴は?オーディションではグランプリも!」ご紹介します。

田中亨さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

tanaka toru 田中亨(@p_toru_t215)がシェアした投稿 -


  • 名前:田中 亨(たなか とおる)
  • 出身:大阪府
  • 生年月日:1999年2月15日
  • 血液型:B型
  • 身長:173cm
  • 趣味:映画鑑賞、料理、絵画、ドラム、スケートボード
  • 特技:ボクシング、水泳、長距離走
  • 所属事務所:ワタナベエンターテインメント

とても多趣味な方ですよね。

これだけ趣味があれば、休みの日も充実していそうです。

特に、趣味の絵は、Instagramにも投稿されているのですが、結構本格的です!

鉛筆で描いたり、PCなどを使って描いたりされています。

描き始めてから完成するまでの一連の流れを見ることもできますよ。

 

また、特技のボクシングは中学生の頃にされていたようです。

正直、格闘技をされるイメージがありませんでしたので、意外でした。

ボクシング経験からアクションにも憧れがあるとのことです。

田中亨さんのアクションシーンもぜひ見てみたいですね!

田中亨さんの経歴

田中亨さんの主な経歴をご紹介します。

2015年9月12日、劇団Patchの第4期生として加入。

2016年1月、ABC「僕と私の、ひらパー姉さん」にてドラマ出演デビュー。

2016年2月、Patch stage EX「Four Contacts ~よん!ろしくお願いします!! 劇団Patch四期生お披露目祭!!」にて、劇団Patchの一員として初舞台。

2019年10月、Patch stage vol.13「カーニバル!×13」にて初主演。

2020年1月、NHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演。

田中亨さんのデビューのきっかけ

田中亨さんの芸能界デビューのきっかけは、2015年9月に行われた劇団Patchの第4期生オーディションでした。

参考

劇団Patchとは、2012年4月に結成した関西を拠点にした劇団集団です。

関西弁では、必死をより強調して「必死のパッチ」ということから、劇団Patch(パッチ)という劇団名になりました。

2020年10月2日時点で、12人のメンバーが所属しています。

劇団での舞台をメインとして、テレビやラジオにも出演するメンバーもいます。

劇団Patchの第4期生オーディションで、田中亨さんは見事グランプリを受賞し、劇団Patchのメンバーとなりました。

このとき、高校2年生でしたが、グランプリを受賞したのは高校1年生からの努力の賜物でした。

田中亨さんは、高校1年生のときから芸能養成スクールのワタナベエンターテインメントカレッジに通っていました。

田中亨さんは大阪在住で、ワタナベエンターテインメントカレッジは東京にあります。

そのため、毎週夜行バスで通っていました。

アルバイトもしていたので、学業・芸能養成スクール・アルバイトととても忙しい毎日を送られていたに違いないですよね。

それほど本気だったからこそ、劇団Patchの第4期生オーディションでもグランプリに繋がったんでしょうね。

田中亨さんの主な出演作品

田中亨さんの代表的な出演作品をご紹介します。

舞台

劇団Patchのメンバーということもあり、劇団Patch主催の舞台をメインに出演されています。

  • Patch stage EX「Four Contacts ~よん!ろしくお願いします!! 劇団Patch四期生お披露目祭!!」(2016年2月)
  • Patch stage vol.8 浮世戯言歌劇「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」高尾山地獄修業編(2016年4月)
  • 七味の一味 第一回公演「家族百景」(2017年8月)
  • キャラメルボックス2018サマーツアー「エンジェルボール」(2018年7月)
  • Patch stage vol.13「カーニバル!×13」(2019年10月)
  • 桂米朝五年祭「喜劇 なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち」(2020年2月)

先述したように、2016年2月のPatch stage EX「Four Contacts ~よん!ろしくお願いします!! 劇団Patch四期生お披露目祭!!」が初舞台となります。

それから3年、Patch stage vol.13「カーニバル!×13」で主演を務められています。

劇団Patchで一番年下・キャリアが短い中での主演ということで、プレッシャーもあったと思います。

しかも、その舞台が劇団Patchの加入のきっかけともなったオーディションが開催された場所だったので、思い入れも強かったようです。

 

ちなみに、Patch stage vol.13「カーニバル!×13」の正式名は、

Patch stage vol.13「カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!カーニバル!」

です。

とても長いタイトルですよね(笑)

文字だけ見ると、インパクトがあります。

インタビューにて、タイトルは直観で決まったと話されていますが、「カーニバル!」が13個ある意味については、明言されていませんでした。

劇団Patchでの本公演13回目ということで「カーニバル!」を13回繰り返しているのかなと私は予想しています。

ドラマ

  • ABC「僕と私の、ひらパー姉さん」(2016年1月)
  • NHKドラマ10「女子的生活」(2018年1月)
  • 関西テレビ自社制作ドラマ「大阪環状線-Part3-ひと駅ごとのスマイル」大正駅「KOボーイ」(2018年1月)
  • NHK連続テレビ小説「スカーレット」(2020年1月)
  • フジテレビ「DIVER-特殊潜入班-」(2020年9月)

劇団Patch加入後、約4カ月後にはドラマデビューですので、高校1年生のときから通っていた芸能養成スクールでの経験が早速活きたのかもしれませんね。

「大阪環状線-Part3-ひと駅ごとのスマイル」大正駅「KOボーイ」では、元日本ボクシング・チャンピオンの父に戦いを挑む息子役で出演されています。

田中亨さんがボクシングをする貴重な姿を見ることができますよ。

また、田中亨さんは朝ドラに出演することを夢みていました。

「スカーレット」への出演が決まって、とても嬉しかったでしょうね。

ちなみに、「スカーレット」、「DIVER-特殊潜入班-」には、同じ劇団Patchの中山義紘さんも出演されていました。

同じ劇団のメンバーが現場にいるのは心強かったのではないでしょうか。

 

そして、2020年10月31日スタートの「先生を消す方法。」に出演されています。

「先生を消す方法。」には他にも、奥山かずささんや榊原有那さんが出演されていますよ。

奥山かずさの兄が筋肉女子の完璧ボディの秘訣?父親の影響は?

続きを見る

榊原有那wikiプロフや経歴は?英語が堪能で今後期待の女優!

続きを見る

まとめ

今回は、「田中亨wikiプロフや経歴は?オーディションではグランプリも!」をご紹介しました。

田中亨さんのデビューのきっかけは2015年9月に開催された劇団Patchのオーディションでした。

グランプリを受賞し、その約4カ月後にはドラマ出演されています。

舞台をメインに活動されていますが、NHKの朝ドラ「スカーレット」にも出演されており、これからドラマへの出演も増えていくのではないでしょうか。

今後の活躍が楽しみですね!

-人物
-

© 2019 たびまちブログ.