暮らし

Tevaハリケーンは靴擦れして痛い?おすすめの履き方やコーデも!

この記事では、Teva(テバ)のハリケーン(HURRICANE)についてご紹介します。

歩きやすいスポーツサンダルとして、人気のTevaのハリケーンXLT2

クッションがついているので「靴擦れしにくい」とよく聞きますが、本当に靴擦れしないのか気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、「Tevaハリケーンは靴擦れして痛い?おすすめの履き方やコーデも!」と題して、

  • Tevaのハリケーンは靴擦れするか
  • おすすめの履き方
  • おすすめのコーデ

をまとめてご紹介します。

Tevaハリケーンは靴擦れして痛い?

結論からいいますと、全く靴擦れしないというわけではありませんが、比較的、Tevaのハリケーンは靴擦れがしにくい作りになっています。

また、少し気をつけるだけで、靴擦れする心配を最小限に留めることができるのも特徴です!

その特徴が次の2つです。

  • 最も靴擦れが起こりやすい足首にクッションがある
  • べルトの締めつけ具合を調整できる

まず、靴擦れしにくい1つ目の理由が、「最も靴擦れが起こりやすい足首にクッションがある」です。

Tevaのハリケーンのように、足首をベルトで固定するサンダルの場合、ベルトがあたる足首、特にアキレス腱のあたりに靴擦れが起きやすくなります。

ですが、Tevaのハリケーンは、足首(アキレス腱)に当たるベルト部分にクッションがついていることから、靴擦れが起きにくいです。

靴擦れが起きやすい部分に、あらかじめクッションをつけてくれるというメーカー側の配慮が嬉しいですね!

 

続いて、靴擦れしにくい2つ目の理由が、「べルトの締めつけ具合を調整できる」です。

ハリケーンは、つま先側、足首側でベルトの調整ができます。

調整ができないサンダルだと、「絞めつけられて痛い」ということも起こりえますが、ハリケーンはあなたの足の形に合わせられますよ。

Tevaハリケーンで靴擦れする原因は?

比較的、靴擦れしにくいTevaのハリケーンですが、それでもやはり靴擦れしてしまう場合もあります。

靴擦れしてしまう原因として、考えられるのは次の2つです。

  • ベルトを締めつけすぎている
  • 足に馴染む前の長時間使用

1つ目の原因が、「ベルトを締めつけすぎている」です。

ベルトで自由に調整できることがハリケーンのメリットではありますが、フィット感を求めてベルトをキツく締めつけると、足に食い込んでしまい、靴擦れを起こす原因となります。

締めつけすぎると、ベルトが直にあたる足首の前側(クッションがついていない部分)や親指、小指が靴擦れしやすい傾向です。

履くときは、少し余裕をもってベルトをしめるといいですよ。

また、午前中は余裕をもってベルトをしめていても、足がむくむにつれて、ベルトがキツく感じてしまうこともあります。

 

また、靴擦れする2つ目の原因は、「足に馴染む前の長時間使用」です。

新品の靴って靴擦れしやすいですよね。

Tevaのハリケーンも例外ではなく、新品は足に馴染んでおらず、ベルトなどが硬いため靴擦れしやすいです。

靴擦れした場合は絆創膏を貼って、痛みを和らげることもできますが、素足で履いている場合、絆創膏を貼るとカッコ良さも半減です(苦笑)

ですので、購入直後の長時間使用は控えて、少しずつ馴らしていくことをおすすめします。

 

どうしても購入直後に長時間履きたい場合は、靴擦れ予防として、ベルトなどが当たる部分にワセリンやベビーパウダーを塗っておくといいですよ。

ワセリンやベビーパウダーを塗っておくことで、肌とサンダルの摩擦が軽減され、靴擦れしにくくなります。

Tevaハリケーンのおすすめの履き方やコーデ

夏の足元をオシャレに彩るTevaのハリケーン。

基本的には素足で履くことが多いと思いますが、靴下との相性も抜群です!

コーデの幅が一気に広がりますよ!

しかもオシャレなだけでなく、靴擦れ予防になるんです。

また、素足で履くと、どうしても足の裏が蒸れやすくなりますが、靴下を履くことで蒸れも軽減

そのうえ、サンダルを脱いで座敷などに上がるときも、素足だと少し気が引けますが、靴下を履いていると安心です。

まさに、一石二鳥ならず一石四鳥!

ぜひ靴下を合わせたコーデを試してみてくださいね。

 

TevaハリケーンのNGコーデはある?

絶対にやっていけないコーデはありませんが、正直、Tevaのハリケーンとジーンズの相性はあまり良くありません

なぜなら、Tevaのハリケーンもジーンズもカジュアル感が強いからです。

アクティブにアウトドアを楽しむときでしたら、カジュアル感が強くてもいいですが、街中でショッピングするときなどは、ジーンズを避けることでカジュアルになりすぎるのを防げますよ。

まとめ

以上、「Tevaハリケーンは靴擦れして痛い?おすすめの履き方やコーデも!」をまとめました。

  • Tevaのハリケーンは足首にクッションがあり靴擦れしにくい作り
  • ベルトを調整したり、少しずつ足に馴染ませることで靴擦れを防げる
  • 靴下を合わせたコーデがおすすめ

Tevaハリケーンは全く靴擦れしないわけではありませんが、クッションがついていたり、履くときに少し気をつけることで靴擦れをある程度、防ぐことができますよ。

また、靴下を合わせることで靴擦れを防ぐこともでき、オシャレも楽しむことができます。

今年の夏は、あなたもTevaのハリケーンを履いてみてはいかがでしょうか?

Teva(テバ)ハリケーンXLT2のサイズ感や履き心地は?口コミを調査!

続きを見る

Tevaハリケーンとテラフロートどっちがおすすめ?違いを解説!

続きを見る

-暮らし

© 2019 たびまちブログ.